KI-LS50とKI-HS50の2つの違い!

KI-LS50とKI-HS50はどちらもシャープのプラズマクラスター25000を搭載した加湿空気清浄機です。

この2モデルは何が異なるのでしょうか。

違いは2つあります。わかりやすく紹介します。

 

なお次のページではシャープの空気清浄機32モデルについて一覧表で比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

シャープの加湿・空気清浄機32モデルの一覧比較!

2つの違い

KI-LS50は2019年モデルで、KI-HS50は2017年モデルです。

これらのモデルの違いは次の2点です。

  • 3段階PM2.5モニターの有無
  • みはり機能の有無

 

KI-LS50のほうが新しいモデルですが、PM2.5モニターとみはり機能がなくなりました

他の機能や、加湿と空気清浄の基本性能は同じです。

 

表で比較すると次のようになります。

モデル KI-LS50 KI-HS50
発売年 2019 2017
画像 シャープ 空気清浄機【加湿機能付】(空清23畳まで/加湿22畳まで グレー系)SHARP 「プラズマクラスター25000」搭載 KI-LS50-Hシャープ 空気清浄機【加湿機能付】(空清23畳まで/加湿22畳まで ホワイト系)SHARP 「プラズマクラスター25000」搭載 KI-LS50-W シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 13畳 / 空気清浄 23畳 ウイルス 花粉 2017年モデル グレー KI-HS50-Hシャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 13畳 / 空気清浄 23畳 ウイルス 花粉 2017年モデル ホワイト KI-HS50-W
参考価格 グレー:
¥42,500
ホワイト:
¥43,800
グレー:
¥27,480
ホワイト:
¥28,800
3段階PM2.5モニター
みはり機能
おすすめ畳数 ~ 13 畳
最大風量 5.1 ㎥/分
加湿量 550 mL/h
水タンク容量(約) 2.5 L
フィルター 静電HEPAフィルター(10年間交換不要)
ダブル脱臭フィルター(10年間交換不要)
プレフィルター/使い捨てプレフィルター
センサー 高感度ホコリ
ニオイ
温度
湿度
照度
モード 自動/強/中/静音
花粉
おやすみ
パワフルショット
効果実感
後ろルーバー自動開閉
外形寸法 (mm) 幅345×奥行262×高さ631
質量 8.9 kg
参考価格 グレー:
¥42,500
ホワイト:
¥43,800
グレー:
¥27,480
ホワイト:
¥28,800

3段階PM2.5モニターとは

KI-HS50に搭載されている3段階PM2.5モニターは、本体のモニター部にあり、部屋の空気のPM2.5量を色で表示してくれるものです。

 

PM2.5は、次のようなものにも含まれます。

  • タバコや線香などの煙
  • 調理時に発生する煙
  • 自動車などの排気ガス

 

次がKI-HS50のモニター部です。

下段の左から3つめが、PM2.5モニターです。

 

この部分はPM2.5量に応じて、次のように色が変わります。

PM2.5量が多くなると、文字が赤色になります。

モニター部の上段にある「きれいモニター」では、大きなホコリや小さなホコリ、ニオイなどの部屋の空気の総合的な汚れ具合が表示されますが、PM2.5モニターではホコリの中のPM2.5などの微小な粒子の量を表示してくれます。

KI-HS50では、PM2.5の量の目安もひと目でわかるので便利ですね。

 

一方で、KI-LS50のモニター部は次のようになっており、PM2.5モニターはなくなっています。

  

 

ただ、KI-LS50もKI-HS50も、下段右端の数値モニターで、湿度/温度/PM2.5濃度/24時間電気代のいずれか一つを数値で表示することができます。

そのため、KI-LS50でもPM2.5の量を数値モニターで表示するようにすれば、PM2.5の量を知ることはできます。

みはり機能とは

KI-HS50に搭載されている「みはり機能」とは、部屋の温度・湿度に注意が必要な状態をセンサーが検知し、ランプの色と音でお知らせする機能です。

みはり機能ON(お知らせ音あり)・みはり機能ON(お知らせ音なし)・みはり機能OFFの3種類から設定できます。

 

みはり機能には「高温・高湿みはり」と「乾燥・低温みはり」の二種類があります。

高温・高湿みはり

「高温・高湿みはり」では、高温・高湿になると、音とランプの色でお知らせをして、おまかせ運転中などの場合には加湿機能が止まります。

熱中症を防止する機能ではないということですが、補助的に使用することが想定されています。

乾燥・低温みはり

「乾燥・低温みはり」では、ウイルスの生存しやすい湿度・温度になると、音とランプの色でお知らせをして、おまかせ運転中などのときには、風量を少し強めて加湿「入」で運転を始めます。

乾燥したことを感知して、加湿機能を起動してくれるのは親切ですね。

どちらがおすすめか?

以上のように、KI-HS50には3段階PM2.5モニターとみはり機能が付いていますが、KI-LS50には付いていません。

他の性能については同じです。

 

そのため、この2つ機能に価格差だけの価値があるか、というのが選択する際の基準になるでしょう。

 

この記事の執筆時点では、KI-LS50のほうが新製品ということもあり、KI-HS50よりも高くなっています。

性能が高いKI-HS50のほうが安いため、KI-HS50のほうがおすすめです。

 

今後、KI-LS50のほうが安くなってきた場合には、KI-LS50も検討する価値も出てくるかもしれません。

 

どちらのモデルも、スマホでお部屋の空気の状況を知ることができるスマホアプリCOCORO AIRに対応しており、温度・湿度などの履歴が確認できるのが面白いと思います。

 

モデル KI-LS50 KI-HS50
3段階PM2.5モニター
みはり機能
グレー シャープ 空気清浄機【加湿機能付】(空清23畳まで/加湿22畳まで グレー系)SHARP 「プラズマクラスター25000」搭載 KI-LS50-H
¥42,500
シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 13畳 / 空気清浄 23畳 ウイルス 花粉 2018年モデル グレー KI-HS50-H
¥27,480
ホワイト シャープ 空気清浄機【加湿機能付】(空清23畳まで/加湿22畳まで ホワイト系)SHARP 「プラズマクラスター25000」搭載 KI-LS50-W
¥43,800
シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 13畳 / 空気清浄 23畳 ウイルス 花粉 2018年モデル ホワイト KI-HS50-W
¥28,800

まとめ

シャープのプラズマクラスター25000を搭載したKI-LS50とKI-HS50の違いを紹介してきました。

加湿空気清浄機の基本性能は同じですが、KI-HS50には3段階PM2.5モニターとみはり機能が付いており、KI-LS50には付いていません。

KI-HS50のほうが前のモデルですが、性能がよく、執筆時点では安くなっていますのでおすすめです。

 

なお次のページではシャープの空気清浄機32モデルについて一覧表で比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

シャープの加湿・空気清浄機32モデルの一覧比較!

 

以上、KI-LS50とKI-HS50の2つの違い!でした。

参考

モデル KI-LS50 KI-HS50
グレー シャープ 空気清浄機【加湿機能付】(空清23畳まで/加湿22畳まで グレー系)SHARP 「プラズマクラスター25000」搭載 KI-LS50-H
¥42,500
シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 13畳 / 空気清浄 23畳 ウイルス 花粉 2018年モデル グレー KI-HS50-H
¥27,480
ホワイト シャープ 空気清浄機【加湿機能付】(空清23畳まで/加湿22畳まで ホワイト系)SHARP 「プラズマクラスター25000」搭載 KI-LS50-W
¥43,800
シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 ハイグレード 13畳 / 空気清浄 23畳 ウイルス 花粉 2018年モデル ホワイト KI-HS50-W
¥28,800