EH-SA6CとEH-SA3Cの3つの違い。ナノイー。

パナソニックのスチーマー ナノケアEH-SA6CとEH-SA3Cは何が異なるのでしょうか。違いは3つあります。わかりやすく紹介します。

 

[参考] パナソニックのスチーマー ナノケア 8機種の一覧比較。

3つの違い

EH-SA6CとEH-SA3Cはどちらも2021年発売の機種です。EH-SA6Cのほうが上位機種です。

 

EH-SA6Cは、EH-SA3Cと比べて次の点が異なります。

  • ナノイー放出機能付き。
  • 3モードを搭載。
  • 本体サイズが一回り大きい。

放出される温スチームの性能や、アロマタブレットが使用可能な点は同じです。

 

簡単に言うとEH-SA6Cは、EH-SA3Cにナノイー機能を搭載した2WAY機種です。

EH-SA6Cは、ナノイーもあわせて使って、肌や髪のケアもしたいという方におすすめです。

 

違いを表で比較すると次のようになります。

機種 EH-SA3C EH-SA6C
発売年 2021 2021
画像       パナソニック スチーマー ナノケア コンパクトタイプ ゴールド調 EH-SA3C-N パナソニック スチーマー ナノケア 2wayタイプ ゴールド調 EH-SA6C-N
特徴 温スチームに対応のコンパクトモデル。 ナノイー放出機能付き。3モード搭載。
おすすめの方 コンパクトなものが良い方。 ナノイーで髪のケアもしたい方。
スチーム・ミストの種類 ナノサイズ温スチーム ナノサイズ温スチーム
ナノイー
コース スチームモード
毛先ケアモード
ナノイーモード
本体サイズ 高さ 16.3 × 幅 10.4 × 奥行 14.8 cm 高さ 18 × 幅 12.5 × 奥行 20 cm
本体質量 約 700 g 約 1.2 kg
機種 EH-SA3C EH-SA6C
参考価格
¥10,655〜(2022/10/02 00:38)
¥29,000〜(2022/10/02 00:38)

違いについて、詳しく見てみましょう。

ナノイー放出機能

EH-SA6Cは、温スチームだけでなく、ナノイーの放出機能が搭載されています。

ナノイーとは、空気中の水分を超微細化した水分たっぷりのイオンのことです。ナノイーは、一般的なマイナスイオンの約1,000倍(体積比)の水分に包まれています。


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

ナノイーを肌に当てるとうるおいのあるキメの整った肌になり、髪に当てると髪にツヤが出るとされています。

温スチームで肌のケアをするだけでなく、ナノイーも使って肌や髪のケアをしたい、という方にはEH-SA6Cがおすすめです。

 

パナソニックのナノイードライヤーが最近人気で、うちでも使っていますが、たしかにツヤが出るような気がしていておすすめですよ。

 

なお、ナノイーの放出口は、温スチーム吹き出し口とは別に本体前面にあります。ルーバーによって吹き出し方向を変えることができます。

 

機種 EH-SA3C EH-SA6C
画像       パナソニック スチーマー ナノケア コンパクトタイプ ゴールド調 EH-SA3C-N パナソニック スチーマー ナノケア 2wayタイプ ゴールド調 EH-SA6C-N
スチーム・ミストの種類 ナノサイズ温スチーム ナノサイズ温スチーム
ナノイー
参考価格
¥10,655〜(2022/10/02 00:38)
¥29,000〜(2022/10/02 00:38)

3モード

EH-SA3Cは温スチームの出るON/OFFスイッチのみがついていますが、EH-SA6Cでは3つのモードが搭載されており、1つを選んで使用します。

次の3モードがあります。

  • 温スチームが最大12分出る「スチームモード」
  • 温スチーム4分のあと、ナノイー送風が2分出る「毛先ケアモード」
  • ナノイー送風が約8時間出る「ナノイーモード」

 

1つ目のスチームモードはEH-SA3Cと同じで、温スチームのみが出るモードです。デイリーケアとして顔やデコルテにスチームを当てたり、クレンジング時にアゴの上あたりからたっぷりスチームを当てて使用します。

2つ目の毛先ケアモードは、合計6分のモードです。毛先全体に温スチームをあて、その後にナノイーを当てます。毛先にうるおいやまとまりを与えたいときに使用します。なお、温スチームとナノイーを同時に出すことはできません。

3つ目のナノイーモードは、8時間ナノイーが出続けるモードです。就寝中や、在宅ワーク中、部屋でリラックスしているときにナノイーを肌や髪に浴びることで、キメの整った肌・ツヤのある髪を目指します。

 

このようにEH-SA6Cでは、温スチームだけでなくナノイー放出器として、就寝中などにも使用することができます。ナノイーは空気中の水分を利用するため給水の必要がなく、気軽に使える点が便利です。

 

機種 EH-SA3C EH-SA6C
画像       パナソニック スチーマー ナノケア コンパクトタイプ ゴールド調 EH-SA3C-N パナソニック スチーマー ナノケア 2wayタイプ ゴールド調 EH-SA6C-N
コース スチームモード
毛先ケアモード
ナノイーモード
参考価格
¥10,655〜(2022/10/02 00:38)
¥29,000〜(2022/10/02 00:38)

本体サイズ

EH-SA6Cはナノイー機能がついていますが、代わりに本体が少し大きいのが欠点です。

EH-SA3Cと比べて、高さが1.7 cm、幅が2.1 cm、奥行きが5.2 cm大きいです。

 

EH-SA3Cは机の上に置きっぱなしでも気にならないくらいだと思いますが、EH-SA6Cでは一回り大きく、存在感がある感じになります。重さは約 1.2 kgでそれほど重くはなく、使わないときには棚に置いておけばよいと思います。

一方で、机に置きっぱなしで使いたいという方は、EH-SA3Cのほうがコンパクトでよいでしょう

 

機種 EH-SA3C EH-SA6C
画像       パナソニック スチーマー ナノケア コンパクトタイプ ゴールド調 EH-SA3C-N パナソニック スチーマー ナノケア 2wayタイプ ゴールド調 EH-SA6C-N
本体サイズ 高さ 16.3 × 幅 10.4 × 奥行 14.8 cm 高さ 18 × 幅 12.5 × 奥行 20 cm
本体質量 約 700 g 約 1.2 kg
参考価格
¥10,655〜(2022/10/02 00:38)
¥29,000〜(2022/10/02 00:38)

どちらがおすすめか

このように、EH-SA3CとEH-SA6Cの主な違いは、ナノイー放出機能の有無です。

EH-SA6Cでは、ナノイーの放出機能があり、ナノイーを使って肌や髪にうるおいを与えることができます。代わりに本体サイズは一回り大きくなります。

 

そのため、EH-SA6Cは次のような方におすすめです。

  • 温スチームで肌のケアをするだけでなく、ナノイーも利用して、就寝中にも肌や髪のケアをしたい方。

一方で、EH-SA3Cは次のような方におすすめです。

  • 机に置きっぱなしにしたいなどの理由で、本体がコンパクトなほうがよい方。

 

次のようなナノイー単体の発生器も販売されていますが、温スチームと両方使用したいのであれば、一体になっているEH-SA6Cのほうが場所を取らなくて良いでしょう。

パナソニック 車載用空気清浄機 ナノイー発生器 ホワイト F-C100K-W

価格と機能を表で比較

EH-SA3CとEH-SA6Cの価格と機能を表で比較すると、次のようになります。

機種 EH-SA3C EH-SA6C
発売年 2021 2021
画像       パナソニック スチーマー ナノケア コンパクトタイプ ゴールド調 EH-SA3C-N パナソニック スチーマー ナノケア 2wayタイプ ゴールド調 EH-SA6C-N
参考価格
¥10,655〜(2022/10/02 00:38)
¥29,000〜(2022/10/02 00:38)
特徴 温スチームに対応のコンパクトモデル。 ナノイーが放出されるモデル。3モード搭載。
おすすめの方 コンパクトなものが良い方。 ナノイーで髪のケアもしたい方。
機種 EH-SA3C EH-SA6C
スチーム・ミストの種類 ナノサイズ温スチーム ナノサイズ温スチーム
ナノイー
コース スチームモード
毛先ケアモード
ナノイーモード
アロマ対応 ◯ (タブレット1個) ◯ (タブレット1個)
スチーム温度 約 40 ℃ 約 40 ℃
機種 EH-SA3C EH-SA6C
スチーム発生量 約 6 mL/分 (吹出口 1 個) 約 6 mL/分 (吹出口 1 個)
ミスト発生量
スチーム・ミスト発生時間 約 12 分 約 12 分
給水タンク容量 約 90 mL 約 95 mL
本体サイズ 高さ 16.3 × 幅 10.4 × 奥行 14.8 cm 高さ 18 × 幅 12.5 × 奥行 20 cm
本体質量 約 700 g 約 1.2 kg
付属品 アロマタブレット 1 個 アロマタブレット 1 個

共通機能

ここでは、EH-SA6CとEH-SA3Cの共通性能である、温スチームとアロマタブレットについて簡単に見てみましょう。

温スチーム

温スチーム機能では、約40℃の温かいスチームが出ます。顔をやわらかく包み込んで保湿をします。

 

パナソニックによれば、温スチームを使用することで、次のように肌水分量や、化粧ノリの良さ感がアップするということです。

  1. 【1回使用】 温スチームを10分間浴びた後に化粧水を塗布した場合、化粧水だけ塗布した場合と比べて、肌のキメが整い、肌水分量が約 80%アップ。
  2. 【1回使用】温スチームを10分間浴びた場合、浴びていない場合と比べ、化粧ノリのよさの評価値が約 2 倍。

(EH-SA9A公式ページより。)

 

温スチームを1回使用するだけでも、肌水分量がアップし、化粧のノリが良くなっているというのは驚きですね。

アロマタブレット

EH-SA6CとEH-SA3Cは、アロマタブレットに対応しています。

 

アロマタブレットとは、次のようなもので、エッセンシャルオイルの香りを楽しみながらスチーマーを使うことができます。

タブレット名 真正ラベンダー ベルガモット ティートゥリー ゼラニウム イランイラン
画像
     
パナソニック アロマタブレット 真正ラベンダー 4個入 EH-4S11 パナソニック アロマタブレット ベルガモット 4個入 EH-4S12 パナソニック アロマタブレット ティートゥリー 4個入 EH-4S14 パナソニック アロマタブレット ゼラニウム 4個入 EH-4S13 パナソニック アロマタブレット イランイラン 4個入 EH-4S15
説明 ラベンダーの代表格でフローラルで爽やかな香り 柑橘系で清々しく爽やかさを感じさせるシトラスの香り クールで清潔感のあるウッディな香り 甘いミントベースに、ほのかにローズを感じさせる香り 濃厚な甘さを感じさせるエキゾチックな香り
4個入参考価格
¥1,364〜(2022/10/01 12:53)
¥1,364〜(2022/10/01 12:53)
¥1,191〜(2022/10/01 12:53)
¥1,364〜(2022/10/01 12:53)
¥1,382〜(2022/10/01 12:53)

タブレットは消耗品で、1つのタブレットは、15 回 (12分使用時) 使うことができます。定価は4個入で税込2,750円ですが、執筆時の実売価格の1,364円で計算すると、1回あたり23円となります。

 

EH-SA6C、3Cには真正ラベンダーのタブレットが一つ付属します。アロマディフューザーの代わりに香りをたてることができますので、アロマの香りが好きな方はぜひ試してみてくださいね。

まとめ

パナソニックのスチーマー ナノケアEH-SA6CとEH-SA3Cの違いは、EH-SA6Cにはナノイー放出機能があるということです。ナノイーを利用して、肌や髪のケアをしたい、という方にはEH-SA6Cがおすすめです。

 

[参考]

 

温感かっさEH-SP21を一緒につかうのもおすすめです。

 

以上、EH-SA6CとEH-SA3Cの3つの違い。でした。

参考

EH-SA3C

ナノサイズ
のスチーム
アロマ
ホルダー
搭載
コンパクト
アロマ
タブレット
1個付属
パナソニック スチーマー ナノケア コンパクトタイプ ゴールド調 EH-SA3C-N

EH-SA6C

ナノサイズ
のスチーム
ナノイー
アロマ
ホルダー
搭載
コンパクト
アロマ
タブレット
1個付属
パナソニック スチーマー ナノケア 2wayタイプ ゴールド調 EH-SA6C-N