Amazonチャージ

衣類スチーマーTAS-X5とTAS-X4の3つの違い!

東芝ホームテクノの衣類スチーマーLa・Coo S(ラクーエス)のコードレスタイプTAS-X5とTAS-X4は何が異なるのでしょうか。違いは3つあります。わかりやすく紹介します。

3つの違い

TAS-X5は2019年発売で、TAS-X4は2018年発売です。

TAS-X5は、TAS-X4と比べ次の点が改善されています。

  • かけ面コーティングがセラミックコートから、滑りの良いニッケルコートになった。
  • スチーム穴数が8個から14個に増え、スチームが広がりやすい新形状のスチームラインを採用した。
  • スチーム温度を中温・高温の二段階から選べるようになった。

スチーム量や、スチーム持続時間、サイズは同じです。

表で比較すると次のようになります。

型番 TAS-X5 TAS-X4
画像

価格を調べる ゴールド: シルバー:
  ローズレッド: レディッシュブロンズ:
かけ面 ニッケルコート セラミックコート
スチーム持続時間 最長約 1分30秒 (コードレス時)
最長約 7分10秒 (コード付き時)
スチーム量 最大約 12 mL/分 
約 9 mL/分 (切換式)
スチーム穴
14個
新形状のスチームライン

8個
タンク 約 65 mL
スチーム温度 中/高 2段階 高 1段階
かけ面温度 低/中/高 3段階
機能 オープンハンドル
置くたび適温(コードレス時)
オートパワーオフ
オートバルブ
本体寸法 約 179×約 71×約 137 mm
収納時寸法 約 228×約 90×約 185 mm
本体質量 約 0.71 kg (コードレス時)
収納時質量 約 1.03 kg

コーティング

かけ面のコーティングは、TAS-X4ではセラミックコートでしたが、TAS-X5ではニッケルコートになりました。ニッケルコートは滑りがよく、アイロンでもスチームでもスムーズにシワを伸ばせるようになります。

スチーム穴形状

スチーム穴数はTAS-X4では8個でしたが、TAS-X5では14個に増えました。またスチームが広がりやすい新形状のスチームラインが採用されています。

次の画像で、左がTAS-X4、右がTAS-X5のスチーム穴形状です。

スチームが広がりやすくなったのは嬉しいですね。

スチーム温度

スチームを使用するときのスチーム温度はTAS-X4では高温しか選べませんでしたが、TAS-X5では中温と高温の2段階から選べるようになりました。布地の種類に合わせて温度を調節できるのは嬉しいですね。

どちらがおすすめか

このように、TAS-X5ではかけ面のコーティングが滑りやすいものになり、スチーム穴形状はスチームが広がりやすいように変更になりました。スチーム温度も2段階から選択できるようになりました。

そのため、TAS-X5のほうがおすすめです。執筆時点では、TAS-X4の在庫はすでになくなっているようですので、どちらにせよTAS-X5を選ぶしかないかもしれません。

 

TAS-X5, X4は、コードレスの衣類スチーマーで、コードが邪魔にならないのが良いですね。また、長時間使いたいときには、コード付きとしても使えるようになっていて便利です。

型番 TAS-X5 TAS-X4
画像

リンク ゴールド: シルバー:
  ローズレッド: レディッシュブロンズ:

まとめ

東芝ホームテクノの衣類スチーマーLa・Coo S(ラクーエス)のTAS-X5は、TAS-X4と比べ、かけ面のコーティングとスチーム穴の形状が改善しており、スチーム温度も2温度から選べるようになりました。より使いやすくなったTAS-X5のほうがおすすめです。

 

以上、TAS-X5とTAS-X4の3つの違い!でした。

参考