IG-LC15とIG-KC15、IG-JC15の3つの違い![車載用イオン発生機]

IG-LC15とIG-KC15、IG-JC15は、シャープのプラズマクラスター25000を搭載した車載用イオン発生機です。

この3つのモデルはなにが異なるのでしょうか。

違いは3つあります。わかりやすく紹介します。

3つの違い

IG-LC15は2019年モデル、IG-KC15は2018年モデル、IG-JC15は2017年モデルです。

違いは次の3点です。

  • おまかせ運転モードの有無
  • 付属USBカーアダプターのポート数
  • 消費電力

 

IG-LC15とIG-KC15は、おまかせ運転モードがあり、付属カーアダプターのポート数は2ポートになっています。

本体サイズやデザインは同じです。

 

これらの違いについて、表で比較してみましょう。

モデル IG-LC15 IG-KC15 IG-JC15
発売年 2019 2018 2017
カラー展開 シャープ プラズマクラスター イオン発生機 車載用 カップホルダータイプ 卓上 ブラック IG-KC15-Bシャープ プラズマクラスター イオン発生機 車載用 カップ型 高濃度 25000 花粉 ウイルス 消臭 ホワイト IG-KC15-Wシャープ プラズマクラスター搭載 車載用イオン発生機 レッド IG-KC15-R
運転モード
標準
ターボ
おまかせ運転

標準
ターボ
付属カーアダプター
のポート数
2
1
消費電力
弱/標準/ターボ
0.5 / 0.6 / 1.6 W 0.5 / 0.6 / 1.9 W
運転音
弱/標準/ターボ
19 / 23 / 36 dB
寸法 上部直径74mm 下部直径65mm 高さ162mm
質量 約260g
プラズマクラスター
適用面積
約 3.6 ㎥
参考価格
ブラック
¥7,880
¥8,680
¥6,999
ホワイト ¥9,980 ¥9,601 ¥9,800
レッド ¥10,300 ¥9,450 ¥9,300

 

3つの違いについて、詳しく見ていきましょう。

おまかせモードの有無

これらのイオン発生機は、状況に応じて運転モードを切り替えることができます。

 

2019, 2018年モデルのIG-LC15とIG-KC15では、「弱・標準・ターボ・おまかせ運転・切」の5つの運転モードがあります。

2017年モデルのIG-JC15には、おまかせ運転モードがなく、「弱・標準・ターボ・切」の4つの運転モードです。

 

それぞれの運転モードは、次のような動作をします。

静かに運転するモードです。

運転音を抑えて、プラズマクラスターイオンを放出します。

標準

強めの風量で運転するモードです。プラズマクラスターイオンの濃度を増やし、プラズマクラスターイオンの効果を高めます。

ターボ

素早くニオイをとるモードです。さらに強めの風量で「標準」の約3倍の プラズマクラスターイオンを放出します。

おまかせ運転

一定時間「ターボ」の風量で運転するモードです。「ターボ」が20分間続き、その後「標準」 になります。

運転が止まります。

 

「おまかせ運転」のあるモデルでは、いつもよりニオイが気になったときにおまかせ運転にすると、ターボ運転の後に、自動で標準運転に切り替えてくれるので便利ですね。

付属カーアダプターのポート数

これらのイオン発生機は、USB電源で動作します。

そのため、車のシガーライターソケットからUSB電源をとるためのアダプターが付属します。

 

2019, 2018年モデルのIG-LC15とIG-KC15では、付属アダプターのUSBポートの数が2ポートあります。

2017年モデルのIG-JC15では、USBポートの数は1つです。

 

2ポートあれば余ったポートを携帯電話の充電などに使うことができ便利です。

 

なお、このような2ポートのカーチャージャーは1000円以下で別途買うこともできます。

BUFFALO USBカーチャージャー

消費電力

2019年モデルのIG-LC15では、ターボ時の消費電力は1.6 Wです。

2018, 2017年モデルのIG-KC15とIG-JC15では、1.9 Wですので、IG-LC15は 0.3 Wだけ消費電力が減っています。

 

どちらにせよ、消費電力はそれほど多くないため、これは大きな違いではありません。

どれがおすすめ?

ここまで見てきたように、大きな違いは、一時的にターボ運転をしてくれる「おまかせ運転」モードの有無と、付属USBアダプターのポート数です。

 

おまかせ運転モードがあると、ターボモードを使った後に標準モードに切り替える手間が省けますし、カーチャージャーが2ポートあると空きポートでスマホの充電もできますので便利です。

そのため、価格にそれほど違いがなければ、IG-LC15かIG-JC15がおすすめです。

この2つのモデルの違いは消費電力がわずかに異なるだけですので、安い方を選ぶと良いでしょう。

 

一方で、2017年モデルのIG-JC15には「おまかせ運転」モードはありませんが、もし価格がずっと安いようであれば、こちらのモデルも検討に値するでしょう。

モードの切り替えが手間と感じるかもしれないというだけで、イオンの放出濃度やフィルター性能は同じです。

 

なお、カップホルダータイプの空気清浄機に対応したホルダーも販売されており、これを使用するとカップホルダーを専有されなくて済むので便利ですよ。

槌屋ヤック 空気清浄機ホルダー

 

価格は次のようになっています。

モデル IG-LC15 IG-KC15 IG-JC15
発売年 2019 2018 2017
参考価格
ブラック
シャープ プラズマクラスター イオン発生機 車載用 カップホルダータイプ 卓上 ブラック IG-KC15-B
¥7,880
¥8,680
¥6,999
ホワイト
シャープ プラズマクラスター イオン発生機 車載用 カップ型 高濃度 25000 花粉 ウイルス 消臭 ホワイト IG-KC15-W
¥9,980 ¥9,601 ¥9,800
レッド
シャープ プラズマクラスター搭載 車載用イオン発生機 レッド IG-KC15-R
¥10,300 ¥9,450 ¥9,300

まとめ

シャープのプラズマクラスター25000を搭載した車載用イオン発生機IG-LC15とIG-KC15、IG-JC15の違いについて紹介してきました。

デザインは同じですが、おまかせ運転モードの有無や、付属のカーチャージャーのポート数が主な違いです。

価格に違いがなければ、おまかせ運転モードのあるIG-LC15または、IG-KC15がおすすめです。

 

なお、これらのイオン発生機は車載用となってはいますが、USB電源があるところであれば使えますので家庭やオフィスで使用するのも良いかもしれませんね。

 

以上、IG-LC15とIG-KC15、IG-JC15の3つの違い!でした。

参考