MK-K82とMK-K62の1つの違い。スライス・千切りカッター。

パナソニックのフードプロセッサー 2022年モデルMK-K82とMK-K62はよく似ていますが、何が異なるのでしょうか。違いは1つあります。わかりやすく紹介します。

1つの違い

MK-K82とMK-K62は、どちらもパナソニックのフードプロセッサーの2022年発売モデルです。

2022年発売モデルには、MK-K82、MK-K62、MK-K32の3種類があります。このうち、MK-K82が最上位機種で、MK-K62が中級機種です。

 

上位機種のMK-K82は、MK-K62と比べて次の点が異なります。

  • スライス・せん切りカッターが付属する。

 

MK-K82とMK-K62の本体性能は同じです。違いは付属品だけで、MK-K82にはカッターが一種類多く付属し、玉ねぎのスライスや、人参の千切りも作ることができます。

 

スライスや千切りもしたいという方にはMK-K82がおすすめで、きざむ・する・まぜる・おろすだけできれば良い方にはMK-K62がおすすめです。

 

違いを表で比較すると、次のようになります。

型番 上位機種
MK-K82
中級機種
MK-K62
発売年 2022 2022
外観
    
パナソニック フードプロセッサー 1台7役(きざむ・する・混ぜる・おろす・粗おろし・スライス・千切り) 食洗機対応 離乳食 MK-K82-W パナソニック フードプロセッサー 1台5役(きざむ・すりつぶす・混ぜる・おろす・粗おろし) 食洗機対応 離乳食 MK-K62-W
付属カッター
ナイフカッター
おろし・とろろカッター
鬼おろしカッター
スライス・せん切りカッター
ナイフカッター
おろし・とろろカッター
鬼おろしカッター
型番 上位機種
MK-K82
中級機種
MK-K62
参考価格
¥14,091〜(2022/10/02 02:28)
¥12,569〜(2022/10/02 14:46)

違いについて、詳しく見てみましょう。

付属カッター

どちらの機種も、次の3種類のカッターは付属します。

  • ナイフカッター
  • おろし・とろろカッター
  • 鬼おろしカッター

さらにMK-K82には、スライス・千切りカッターも付属します。

 

表にすると次のようになります。

カッター種類 できること 上位機種
MK-K82
中級機種
MK-K62
 ナイフカッター
おろし・とろろカッター
鬼おろしカッター
 
スライス・せん切りカッター
− (別売)

 

スライス・せん切りカッターでは、例えば次のような野菜をカットすることができます。

  • スライス: きゅうり、じゃがいも、たまねぎ、にんじん
  • せん切り: 大根、じゃがいも、にんじん、きゅうり、キャベツ

 

きゅうり・玉ねぎのスライスや、人参・キャベツの千切りは、サラダに最適ですね。にんじんを大量にスライスして、にんじんシリシリを作るのもおすすめです。

 

 

 

スライスや千切りをする料理は多く、料理の幅が大きく広がるため、MK-K82のほうがおすすめです。

 

MK-K62でも別売りのスライス・千切りカッターセットを購入することで、MK-K82と同等になります。しかし、定価が8,250円 (税込)もすることと、入手性が悪いことから、はじめからセットになっているMK-K82を購入するほうがよいでしょう。

フードプロセッサー MK-K62用 スライス・千切りカッターセット
  • パナソニック

 

型番 上位機種
MK-K82
中級機種
MK-K62
付属カッター
ナイフカッター
おろし・とろろカッター
鬼おろしカッター
スライス・せん切りカッター
ナイフカッター
おろし・とろろカッター
鬼おろしカッター

どちらがおすすめか

このように、MK-K82とMK-K62は本体性能は同じですが、MK-K82ではスライス・千切りカッターも付属するため、スライス・千切りもできる点が異なります。

こんな方にはMK-K82がおすすめ

 

  • スライス・千切りもしたい!
パナソニック フードプロセッサー 1台7役(きざむ・する・混ぜる・おろす・粗おろし・スライス・千切り) 食洗機対応 離乳食 MK-K82-W

こんな方にはMK-K62がおすすめ

 

  • スライス・千切りはしない、あるいは、別の手動スライサーを使う。
パナソニック フードプロセッサー 1台5役(きざむ・すりつぶす・混ぜる・おろす・粗おろし) 食洗機対応 離乳食 MK-K62-W

 

どちらの機種も基本性能は同等で、玉ねぎのみじん切りや肉のミンチをスピーディに行うことができます。またカッターの種類を交換することで、おろす、粗くおろすこともできます。包丁では手間のかかる作業を代わりに行ってくれますので、食事の準備を時短したいという方におすすめです。

 

フードプロセッサーは大家族であるとか、作り置きをしたいとかで、一度に食材を大量にカットしたいという方に向いています。一方で、1~2食分だけなら、手動スライサーも場所をとらず、洗うのが簡単なため、検討してみてもよいでしょう。

貝印 KAI 調理器セット SELECT100 DH3027

価格と機能を表で比較

MK-K82とMK-K62の価格と機能を表で比較すると次のようになります。

型番 上位機種
MK-K82
中級機種
MK-K62
発売年 2022 2022
外観
    
パナソニック フードプロセッサー 1台7役(きざむ・する・混ぜる・おろす・粗おろし・スライス・千切り) 食洗機対応 離乳食 MK-K82-W パナソニック フードプロセッサー 1台5役(きざむ・すりつぶす・混ぜる・おろす・粗おろし) 食洗機対応 離乳食 MK-K62-W
参考価格
¥14,091〜(2022/10/02 02:28)
¥12,569〜(2022/10/02 14:46)
型番 MK-K82 MK-K62
【 付属アタッチメント】  
 ナイフカッター
おろし・とろろカッター
鬼おろしカッター
 
スライス・せん切りカッター
型番 MK-K82 MK-K62
【できる機能】  
きざむ・する・まぜる


おろす
粗くおろす
スライス・せん切り

型番 MK-K82 MK-K62
【その他】  
食洗機対応
ガラス容器
モーター保護装置
コードリール
消費電力(約) 170 W 170 W
大きさ(本体約)幅x奥行x高さ 23.4cm×15.8cm×20.9cm 23.4cm×15.8cm×20.9cm
質量(約) 2.7 kg 2.7 kg
型番 MK-K82 MK-K62
参考価格
¥14,091〜(2022/10/02 02:28)
¥12,569〜(2022/10/02 14:46)

まとめ

パナソニックのフードプロセッサー最上位機種MK-K82と、中級機種MK-K62の違いは、MK-K82にはスライス・千切りカッターが付属するということだけです。スライスや千切りもしたいという方はMK-K82がおすすめです。

 

以上、MK-K82とMK-K62の1つの違い。でした。

参考

MK-K82

 

パナソニック フードプロセッサー 1台7役(きざむ・する・混ぜる・おろす・粗おろし・スライス・千切り) 食洗機対応 離乳食 MK-K82-W

MK-K62

 

パナソニック フードプロセッサー 1台5役(きざむ・すりつぶす・混ぜる・おろす・粗おろし) 食洗機対応 離乳食 MK-K62-W