KI-PS40とKI-NS40の違いは? [プラズマクラスター25000]

KI-PS40とKI-NS40はどちらもシャープのプラズマクラスター25000を搭載したスリムな加湿空気清浄機です。この2つはよく似ていますが、何が異なるのでしょうか。わかりやすく紹介します。

 

[参考記事] 空気清浄機 KI-NS40とKI-LS40の1つの違い!無線LAN機能。

KI-PS40とKI-NS40の違い

KI-PS40は、KI-NS40の後継機種です。KI-PS40は2021年12月発売で、KI-NS40は2020年9月発売です。

 

KI-PS40とKI-NS40の、性能や主な仕様には違いがありません

同じ製品でも型番を変えることで、新モデルとして販売でき、下落した価格をリセットできる、というメーカーにとってのメリットがあります。

 

そのため、価格が安い方の機種を選ぶのがおすすめです。

価格と性能を表で比較すると次のようになります。

型番 KI-PS40 KI-NS40
発売年月 2021/12 2020/9
外観
     
シャープ 空気清浄機【加湿機能付】(空清18畳まで/加湿18畳まで ホワイト系)SHARP 「プラズマクラスター25000」搭載 KI-PS40-W
参考価格 ¥35,800〜(2022/01/31 10:30) ¥23,500〜(2022/01/31 10:30)
型番 KI-PS40 KI-NS40
加湿量
最大 420 mL/h
給水トレー 約 2.0 L
最大風量 4.0 ㎥/分
8畳の部屋の清浄時間 15 分
プラズマクラスター・適用床面積
プラズマクラスター25000
約 10 畳 (約 17 ㎡)
フィルター浄化 集じん・脱臭一体型フィルター(交換目安:約2年)
抗菌・防カビホコリブロックプレフィルター
吹出口
前後 手動ルーバー
気流 スピード循環気流
運転
パワフル吸じん
おやすみ/花粉
風量 強・中・静音
センサー 3つ
ニオイ・温度・湿度
モニター きれいモニター
3段階湿度モニター
使い勝手 Ag+イオンカートリッジ
外形寸法 幅280×奥行260×高さ622 (mm)
質量 約 6.7 kg

どちらがおすすめか?

KI-PS40とKI-NS40の性能は同じですが、執筆時点ではKI-PS40は発売されたばかりということもあり、価格はKI-NS40よりも1万円程度高いです。そのため、KI-NS40のほうがおすすめです。

 

どちらの機種も、横幅がスリムで、ワンルームや寝室に置いても邪魔になりにくいのが魅力です。

ワンルームや寝室でも、プラズマクラスター25000で空気清浄をしたいという方におすすめの機種です。

 

なお、KI-NS40は生産終了となっていますので、早めに手に入れると良いでしょう。

型番 KI-PS40 KI-NS40
発売年月 2021/12 2020/9
外観
     
シャープ 空気清浄機【加湿機能付】(空清18畳まで/加湿18畳まで ホワイト系)SHARP 「プラズマクラスター25000」搭載 KI-PS40-W
参考価格 ¥35,800〜(2022/01/31 10:30) ¥23,500〜(2022/01/31 10:30)

まとめ

シャープのプラズマクラスター25000を搭載したKI-PS40とKI-NS40の違いを紹介しました。KI-PS40では性能や本体デザインに変更はなく、型番だけ変更になりました。執筆時点ではKI-NS40のほうが安いですので、KI-NS40を選ぶのがおすすめです。

 

以上、KI-PS40とKI-NS40の違いは?でした。

 

[参考記事]

参考

KI-PS40

プラズマ
クラスター
25000
空気清浄
適用床面積
~18 畳
加湿量
420
mL/h
パワフル
吸じん
2つの
フィルター
スピード
循環気流
3つの
センサー
シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 10畳 / 空気清浄 18畳 ホワイト KI-PS40-W
  • シャープ(SHARP)

KI-NS40

シャープ 空気清浄機【加湿機能付】(空清18畳まで/加湿18畳まで ホワイト系)SHARP 「プラズマクラスター25000」搭載 KI-PS40-W

プラズマ
クラスター
25000
空気清浄
適用床面積
~18 畳
加湿量
420
mL/h
パワフル
吸じん
2つの
フィルター
スピード
循環気流
3つの
センサー
シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 25000 10畳 / 空気清浄 18畳 ホワイト KI-NS40-W
  • シャープ(SHARP)