シャープ加湿空気清浄機のモデルチェンジ前後の違い!

シャープのプラズマクラスター加湿空気清浄機は、毎年モデルチェンジがされますが、何が変わっているのでしょうか。

ここでは、いくつかのモデルについて違いを紹介しています。

 

なお、次のページではシャープの空気清浄機32モデルについて一覧表で性能比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

[参考] シャープの加湿・空気清浄機32モデルの一覧比較!

 

気になっているモデルの項目まで、目次からジャンプしてくださいね。

FU-L50とFU-J50、FU-H50の違い

シャープのFU-L50とFU-J50、FU-H50は、人気のプラズマクラスター搭載の薄型空気清浄機です。

FU-L50は2019年モデルで、FU-J50は2018年モデル、FU-H50は2017年モデルです。

これら3つのモデルの性能は同じで、違いはありません。

 

主な仕様も、操作パネルのデザインも同じです。

違いは、説明書の注意書きが少し異なるという程度です。

 

家電製品では新しいモデルのほうが売れるため、シャープに限らず、同じ性能で型番だけ変えるということがよくあります。

そういう意味では、これらは完成したモデルと言えます。

 

そのため、このなかで安くなっているモデルを選ぶと良いでしょう。

価格は次のようになっています。

モデル    FU-L50 FU-J50 FU-H50
発売年 2019 2018 2017
画像 シャープ 空気清浄機(23畳まで ホワイト系)SHARP プラズマクラスター7000搭載 FU-L50-W シャープ 空気清浄機 プラズマクラスター搭載 ホワイト FU-J50-W シャープ 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 14畳 / 空気清浄 23畳 ホワイト FU-H50-W
参考価格 ¥28,130
¥16,800
¥27,900
プラズマクラスター 7000
おすすめ畳数 ~14 畳
最大風量 5.1 ㎥/分
消費電力(50/60Hz) 49 W
運転音 52 dB
8畳の清浄時間  12 分
フィルター 静電HEPAフィルター(交換目安:約10年)
脱臭フィルター(交換目安:約10年)
プレフィルター
モード 自動/強/中/静音
花粉
おやすみ
パワフル吸じん
外形寸法(mm^3) 幅 383×奥行209×高さ540
質量(約) 4.9 kg
参考価格 ¥28,130
¥16,800
¥27,900

どのモデルもプラズマクラスター7000を搭載しており、集じんフィルターは最上位モデルのKI-LP100と同じ静電HEPAフィルターが採用されています。

加湿機能はいらないという方におすすめのモデルです。

KC-J50とKC-L50の違い

シャープのKC-J50とKC-L50は、プラズマクラスター7000を搭載した人気の加湿空気清浄機です。

KC-J50は2018年モデルで、KC-L50は2019年モデルです。

KC-J50とKC-L50の性能や仕様は同じで、違いはありません。

 

操作パネルのデザインも、説明書の内容も同じです。

家電製品は新しいモデルのほうがよく売れるため、同じ性能で型番だけ変えるということはしばしばあります。

 

そのため安い方のモデルを選ぶと良いでしょう。

価格は次のようになっています。

モデル KC-J50 KC-L50
発売年 2018 2019
画像 シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 13畳 / 空気清浄 23畳 ホワイト KC-J50-W シャープ 空気清浄機【加湿機能付】(空清23畳まで/加湿15畳まで ホワイト系)SHARP 「プラズマクラスター7000」搭載 KC-L50-W
おすすめ畳数 ~13畳 ~13畳
最大加湿量 500 mL/h 500 mL/h
最大風量 5.1 m3/分 5.1 m3/分
参考価格 ¥29,750 ¥31,350

FU-J30とFU-L30の違い

シャープのFU-J30とFU-L30は、人気のプラズマクラスター搭載の薄型空気清浄機です。

FU-J30は2018年モデルで、FU-L30は2019年モデルです。

FU-J30とFU-L30の性能や、主な仕様は同じで、違いはありません。

違いは、説明書の注意書きが少し異なるという程度です。

 

そのため、安い方のモデルを選ぶと良いでしょう。

価格は次のようになっています。

モデル    FU-J30 FU-L30
発売年 2018 2019
画像 シャープ プラズマクラスター搭載 空気清浄機 ホワイト FU-J30-W シャープ 空気清浄機(13畳まで ホワイト系)SHARP プラズマクラスター7000搭載 FU-L30-W
おすすめ畳数 ~10畳 ~10畳
最大風量 3.0 ㎥/分 3.0 ㎥/分
参考価格 ¥12,800 ¥20,980

FU-LK50とFU-JK50の違い

シャープのFU-LK50とFU-JK50は、蚊取り機能を搭載した空気清浄機です。

KI-LK50が2019年モデルで、KI-JK50が2018年モデルです。

この2つのモデルの性能や仕様は同じです。

 

そのため、安い方のモデルを選ぶと良いでしょう。

価格は次のようになっています。

モデル    FU-LK50 FU-JK50
発売年 2019 2018
画像 シャープ プラズマクラスター搭載 空気清浄機 蚊取機能付 ブラック FU-LK50-B シャープ プラズマクラスター搭載 空気清浄機 ブラック 蚊取機能付 FU-JK50-B
参考価格 ¥31,710
¥34,500
おすすめ畳数 ~14 畳
フィルター 静電HEPAフィルター(10年間交換不要)
ダブル脱臭フィルター(10年間交換不要)
プレフィルター
センサー ニオイ
モード
自動/強/中
花粉
おやすみ
蚊取り/パワフル蚊取り
最大風量
5.1 ㎥/分
消費電力(50/60Hz)
50 W
運転音
51 dB
8畳の清浄時間 
12分
外形寸法(mm^3)
幅391×奥行281×高さ540
質量(約)
5.9 kg
参考価格 ¥31,710
¥34,500

蚊取り機能以外の空気清浄機としての性能は、FU-L50やFU-J50などとほぼ変わりません。

そのため蚊取り機能がいる場合には、FU-LK50やFU-JK50がおすすめで、いらない場合には、FU-L50やFU-J50がおすすめです。

FU-LK50の「K」は蚊取りのKなのかもしれませんね。

KI-JS40とKI-HS40の違い

シャープのKI-JS40とKI-HS40は、プラズマクラスター25000を搭載した加湿空気清浄機です。

KI-JS40が2018年モデルで、KI-HS40が2017年モデルです。

この2つのモデルの性能は同じで、違いはありません。

 

主な仕様も、操作パネルのデザインも同じです。

違いは、説明書の注意書きが少し異なるという程度です。

 

家電製品では新しいモデルのほうが売れるため、シャープに限らず、同じ性能で型番だけ変えるということがよくあります。

そういう意味では、KI-JS40とKI-HS40は完成したモデルと言えるでしょう。

 

そのため、安い方のモデルを選ぶと良いでしょう。

価格は次のようになっています。

モデル    KI-JS40 KI-HS40
発売年 2018 2017
画像 シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 10畳 / 空気清浄 18畳 2018年モデル ホワイト KI-JS40-W シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 10畳 / 空気清浄 18畳 2017年モデル ホワイト KI-HS40-W
参考価格 ¥15,000
¥28,980
おすすめ畳数 ~ 10 畳
加湿量 420 mL/h
フィルター 集じん・脱臭一体型フィルター(交換目安:約2年)
プレフィルター/使い捨てプレフィルター
センサー ニオイ
温度
湿度
モード 自動/強/中/静音
花粉
おやすみ
パワフル吸じん
最大風量 4.0 ㎥/分
8畳の空気清浄時間 15 分
消費電力(50/60Hz) 33 W
運転音 48 dB
給水トレー容量(約) 2.0 L
外形寸法(mm) 幅280×奥行260×高さ622
質量 6.7 kg
参考価格 ¥15,000
¥28,980

どちらもプラズマクラスター25000を搭載していながらコンパクトなサイズで、10畳までのお部屋におすすめです。

KI-JS50とKI-HS50の違い

シャープのKI-JS50とKI-HS50は、プラズマクラスター25000を搭載した加湿空気清浄機です。

KI-JS50が2018年モデルで、KI-HS50が2017年モデルです。

この2つのモデルの性能は同じで、違いはありません。

 

主な仕様も、操作パネルのデザインも同じです。

違いは、説明書の注意書きが少し異なるという程度です。

 

家電製品では新しいモデルのほうが売れるため、シャープに限らず、同じ性能で型番だけ変えるということがよくあります。

そういう意味では、KI-JS50とKI-HS50は完成したモデルと言えるでしょう。

 

そのため、安い方のモデルを選ぶと良いでしょう。

価格は次のようになっています。

モデル    KI-JS50 KI-HS50
発売年 2018 2017
画像 シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 13畳 / 空気清浄 23畳 ウイルス 花粉 2018年モデル グレー KI-JS50-Hシャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 13畳 / 空気清浄 23畳 ウイルス 花粉 2018年モデル ホワイト KI-JS50-W シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 13畳 / 空気清浄 23畳 ウイルス 花粉 2017年モデル グレー KI-HS50-Hシャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 13畳 / 空気清浄 23畳 ウイルス 花粉 2017年モデル ホワイト KI-HS50-W
参考価格 グレー:
¥27,800

ホワイト:
¥28,800
グレー:
¥27,480

ホワイト:
¥28,800
おすすめ畳数 ~ 13 畳
加湿量 550 mL/h
無線LAN機能
フィルター 静電HEPAフィルター(10年間交換不要)
ダブル脱臭フィルター(10年間交換不要)
プレフィルター/使い捨てプレフィルター
センサー 高感度ホコリ
ニオイ
温度
湿度
照度
モード 自動/強/中/静音
花粉
おやすみ
パワフルショット
効果実感

KI-JX75とKI-HX75の違い

シャープのKI-JX75とKI-HX75は、プラズマクラスター25000を搭載した加湿空気清浄機です。

KI-JX75が2018年モデルで、KI-HX75が2017年モデルです。

この2つのモデルの性能は同じで、違いはありません。

 

主な仕様も、操作パネルのデザインも同じです。

違いは、説明書の注意書きが少し異なるという程度です。

 

そのため、安い方のモデルを選ぶと良いでしょう。

価格は次のようになっています。

モデル    KI-JX75 KI-HX75
発売年 2018 2017
画像 シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 21畳 / 空気清浄 34畳 ウイルス 花粉 自動掃除 2018年モデル ホワイト KI-JX75-W シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 21畳 / 空気清浄 34畳 ウイルス 花粉 自動掃除 2017年モデル ホワイト KI-HX75-W
参考価格 ¥41,800
¥65,640
特徴 プラズマクラスター25000を搭載した21畳まで用の加湿空気清浄機。プレフィルター自動清掃機能付き。ココロエンジンが声で状況をお知らせ。前後ルーバーは自動開閉する。
おすすめ畳数 ~21 畳
最大風量 7.5 ㎥/分
8畳の空気清浄時間 9 分
加湿量 750 mL/h
水タンク容量(約) 4.0 L
無線LAN機能
プレフィルター自動清掃
フィルター 静電HEPAフィルター(10年間交換不要)
ガスもと~る脱臭フィルター(10年間交換不要)
プレフィルター
センサー 高感度ホコリ
ニオイ
温度
湿度
照度
風量 自動/強/中/静音
花粉
おやすみ
モード おまかせ
パワフルショット
効果実感
掃除アシスト
外形寸法(mm) 幅 405 ×奥行 316 ×高さ 666
質量 12 kg
参考価格 ¥41,800
¥65,640

KI-JS70とKI-HS70の違い

シャープのKI-JS70とKI-HS70は、プラズマクラスター25000を搭載した加湿空気清浄機です。

KI-JS70が2018年モデルで、KI-HS70が2017年モデルです。

この2つのモデルの性能は同じで、違いはありません。

 

主な仕様も、操作パネルのデザインも同じです。

違いは、説明書の注意書きが少し異なるという程度です。

 

そのため、安い方のモデルを選ぶと良いでしょう。

価格は次のようになっています。

モデル    KI-JS70 KI-HS70
発売年 2018 2017
画像 シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 16畳 / 空気清浄 31畳 ウイルス 花粉 2018年モデル グレー KI-JS70-Hシャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 16畳 / 空気清浄 31畳 ウイルス 花粉 2018年モデル ホワイト KI-JS70-W シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 16畳 / 空気清浄 31畳 ウイルス 花粉 2017年モデル グレー KI-HS70-Hシャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 16畳 / 空気清浄 31畳 ウイルス 花粉 2017年モデル ホワイト KI-HS70-W
参考価格 グレー:
¥29,800

ホワイト:
¥37,980
グレー:
¥27,900

ホワイト:
¥32,800
おすすめ畳数 ~16 畳
加湿量 630 mL/h
無線LAN機能
フィルター 静電HEPAフィルター(10年間交換不要)
ダブル脱臭フィルター(10年間交換不要)
プレフィルター/使い捨てプレフィルター
センサー 高感度ホコリ
ニオイ
温度
湿度
照度
モード 自動/強/中/静音
花粉
おやすみ
パワフルショット
効果実感

KI-JP100とKI-HP100の違い

シャープのKI-JP100とKI-HP100は、プラズマクラスター25000を搭載した加湿空気清浄機です。

KI-JP100が2018年モデルで、KI-HP100が2017年モデルです。

この2つのモデルの性能は同じで、違いはありません。

 

主な仕様も、操作パネルのデザインも同じです。

違いは、説明書の注意書きが少し異なるという程度です。

 

家電製品では新しいモデルのほうが売れるため、シャープに限らず、同じ性能で型番だけ変えるということがよくあります。

そういう意味では、KI-JP100とKI-HP100は完成したモデルと言えるでしょう。

 

そのため、安い方のモデルを選ぶと良いでしょう。

価格は次のようになっています。

モデル    KI-JP100 KI-HP100
発売年 2018 2017
画像 シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 21畳 / 空気清浄 34畳 ウイルス 花粉 自動掃除 2018年モデル ホワイト KI-JP100-W シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 21畳 / 空気清浄 34畳 ウイルス 花粉 自動掃除 2017年モデル ホワイト KI-HP100-W
参考価格 ¥72,800

特徴 シャープの加湿空気清浄機 最上位モデル。23畳まで用。プラズマクラスターNEXTを搭載。プレフィルター自動清掃機能付き。ココロエンジンが声で状況をお知らせ。前後ルーバー自動開閉。人感センサー、ターボ風量、3段階ホコリモニター付き。ガスもと~る脱臭フィルターを採用。機能全部入りのモデル。
おすすめ畳数 ~23 畳
最大風量 10 ㎥/分
8畳の空気清浄時間 7 分
加湿量 930 mL/h
水タンク容量(約) 4.3 L
無線LAN機能
プレフィルター自動清掃
フィルター 静電HEPAフィルター(10年間交換不要)
ガスもと~る脱臭フィルター(10年間交換不要)
プレフィルター
センサー 高感度ホコリ
ニオイ
温度
湿度
照度
人感
風量 自動/ターボ/強/中/静音
花粉
おやすみ
モード おまかせ
パワフルショット
効果実感
掃除アシスト
外形寸法(mm) 幅 427 ×奥行 371 ×高さ 738
質量 17 kg
参考価格 ¥72,800

まとめ

以上で紹介したモデルについては、モデルチェンジ後も性能は同じで、違いはありません。

そのため価格の安くなっているモデルの方を選ぶと良いでしょう。

 

次のページではシャープの空気清浄機32モデルについて一覧表で性能比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

シャープの加湿・空気清浄機32モデルの一覧比較!

 

以上、シャープ加湿空気清浄機のモデルチェンジによる違い!でした。