F-MV1000とF-MC1000Vの違いは?

パナソニックのジアイーノは、揮発した次亜塩素酸を空間に放出することで、部屋に付着した菌やウイルスを抑制する空間除菌脱臭機です。

この2018年のエントリーモデルであるF-MV1000とF-MC1000Vは、何が異なるのでしょうか。

わかりやすく紹介します。

 

なお、次のページでは各モデルの性能比較をしていますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

ジアイーノ12モデルの一覧比較。[空間除菌脱臭機]

F-MV1000とF-MC1000Vの違い

F-MV1000とF-MC1000Vは流通経路が異なるだけで、性能に違いはありません

 

そのため、安い方のモデルを選択するとよいでしょう。

パナソニック ジアイーノ F-MV1000-W
パナソニック ジアイーノ F-MC1000V-W

2019年モデルとの違い

2019年には、後継機種としてF-MV1100やF-JX1100Vが発売されました。

F-MV1000とF-MV1100の違いはどこにあるのでしょうか。

 

次の表では、仕様の比較をしていますが、重さが0.1 kg軽くなったくらいで、大きな違いは見られません。

そのため、やはり安い方のモデルを選ぶとよいでしょう。

モデル     F-MV1000
F-MC1000V
F-MVB10
F-MV1100
F-JX1100V
F-MVB11
発売年 2018 2019
画像 パナソニック 次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 ジアイーノ ~8畳 F-MV1000-W パナソニック 次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 ジアイーノ ~9畳 ホワイト F-MV1100-W
適用床面積のめやす ~8畳(~13㎡) ~9畳(~15㎡)
特徴 2018年エントリーモデル。上位モデルより29%コンパクト。 2019年エントリーモデル。上位モデルより29%コンパクト。2018年モデルとほぼ同じ性能。
参考価格 F-MV1000:
¥158,000

F-MC1000V:
¥288,000
F-MVB10:

F-MV1100:
¥238,000

F-JX1100V:
¥167,000

F-MVB11:
¥198,000
塩タブレット自動投入機能
キャスター
運転モード 静音 | 中 | 強
運転音(約) 19 | 33 | 48dB
連続運転時間(約) 36 | 18 | 10 時間
本体外形寸法 58 × 36 × 23 (cm)
タンク容量 約1.8L
本体質量 約9.2 kg 約9.1 kg
↓付属品    
塩タブレット 約100粒入り(1年分)
 除菌フィルター 5年交換不要
保護エレメント 3年交換不要
電極ユニット 3年交換不要
防カビユニット 5年交換不要

まとめ

F-MV1000とF-MC1000Vの違いは、流通経路の違いだけで、実質的に同じモデルです。

安い方のモデルを選択するとよいでしょう。

 

以上、F-MV1000とF-MC1000Vの違いは?でした。

パナソニック ジアイーノ F-MV1000-W
パナソニック ジアイーノ F-MC1000V-W

 

次のページでは各モデルの性能比較をしていますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

ジアイーノ12モデルの一覧比較。[空間除菌脱臭機]

参考