テレビドアホンVL-SE35KF, VL-SZ35KF, VL-SE35KL, VL-SE35XLの違い!

パナソニックのテレビドアホンVL-SE35KF, VL-SE35KL, VL-SE35XL, VL-SZ35KFは、よく似ていて、何が違うかわかりにくいですよね。

どこが違うのかわかりやすく紹介します。

VL-SE35KFとVL-SZ35KFは同じ

まず、VL-SE35KFとVL-SZ35KFは販売店(流通)が異なるだけで、商品は同じものです。

説明書も同じものになっています。

VL-SE35KF, KL, XLの違い

SE35シリーズの3つの機種は、最後の2つのアルファベットだけ異なります。

これらは親機にAC100Vコードが付属しているかと、子機が標準レンズか広角レンズかの2点で異なります。

それぞれ次のようになっています。

  • KFは、AC100Vコードあり(コード式)で、広角レンズ
  • KLは、AC100Vコードあり(コード式)で、標準レンズ
  • XLは、AC100Vコードなし(直結式)で、標準レンズ

また、標準レンズの子機は本体色がゴールド色、広角レンズの子機は本体色がシルバー色になっています。

 

表にまとめると次のようになります。

  VL-SZ35KF VL-SE35KF VL-SE35KL VL-SE35XL
  パナソニック テレビドアホン(電源コード式) VL-SZ35KF パナソニック テレビドアホン 2-2タイプ 電源コード式 VL-SE35KF パナソニック テレビドアホン 2-2タイプ 電源コード式 VL-SE35KL パナソニック テレビドアホン 2-2タイプ 電源直結式 VL-SE35XL
AC100Vコード あり(コード式) なし(直結式)
子機のレンズ 広角 標準
子機本体の色 シルバー ゴールド
親機の品番 VL-MZ35 VL-ME35
子機の品番 VL-V572L VL-V523
参考価格 ¥ 19,574
¥ 21,800
¥ 17,900 ¥ 17,900

AC100Vコードが付属するコード式のものは、次のように親機背面にコードがつながっています。

取り外せば直結式と同じものになります。

どのモデルも あんしん応答機能付き

どの機種にも留守電のようにドアホンが応答してくれる「あんしん応答」機能が搭載されています。

見知らぬ訪問者でも、何の用かと思ってインターホンで出てみたら、長い勧誘の話が始まってしまった、という経験がある方も多いと思います。

 

そこで、見知らぬ訪問者には「あんしん応答」機能を使用することで、本当に応対すべき訪問者なのかどうかを判断することができます。

望まない訪問者の場合は無視することもできます。

勧誘が煩わしいという方におすすめの機能です。

 

もちろん留守中の訪問者の方にメッセージを残してもらうこともできますので便利です。

2019年7月現在では、この4機種にのみ搭載されています。

どれがおすすめか

4機種で価格は1000円ほども違わないため、広角レンズの子機が付属するVL-SZ35KFかVL-SE35KFがおすすめです。

標準レンズの子機が付属するVL-SE35KLとVL-SE35XLでは、訪問者がカメラの方向とは異なる場所に立っていた場合に、訪問者が映らなくなるという問題がありましたが、広角レンズになりその問題が解決されています。

 

VL-SE35KFやVL-SZ35KFは、最廉価シリーズであるVL-SE30と比べると1万円程度高いですが、あんしん応答機能や、広角レンズなど実用的な機能がついており、特におすすめです。

ドアホンは一度交換すると何年もつかうものですので、少し良いものを選ぶと良いですよ。

うちではVL-SE35KFを使っています。

 

VL-SE35KFとVL-SZ35KFは同じですので、安い方を選ぶと良いでしょう。

まとめ

パナソニックのテレビドアホンVL-SE35KF, VL-SE35KL, VL-SE35XL, VL-SZ35KFの違いは、AC100Vケーブルの付属の有無と、子機のレンズが広角かどうかにありました。

価格があまり変わりませんので、広角レンズが採用されているVL-SE35KFかVL-SZ35KFがおすすめです。

 

以上、テレビドアホンVL-SE35KF, VL-SZ35KF, VL-SE35KL, VL-SE35XLの違い!でした。

参考文献

こんな記事も読まれています