ES-WV61とES-WV60の2つの違い。ネット刃。

パナソニックのVIOフェリエ ES-WV61とES-WV60は、よく似ていますが何が異なるのでしょうか。違いは2つあります。わかりやすく紹介します。

 

[参考] パナソニック 除毛器フェリエ・サラシェ10モデル機能一覧比較。

2つの違い

VIOフェリエは、デリケートゾーン用電気シェーバーです。ES-WV61は2022年発売で、ES-WV60は2020年発売です。私は、ES-WV60を使っています。

 

ES-WV61では、ES-WV60と比べて、次の点が異なります。

  • ネット刃の縦幅と間口幅が大きくなった。
  • 本体色がシルバーからゴールドになった。

 

ES-WV61に付属するネット刃では、肌にあたる面積がより広くなり、太い毛もとらえやすくなりました。これにより、ES-WV60よりも素早く肌をつるつるに仕上げることができます。

 

違いを表で比較すると次のようになります。

型番 ES-WV61 ES-WV60
外観
    
パナソニック 除毛器 フェリエ VIO専用シェーバー 防水 ゴールド調 ES-WV61-N パナソニック 除毛器 フェリエ VIO専用シェーバー 防水 シルバー調 ES-WV60-S
ネット刃 縦幅2倍、開口幅アップ
本体色 ゴールド シルバー
型番 ES-WV61 ES-WV60
参考価格
¥5,300〜(2022/06/29 06:20)
¥6,000〜(2022/06/29 09:16)

違いについて詳しく見てみましょう。

ネット刃

VIOフェリエには、トリマー刃とネット刃の2種類の刃が付属しており、ヘッドを付け替えて使うことができます。

トリマー刃

トリマー刃は長い毛用のヘッドです。


VIOフェリエのトリマー刃

バリカンの刃と同じ構造をしており、長い毛でもどんどん剃ることができます。刃厚の約 0.3 mm前後まで短くできます。剃ると言っても、刃と刃で毛を挟んで切ることで、カミソリのよりも肌への負担が小さいです。

スキンガードやボリュームダウンコームアタッチメントをつけて剃れば、毛の長さを残して剃ることもできます。

ネット刃

ネット刃は、ツルツルに仕上げるときに使用する刃です。


VIOフェリエES-WV60のネット刃

男性用のひげそりシェーバーと同じ構造の刃です。メッシュのような刃(ネット刃)がついているので、約2 mm以下の短い毛しか捉えることができませんが、その代わり肌を巻き込みにくく、つるつるに剃る事ができます。カミソリよりも、埋没毛になりにくく、伸びたときにチクチクしにくいとされます。

ネット刃の変更点

ES-WV61では、この仕上げ用のネット刃が進化しました。

一つ目に、刃にあたる面積が2倍になりました。

(画像はパナソニック公式ページより引用。)

ES-WV60よりも、肌に当てる角度をあまり気にせず、スピーディーに剃ることができます。

 

2つ目に、ネットの開口幅が大きくなりました。

 

これにより、太い毛もとらえやすくなりました。

 

このようにES-WV61のネット刃は、素早く太い毛も剃りやすくなり、より便利になりました

 

なおES-WV60では、ES-WV61用の替刃を使用することはできませんので、ES-WV60をお持ちの方で、新型ネット刃が良い場合には、本体ごと買い換えることになります。

型番 ES-WV61 ES-WV60
外観
    
パナソニック 除毛器 フェリエ VIO専用シェーバー 防水 ゴールド調 ES-WV61-N パナソニック 除毛器 フェリエ VIO専用シェーバー 防水 シルバー調 ES-WV60-S
ネット刃 縦幅2倍、開口幅アップ
参考価格
¥5,300〜(2022/06/29 06:20)
¥6,000〜(2022/06/29 09:16)

本体色

ES-WV60は持ち手部分の下部はシルバー色でしたが、ES-WV61ではゴールド色になりました。

次の画像は、ES-WV60です。

パナソニック VIOシェーバー フェリエ 除毛 防水 シルバー調 ES-WV60-S

 

 

次の画像はES-WV61です。

パナソニック 除毛器 フェリエ VIO専用シェーバー 防水 ゴールド調 ES-WV61-N

 

白色をベースにしている点は同じですので、それほど違いは感じません。

 

型番 ES-WV61 ES-WV60
外観
    
パナソニック 除毛器 フェリエ VIO専用シェーバー 防水 ゴールド調 ES-WV61-N パナソニック 除毛器 フェリエ VIO専用シェーバー 防水 シルバー調 ES-WV60-S
本体色 ゴールド シルバー
参考価格
¥5,300〜(2022/06/29 06:20)
¥6,000〜(2022/06/29 09:16)

どちらがおすすめか

このように、ES-WV61ではネット刃の縦幅と間口幅が大きくなり、本体色がゴールドになりました。

そのため、ES-WV61は、より素早くツルツルに仕上げたいという方におすすめです。

 

一方で、刃厚は同じですので、ES-WV60でもネット刃の往復回数が多いだけで、仕上がりのツルツル感は同じだと思われます。ES-WV60のほうが価格が安い場合は、特に素早く仕上げたいというわけでなければ、ES-WV60もおすすめです。トリマー刃や本体のモーター性能は同じです。少なくとも私はES-WV60を不自由なく使っています。

 

ネット刃は、安全にツルツルに仕上がりますのでおすすめですよ。

 

なお、VIO用のフェリエですが、私は全身に使っています。その後、光エステでケアしています。

パナソニック光エステ 16機種の機能一覧比較!

価格と性能を表で比較

ES-WV61とES-WV60の価格と性能を表で比較すると次のようになります。

型番 ES-WV61 ES-WV60
外観
     
パナソニック 除毛器 フェリエ VIO専用シェーバー 防水 ゴールド調 ES-WV61-N パナソニック 除毛器 フェリエ VIO専用シェーバー 防水 シルバー調 ES-WV60-S
参考価格
¥5,300〜(2022/06/29 06:20)
¥6,000〜(2022/06/29 09:16)
型番 ES-WV61 ES-WV60
ネット刃 縦幅2倍、開口幅アップ
本体色 ゴールド シルバー
防水式
刃のタイプ トリマー・ネット
刃厚 約 0.3 mm (トリマー刃)
電源 単3形アルカリ乾電池1本
使用時間 40分
週2回(1回約5分間)の使用で約1カ月間使用可能
充電式電池使用
本体サイズ 高さ16.9×幅3.1×奥行2.6 cm
付属品 スキンガード・ボリュームダウンコーム

VIOフェリエ用 替刃

交換目安はネット刃の内刃は2年、外刃は1年、トリマー刃は約3年です。

ネット刃のみ替刃が販売されています。トリマー刃が傷んだら本体ごと買い替え(あるいは修理)ということになるかと思います。

ES-WV61用

パナソニック ES-WV61用 ネット刃 替刃(外刃) ES9799
パナソニック ES-WV61用 ネット刃 替刃(内刃) ES9798

ES-WV60用

パナソニック ES-WV60用 ネット刃替刃(外刃) ES9797
パナソニック ES-WV60洋 ネット刃替刃(内刃) ES9796

まとめ

パナソニックのデリケートゾーン用電気シェーバー、VIOフェリエ ES-WV61とES-WV60の違いは、ES-WV61では付属するネット刃が、よりスムーズに太い毛も剃りやすくなったということと、本体色がゴールドに変わったということです。ES-WV61は、より素早くツルツルに仕上げたいという方におすすめです。

 

パナソニック 除毛器フェリエ・サラシェ10機種の機能一覧比較。

 

以上、ES-WV61とES-WV60の2つの違い。ネット刃。でした。

参考

ES-WV61

お風呂で
使える
防水式
まるごと
水洗い
OK
ドライ
剃り
乾電池式
脱毛サロン
前の自己処理
にもおすすめ
パナソニック 除毛器 フェリエ VIO専用シェーバー 防水 ゴールド調 ES-WV61-N

ES-WV61

お風呂で
使える
防水式
まるごと
水洗い
OK
ドライ
剃り
乾電池式
脱毛サロン
前の自己処理
にもおすすめ
パナソニック 除毛器 フェリエ VIO専用シェーバー 防水 シルバー調 ES-WV60-S