ES-LV7GとES-LV7Fの1つの違い。外刃の形状。

パナソニックのメンズシェーバー ラムダッシュES-LV7GとES-LV7Fは、5枚刃のハイグレード機種です。これらはよく似ていますが、何が異なるのでしょうか。違いは1つあります。わかりやすく紹介します。

 

[参考] ラムダッシュ6枚刃・5枚刃シリーズ 各機種の性能一覧比較!

1つの違い

ES-LV7Gは、ES-LV7Fの後継機種です。ES-LV7Gは2021年発売で、ES-LV7Fは2020年発売です。

これらの違いは、外刃の形状です。他の性能や仕様は同じです。

 

ES-LV7Gでは、5枚刃のうちの一つの刃が「アゴ下トリマー刃」に変更になり、長いくせヒゲのカット率が1.5倍になりました。

アゴ下の長いヒゲが剃り残るのが気になっているという方におすすめです。

 

違いを表で比較すると次のようになります。

品番 ES-LV7G ES-LV7F
外刃中央の刃
品番 ES-LV7G ES-LV7F
発売年 2021 2020
画像     パナソニック ラムダッシュ リニア メンズシェーバー 5枚刃 茶 ES-LV7G-T パナソニック ラムダッシュ リニア メンズシェーバー 5枚刃 茶 ES-LV7F-T
参考価格 茶:
¥25,300〜(2021/09/21 22:26)
茶:
¥27,400〜(2021/09/22 10:37)
品番 ES-LV7G ES-LV7F
特徴 全自動洗浄充電器が付属。ランプによる3段階充電残量表示、電子式スイッチロックを搭載。
おすすめの方 全自動洗浄充電器は使いたいが、ディスプレイ表示や電源ロック方式にはこだわらない方におすすめ。
タイプ
DRY 充電しながら剃れる
駆動方式
リニアモーター高速駆動  約14,000ストローク/分
品番 ES-LV7G ES-LV7F
【刃】  
外刃
5枚刃
 
内刃
トリマー
品番 ES-LV7G ES-LV7F
【機能】  
ヘッド
固定/可動切替
 
刃フロート機構
コントロール
ローラー
スイッチ
洗浄
音波洗浄モード
品番 ES-LV7G ES-LV7F
【充電】  
充電方式
ACアダプター充電
表示方式
ランプ
表示/音
充電表示・完了表示
充電催促音
残量表示
充電時間
急速1時間充電
クイック
品番 ES-LV7G ES-LV7F
【その他】  
電源 AC100~240V(自動電圧切替付)
充電・交流式 
使用日数 1日1回約3分間の使用で約14日間
本体寸法 16.7×7.2×5.9 cm
本体質量 約 200 g
付属品 ポーチ、全自動洗浄充電器、専用オイル、掃除用ブラシ、専用洗浄剤1個、ACアダプター

違いについて詳しく見てみましょう。

寝たヒゲ用の刃

5枚刃のラムダッシュは、深剃りに関してはもう向上させる部分がないくらいの高い性能があります。手剃りのカミソリとほぼ変わらないくらいに深剃りできて、強く押し付けすぎると肌がヒリヒリするくらいです。

一方で、5枚刃ラムダッシュや一般的な電気シェーバーで性能が足りていないところは、ノドなどにある長く寝ているヒゲを剃り残しやすいという点です。ここ数年のラムダッシュは、この寝たヒゲ用の刃の性能向上に取り組んでいるようです。

寝たヒゲを剃る刃は5枚刃のうち、中央にある3番目の刃です。ES-LV7FとES-LV7Gは、この刃の形状が異なります。

 

2020年発売のES-LV7Fや2019年発売の5枚刃ラムダッシュには、「スリムコームスリット刃」という刃が採用されています。


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

これは2018年発売のES-LV9Dに採用されている「パワークイックスリット刃」と比べて、コームが新形状になったことにより、長いくせヒゲを「10%」多くカットできます。

 

一方で、2021年発売のES-LV7Gには、「アゴ下トリマー刃」が採用されています。


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

さらにコームが新形状になっており、長いくせヒゲのカット率は、2020年発売機種と比べ約 1.5 倍になりました。

 

2019年に1.1倍に、2021年に1.5倍にと、どんどん剃り残しが少なくなっているわけですが、具体的な数値でみると、2020年発売ES-LV9Fのカット率は17%で、2021年発売ES-LV9Uのカット率は27%ということです。

つまり、長く寝たヒゲを9割がた剃るためには、ES-LV7Fでは 約 13 回動かさなくてはならないですが、ES-LV7Gでは、約 8 回でよいということになります。(1-(1-0.17)^13 = 0.91, 1-(1-0.27)^8=0.92)

 

2021年に数値が公開されたことで、どちらの機種も思ったより剃れていないということが分かりましたが、確かにES-LV7Gのほうがよく剃れそうです。

なお、2021年には新しく6枚刃ラムダッシュが発売されましたが、6枚刃では、このアゴ下トリマー刃がもう1枚増えます。これにより、長く寝たヒゲのカット率が70%に大幅に増えるというのが6枚刃の最大のアピールポイントです。(カット率が70%に到達したことで数値を公表しても恥ずかしくないと判断されたのかもしれませんね。)

 

このように、アゴ下の長い毛の剃り残しを減らしたいという方は、ES-LV7Gのほうが剃れやすいですので、ES-LV7Gがおすすめです。

どちらがおすすめか

このように、ES-LV7GとES-LV7Fの違いは、寝たヒゲを剃る刃の形状です。ES-LV7Gでは、1.5倍長く寝たヒゲがよく剃れるようになっていますので、剃り残しが気になる方には、ES-LV7Gの方がおすすめです。

 

なお執筆時点では、発売後間もないこともありES-LV7Gの価格は、ES-LV7Fよりも高いです。

外刃だけ新しくなったなら、ES-LV7Fでも、ES-LV7Gの替刃を使えば同じになるのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、その通りです。ES-LV7Gの外刃替刃ES9181と、ES-LV7Fの外刃替刃ES9179には互換性がある、とカタログに記載されています。


(画像はパナソニックのカタログより引用。)

内刃の型番は同じです。そのため、ES-LV7Fを購入し、とりあえず外刃の交換目安の1年はそのままの刃を使い、それ以降はES-LV7Gと同じ外刃に交換して使うというのも良いと思います。

ES-LV7Gの外刃替刃は執筆時点で6,000円程度です。

ES-LV7G ラムダッシュ5枚刃 替刃 外刃のみ
ES-LV7G ラムダッシュ5枚刃 替刃 外刃と内刃のセット

 

そのため、ES-LV7Fのほうが大幅に安い場合にはES-LV7Fがおすすめで、価格が同程度であればES-LV7Gがおすすめです

 

ES-LV7GとES-LV7Fには全自動洗浄充電器が付属しており、使い終わったら充電器に入れるだけで洗浄・オイル付け・乾燥・充電ができます。5枚刃最上位機種のES-LV9Uとは、ロック方式や充電残量表示が違うだけで、剃り心地は同じです。そのため、ES-LV7GとES-LV7Fは、比較的手頃な価格で5枚刃と洗浄器を使いたいという方におすすめです。

 

価格は次のようになっています。なお、ES-LV7Fは生産終了になっていますので、ES-LV7Fが良い場合には早めに手に入れると良いでしょう。

品番 ES-LV7G ES-LV7F
発売年 2021 2020
画像     パナソニック ラムダッシュ リニア メンズシェーバー 5枚刃 茶 ES-LV7G-T パナソニック ラムダッシュ リニア メンズシェーバー 5枚刃 茶 ES-LV7F-T
参考価格 茶:
¥25,300〜(2021/09/21 22:26)
茶:
¥27,400〜(2021/09/22 10:37)
外刃中央の刃

まとめ

パナソニックのメンズシェーバー ラムダッシュ5枚刃ES-LV7GとES-LV7Fの違いは、外刃の形状です。ES-LV7Gでは新形状の外刃で長く寝たヒゲの剃り残しが減りました。外刃には互換性がありますので、ES-LV7FでもES-LV7Gと同じ外刃を、替刃として購入して使用することができます。そのため、ES-LV7Fのほうが大幅に安い場合にはES-LV7Fがおすすめで、価格が同程度であればES-LV7Gがおすすめです。

 

 

以上、ES-LV7GとES-LV7Fの1つの違い。でした。

参考

 

ラムダッシュ5枚刃 2021年モデル全自動洗浄充電器付き ES-LV7G 茶
ラムダッシュ5枚刃 2020年モデル 全自動洗浄充電器付き ES-LV7F 茶

アゴ下トリマー刃


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

新形状のコームで、従来ではとらえにくかった横方向に寝たヒゲ(3日程度伸ばした)も、効率的にすばやくカット。

長いくせヒゲのカット率は、2020年発売機種と比べ約 1.5 倍。(2020年発売ES-(C)LV9F導入率17%、2021年発売ES-(C)LV9U導入率27%。)

長い寝たヒゲのカット率10%UP*「スリムコームスリット刃」


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

新形状のコームで、従来ではとらえにくかった横方向に寝たヒゲ(3日程度伸ばした)も、効率的にすばやくカットします。

*2018年度発売ES-LV9D「パワークイックスリット刃」との比較。

リニアモーター高速駆動

緻密な駆動系制御によりラムダッシュ史上最速(約14,000ストローク/分)のリニアモーター駆動を実現。パワーロスを少なく、高速化させることで常にハイパワーをキープしながら早剃りを可能にします。

*パナソニック リニアシェーバー ラムダッシュにおいて。2020年8月3日現在。

アゴ下の寝たヒゲもとらえる「くせヒゲリフト刃」


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

寝たヒゲをすくい上げ、根元からカットします。

根元から深剃りできる「フィニッシュ刃」


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

厚さ60µm部分で肌をガードしながら41µmの薄刃部分がヒゲを根元からとらえます。

肌に密着する「マルチフィットアーク刃」


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

丸みを帯びた刃面が、肌にムリなく密着。刃のあたるすべてのポイントで深剃りできます。

鍛えて造った「鍛造刃」使用


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

焼き、鍛え、研ぎ澄ますといった、日本刀と同様の製法で鍛え抜いた強く鋭い内刃です。

硬いヒゲも鋭くスパッとカット「30°鋭角ナノエッジ内刃」


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

ヒゲを切断する内刃は摩耗に強いステンレス刃物鋼を採用し、刃先角度を30°まで鋭角化。ナノレベルまで鋭角にした内刃で硬いヒゲや太いヒゲも根元から鋭くカットします。

シャープトリマー


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

45°の鋭角刃でモミアゲそろえはもちろん、長く伸びたヒゲもしっかりカットできます。

5Dアクティブサスペンション


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

ヘッド部が前後・左右・上下に動くのに加えて、前後にスライド、ツイストまでする5Dアクティブサスペンション。

なめらかな動きで肌あたりがよく、アゴ下や首周り、頬の凹凸までしっかりと密着し、肌への負担を抑えてやさしい深剃りを実現します。

 

ラムダッシュ AI


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

ラムダッシュAIはモーターパワーを自動制御する機能で、ヒゲセンサーよりも新しい機能です。ヒゲが濃い部分ではよく剃れるようにモーターパワーをアップし、ヒゲが薄い部分では肌に優しく剃れるようにモーターパワーを抑えます。

5枚刃モデルでは1秒間に約220回、3枚刃モデルでは1秒間に約200回もヒゲの濃さを高精度にセンシングし、ほぼ同時にその濃さに応じたパワーにコントロールします。ヒゲの濃いところでは、5枚刃モデルではラムダッシュ5枚刃史上最高*のパワーでシェービングします。

*パナソニック ラムダッシュ5枚刃従来品(最大パワー時)との比較。2020年8月3日現在。

滑らかな剃り心地の2つの「スムースローラー」


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

チタンコーティングされた2つのスムースローラーが肌への摩擦を約3分の2に低減*し、肌にやさしくスムーズな剃り心地を実現します。

*2014年度発売ES-LV96と新商品ES-LV9Eとのヒゲシート上を滑らせるときの荷重比較。

スイッチロック


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

スイッチロック機能は、かんたんに設定と解除ができ、誤操作を防止します。

 

ロックするときには、電源ボタンを押し本体を動作させたのち、電源ボタンを2秒以上長押しします。すると動作が止まりロックされます。

ロック解除するときには、電源ボタンを2秒以上長押しします。解除され、本体が動き出します。

(なお、ロックがかかっていない動作停止中にボタンを長押しをすると音波洗浄モードが起動します。)

防水設計


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

防水設計(IPX7基準)なので、本体をまるごと水洗いでき*、かんたんに清潔を保てます。

「音波洗浄モード」 では、ハンドソープを泡立てて外刃を水洗いできます。

 

* 全自動洗浄充電器、充電スタンド、ACアダプターは除く。

3段階充電残量表示ランプ


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

充電残量をHIGH・MID・LOWの3段階のランプでお知らせ。LOWが点滅してから約2~3回使えます。

その他のランプは、ラムダッシュAIマーク、スイッチロックマーク、充電表示・完了マークです。

3分クイックチャージ


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

3分クイックチャージ機能は、約3分の急速充電で1回 (約3分間) 使用することができる機能です。

忙しい朝などにうっかり充電切れになっても、すぐに使えて便利です。