PV-BH900GとPV-BH500Gの2つの違い!付属品と本体色。

日立のコードレス式スティッククリーナー、パワーブーストサイクロンPV-BH900GとPV-BH500Gは何が異なるのでしょうか。

違いは2つあります。わかりやすく紹介します。

2つの違い

PV-BH900GとPV-BH500Gは、本体の性能は同じです。

違いは、付属品と本体色の2つです。

PV-BH900G
PV-BH500G

付属品の違い

上位モデルであるPV-BH900Gは、2種類の吸口でPV-BH500Gよりも高性能品が付属しており、ほかに3種類の付属品が多く付属します。

(PV-BH900Gでは、さらにスタンド式充電台が付属します)

付属品の違いについて、詳しく見ていきましょう。

PV-BH900Gでは高性能となる付属品2種

次のようにPV-BH500Gでは「ふとん用吸口」と「すき間用吸口」が付属しますが、PV-BH900Gではその代わりに高性能の「ミニパワーヘッド」と「2WAYすき間ブラシ」が付属します。

モデル名 PV-BH900G PV-BH500G
ミニヘッド ミニパワーヘッド

8,000円
ふとん用吸口

2,600円
すき間用 2WAYすき間ブラシ

3,000円
すき間用吸口

300円

(ここに記載してある価格は、別売り部品として購入する場合の希望小売価格(税別)です。)

どちらのモデルを持っていても、別売り部品として一つずつ購入することができます。

ふとん用吸口

PV-BH500Gに付属する、ふとん用吸口は、ふとん掃除専用の吸口です。

ふとんを傷めず、ダニのふんや死がい・ほこり・糸くずなどを吸い取ることができます。

ミニパワーヘッド

一方のPV-BH900Gに付属するミニパワーヘッドは、ヘッドに回転するブラシが入っています。

ソファや車のシート、ふとんに使えるコンパクトな吸込ヘッドです。

ソファや車のシートを掃除したいという方は、標準のパワーヘッドでは大きくて掃除しにくいですので、ミニパワーヘッドがあると便利です。

すき間用吸口

すき間ブラシについては、PV-BH500Gの「すき間用吸口」はほかの掃除機の付属品でもよく見かける、狭いすき間や隅をお掃除する吸口です。

お部屋の隅の掃除や、ソファーの隅などの掃除に便利です。

2WAYすき間ブラシ

PV-BH900Gでは、先端ブラシのありなしを選ぶことができる「2WAYすき間ブラシ」が付属します。

先端ブラシでサッとお掃除できますし、ワンタッチで先端ブラシを後ろに移動して、ブラシなしのすき間吸口に切り替えることができます。

本棚やすき間のお掃除に便利です。

 

2WAYすき間ブラシには、ブラシがついており長さも長いので、ほこりのたまりやすい家具の間の掃除には、すき間用吸口よりも有利でしょう。

PV-BH900Gにのみ付属するもの

次の3種類の付属品は、PV-BH900Gにのみ付属します。

  • ほうきブラシ
  • スマートホース
  • スタンド式充電台

ほうきブラシ


3,800円

PV-BH900Gに付属するほうきブラシは、ほうきのようなブラシと細いチューブが組み合わせられた、サッシの溝などのお掃除に便利なブラシです。

お掃除する 場所に合わせ、ブラシの角度を変えられるようになっています。

スマートホース


6,400円

スマートホースは、キャニスター型の掃除機にも付属しているようなホースです。

ほうきブラシと組み合わせて、エアコンやカーテンレールなど高い場所を掃除するときに便利です。

スタンド式充電台


7,000円

スタンド式充電台は、掃除機のスタンドと、充電器が一体となったものです。

スタンドがないと掃除機を壁に立てかけておくことになりますが、それでは倒れたりする心配がありますので、スタンドがあると安心です。

 

また、掃除のはじめと終わりにACアダプターのコネクタを、本体から抜いたり本体に差したりする必要がなくなりますので、とても便利です。

スティッククリーナーの良いところは、さっと取り出して掃除できることだと思いますが、コネクタの抜き差しの手間がなくなると、さらにスムーズに掃除機を使えます。

このスタンド式充電台が付属するだけでも、PV-BH900Gを選ぶ価値があると思います。

どちらのモデルにも付属するもの

次の付属品はどちらのモデルにも付属します。

パワフルスマート
ヘッド
ハンディブラシ
延長パイプ
ACアダプター  
お手入れブラシ
400円
 

付属品のまとめ

まとめるとPV-BH900Gでは、ミニヘッドとすき間用吸口が高性能品となり、さらにスタンド式充電台・ほうきブラシ・スマートホースが付属します。

 

PV-BH900Gは、車のシート・ソファ、家具のすき間、エアコンやカーテンレールなどの高い場所なども効率よく掃除したいという方や、使用するたびにACコネクタを抜き差しする必要のないスタンドがほしいという方におすすめのモデルです。

本体色の違い

PV-BH900Gは、シャンパンゴールドとルビーレッドの二色展開で、PV-BH500Gは、ホワイトの一色展開です。

PV-BH900G シャンパンゴールド

 

日立 サイクロン式スティッククリーナー充電式 自走パワーブラシタイプシャンパンゴールド【掃除機】HITACHI パワーブーストサイクロン PV-BH900G-N

シャンパンゴールドは高級感のある色です。

PV-BH900G ルビーレッド

日立 サイクロン式スティッククリーナー充電式 自走パワーブラシタイプルビーレッド【掃除機】HITACHI パワーブーストサイクロン PV-BH900G-R

ルビーレッドは元気な感じのする色です。

PV-BH500G ホワイト

日立 サイクロン式スティッククリーナー充電式 自走パワーブラシタイプホワイト【掃除機】HITACHI パワーブーストサイクロン PV-BH500G-W

ホワイトは、シンプルで飽きのこない色で、こちらも良さそうです。

どちらがおすすめか?

それぞれのモデルの価格は次のようになっています。

モデル名 PV-BH900G PV-BH500G
画像 日立 サイクロン式スティッククリーナー充電式 自走パワーブラシタイプシャンパンゴールド【掃除機】HITACHI パワーブーストサイクロン PV-BH900G-N日立 サイクロン式スティッククリーナー充電式 自走パワーブラシタイプルビーレッド【掃除機】HITACHI パワーブーストサイクロン PV-BH900G-R 日立 サイクロン式スティッククリーナー充電式 自走パワーブラシタイプホワイト【掃除機】HITACHI パワーブーストサイクロン PV-BH500G-W
参考価格 シャンパンゴールド: ¥59,700
ルビーレッド: ¥39,000
ホワイト: ¥34,800

 

執筆時点ではPV-BH900Gのほうがずっと価格が高いですが、付属品が多く付きます。

PV-BH900Gの付属品の、別売り部品としての価格は次のようになります。

  • ミニパワーヘッド 8,000円
  • 2WAYすき間ブラシ 3,000円
  • ほうきブラシ 3,800円
  • スマートホース 6,400円
  • スタンド式充電台 7,000円

合計すると、28,200円です。

 

一方で、PV-BH500Gに付属するものは、次のものです。

  • ふとん用吸口 2,600円
  • すき間用吸口 300円

合計すると、2,900円です。

 

すると、PV-BH900GとPV-BH500Gの付属品の差額は、25,300円分となります。

価格差はこれよりも小さいため、付属品を活用する場合には、PV-BH900Gの方がお得感があります。

PV-BH900Gには様々な吸い込み口が付属するので、車のシート・ソファ、家具のすき間や、エアコンやカーテンレールなどの高い場所なども効率よく掃除することができます。

また特にスタンド式充電台があると、さっと掃除機を取り出して掃除をするのが楽になりますので、PV-BH900Gがおすすめです

 

しかし、PV-BH900GとPV-BH500Gでは、本体性能は同じです。

付属品の違いにPV-BH900GとPV-BH500Gの価格差だけの価値を感じないという方は、PV-BH500Gでも良いでしょう。

付属品は別売り部品として買うことができますので、とりあえずPV-BH500Gを購入して使ってみて、あったらよいと思う付属品だけ後で追加で買うという方法もあります

 

迷うところですが、スタンド式充電台が欲しいという方にはPV-BH900Gがおすすめで、ACコネクタの抜き差しの手間が気にならないという方にはPV-BH500Gがおすすめです。

どちらのモデルを選ぶにしても、1万円台の充電式スティック掃除機よりもパワーがある「パワーブーストサイクロン」ですので、掃除は捗ると思います。

PV-BH900G シャンパンゴールド
PV-BH900G ルビーレッド
PV-BH500G ホワイト

まとめ

日立のコードレス式スティッククリーナーPV-BH900GとPV-BH500Gの違いについて紹介してきました。

本体性能は同じですが、PV-BH900Gには様々な吸い込み口やホースが付属し、スタンド式充電台も付属します。

 

効率よく掃除をしたいという方にはPV-BH900Gがおすすめです。

一方で、付属品に価格差ほどの価値を感じないという方や、低価格のスティッククリーナーよりも吸い込みパワーがあれば十分という方には、PV-BH500Gがおすすめです。

 

以上、PV-BH900GとPV-BH500Gの2つの違い!でした。