MB/sとIOPSの換算の仕方と変換ツール。ランダムリード/ライトの指標の変換。

ハードディスクやSSDのランダムリード/ライトの指標である、IOPSとMB/sの換算の仕方を紹介し、Web換算ツールを提供しています。

CrystalDiskMarkの結果と、ディスク仕様との比較をする際などに参考にしてみてくださいね。

変換ツール

 

 MB/s

↑↓

 k IOPS ( kB )

 

ここでは1 MB = 1 MiB = 1024 kB, 1 kIOPS = 1000 IOPSとしています

 

変換式

IOPSと MB/sの変換式は次のようになります。

[アクセス速度] = [1回のアクセスで処理する容量] * [IOPS] 

 

IOPS (I/O per Second)は、ディスクが1秒当たりに処理するI/Oアクセスの数です。

1回のI/Oアクセスで処理する容量が 4 kB = 4 / 1024 MBならば、 4 / 1024 * [IOPS] MB/s だけのアクセス速度を持つことになります。

 

ディスクの仕様/スペックで、ただランダムリード/ライト IOPSと書いてある場合は、4 kB (QD=32)の条件である場合が普通ですから、CrystalDiskMarkのRandom Read/Write 4KB (QD=32)の値と比較しましょう。

ディスクのスペック表には、4 kB(QD=1)も載っている場合があります。

 

 

Amazonで最大1500ポイントがもらえる無料体験を実施中

現在Amazonで、本の朗読を聴くサービスであるaudible(オーディブル)の無料体験キャンペーンをしています。

今回のキャンペーンでは、なんとプライム会員なら最大3000ポイント、会員でない方は最大1500ポイントがもらえます。

 

聴くだけでポイントをもらえるので、プライム会費の元を少しでも取ろうと私も11/7から無料体験をしています。

「花火」などの小説や、自己啓発書、英語教材もありますので意外と面白いですよ。

キャンペーンは12/12までですので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 こんな記事も読まれています

コメントを残す