KI-LS40とKI-JS40の1つの違い!

KI-LS40とKI-JS40はどちらもシャープのプラズマクラスター25000を搭載した加湿空気清浄機です。

この2モデルは何が異なるのでしょうか。

違いは1つあります。わかりやすく紹介します。

 

なお次のページではシャープの空気清浄機32モデルについて一覧表で比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

シャープの加湿・空気清浄機32モデルの一覧比較!

1つの違い

KI-LS40は2019年モデルで、KI-JS40は2018年モデルです。

この2モデルの違いは、無線LAN機能を搭載しているかどうかだけです。

KI-LS40には、無線LAN機能が付いています。

 

加湿と空気清浄の基本性能については同じです。

表で比較すると次のようになります。

モデル KI-LS40 KI-JS40
発売年 2019 2018
画像 シャープ 空気清浄機【加湿機能付】(空清18畳まで/加湿18畳まで ホワイト系)SHARP 「プラズマクラスター25000」搭載 KI-LS40-W シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 10畳 / 空気清浄 18畳 2018年モデル ホワイト KI-JS40-W
参考価格 ¥32,400 ¥15,000
無線LAN機能
おすすめ畳数 ~ 10 畳
フィルター 集じん・脱臭一体型フィルター(交換目安:約2年)
プレフィルター
モード 自動/強/中/静音
花粉
おやすみ
パワフル吸じん
加湿量 420 mL/h
外形寸法 (mm) 幅280×奥行260×高さ622

無線LAN機能とは

KI-LS40に搭載されている無線LAN機能を使うと、空気清浄機の様子をスマホアプリで知ることができます。

スマホアプリは「COCORO AIR」という名称で、AndroidとiOSの両方に対応しています。

 

このアプリでは、次のようなことができます。

  • 現在のニオイ・温度・湿度や、その履歴を表示でき、空気がキレイになっていく様子がわかります。
  • 運転状況を基に、フィルターなどの交換時期の目安をお知らせしてくれます。最適な時期に交換をすることで、高い空気浄化性能を維持し、空気清浄機を効果的に使うことができます。

空気清浄機本体から離れたところにいても、スマホで空気の状況がわかるのは嬉しいですね。

どちらがおすすめか?

以上のように、KI-LS40では無線LAN機能が付いており、KI-JS40には付いていません。

他の性能については同じです。

 

そのため、無線LAN機能に2つのモデルの価格差だけの価値があるか、というのが選択する際の基準になるでしょう。

 

この記事の執筆時点では、4500円程度の価格差があります。

スマホで空気の状況が確認できる機能が4500円相当ということですから、私の感覚ではやや高い気がします。

そのため、2018年モデルのKI-JS40のほうがおすすめです。

 

もちろん、スマホで温度や湿度、ニオイが記録されていくのは面白いですし、体調管理にも活用できると思います。

価格差以上の価値があると思われる方や、今後、価格差が小さくなった場合などにはKI-LS40もおすすめです。

 

どちらのモデルも、ボディがスリムにできており、小さい部屋に置いても邪魔になりにくいのが良いですよね。

シャープ KI-LS40-W
シャープ KI-JS40-W

まとめ

シャープのプラズマクラスター25000を搭載したKI-LS40とKI-JS40の違いを紹介してきました。

加湿空気清浄機の基本性能は同じですが、KI-LS40には無線LAN機能が付いており、KI-JS40には付いていません。

無線LAN機能では、スマホでニオイ・温度・湿度を確認したり、フィルターの交換時期を確認したりできます。

スマホで空気の様子を知りたいという方には、KI-LS40がおすすめです。

 

なお次のページではシャープの空気清浄機32モデルについて一覧表で比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

シャープの加湿・空気清浄機32モデルの一覧比較!

 

以上、KI-LS40とKI-JS40の1つの違い!でした。

参考

シャープ KI-LS40-W
シャープ KI-JS40-W