ACM55YとMC55Yの違いは? [ダイキン空気清浄機]

ダイキンのストリーマ空気清浄機ACM55YとMC55Yはよく似ていますが、何が異なるのでしょうか。わかりやすく紹介します。

ACM55YとMC55Yの違い

どちらも加湿機能が省かれたコンパクトタイプの空気清浄機です。2021年10月発売の2022年モデルです。

 

ACM55YとMC55Yの違いは流通経路だけです。

ACM55Yは住宅設備店取り扱い商品で、MC55Yは家電量販店取り扱い商品です。インターネット通販ではどちらを購入することもできます。

本体性能は同じであるため、価格が安い方を選ぶと良いでしょう。

 

価格と機能を表で比較すると次のようになります。

型番 住宅設備店取扱モデル
ACM55Y
家電量販店取扱モデル
MC55Y
発売年月 2021/10 2021/10
外観
    
ダイキン DAIKIN ストリーマ空気清浄機 ホワイト MC55Z-W ダイキン DAIKIN ストリーマ空気清浄機 ホワイト MC55Z-W
参考価格 ¥35,280〜 (2023/6/1 12:08)
¥53,200〜(2024/05/28 07:39)
型番 ACM55Y MC55Y
適用床面積
(空気清浄)
25 畳 (〜 41 ㎡)
8畳を清浄する目安: 11分
25 畳 (〜 41 ㎡)
8畳を清浄する目安: 11分
清潔 ストリーマー
アクティブプラズマイオン
TAFUフィルター(静電HEPAフィルター)
脱臭フィルター
操作部抗菌仕様
ホコリ・ニオイセンサー
ストリーマー
アクティブプラズマイオン
TAFUフィルター(静電HEPAフィルター)
脱臭フィルター
操作部抗菌仕様
ホコリ・ニオイセンサー
モード 節電運転
花粉運転
節電運転
花粉運転
便利 チャイルドロック チャイルドロック
標準モード時 風量: 3.2 ㎥/分
消費電力: 15 W
運転音: 39 dB
風量: 3.2 ㎥/分
消費電力: 15 W
運転音: 39 dB
定格消費電力(W) 46 46
本体寸法(mm) H500×W270×D270 H500×W270×D270
本体質量 6.8 kg 6.8 kg

 

どちらの機種も加湿機能付きではないため、加湿ユニットにできるカビなどを気にする必要がないのが良いです。日本海側など、冬に乾燥しにくい地域にお住まいの場合は加湿器が必要な季節がほぼないため、特におすすめです。

またダイキンの空気清浄機は、企業向け空調で培われた質実剛健な作りがよいと思います。シャープの空気清浄機ではイオン発生ユニットの寿命は2年ですが、ダイキンの発生ユニットはお手入れ・交換不要なのもよいですね。

まとめ

ダイキンのストリーマ空気清浄機、住宅設備店取扱モデルACM55Yと、家電量販店取扱モデルMC55Yの違いは、流通経路だけです。本体性能には違いがありませんので、価格の安い方を選ぶと良いでしょう。

 

以上、ACM55YとMC55Yの違いは?でした。

参考

ACM55Y

ACM55X-W ホワイト

適用床面積
25畳
8畳清浄
11分
ストリーマ
アクティブ
プラズマイオン
TAFU
フィルター
脱臭
フィルター
ホコリ・ニオイ
センサー
操作部
抗菌
節電
運転
花粉
運転
チャイルド
ロック
平型
プラグ
ダイキン ストリーマ空気清浄機 ホワイト 住宅設備店取扱 ACM55Y-W
  • Daikin

MC55Y

適用床面積
25畳
8畳清浄
11分
ストリーマ
アクティブ
プラズマイオン
TAFU
フィルター
脱臭
フィルター
ホコリ・ニオイ
センサー
操作部
抗菌
節電
運転
花粉
運転
チャイルド
ロック
平型
プラグ
ダイキン DAIKIN ストリーマ空気清浄機 ホワイト MC55Y(W)