LaTeX 数式環境中で、取り消し線を書く方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LaTex 数式環境中で、\soutコマンド等を使い、そのまま取り消し線を引くと位置がずれてしまい、上手く引くことができません。取り消し線を引く方法を紹介します。

ulemパッケージを使用すると、文中で取り消し線を引くことができます。

\usepackage{ulem}
\sout{This text is stricken out.}

問題点

しかし、数式環境中ではエラーにこそならないものの、線がアンダーバーのようにテキストの下部に表示されてしまい、取り消し線になりません。

\equation
y = sin(x) \sout{+ cos(x)}
\equation

解決方法

これを解決するためには、\hboxで一旦 数式環境中から出て、取り消し線のコマンドをうち、また数式環境にもどる、という手順を踏みます。

\equation
y = sin(x) \hbox{\sout{$+ cos(x)$}}
\equation

 

参考

以上、 LaTeX 数式環境中で、取り消し線を書く方法!でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す