PV-BL30KとPV-BL3Jの5つの違い。バッテリー交換可か軽さか。

日立のコードレス式スティッククリーナー、パワかるスティックPV-BL30KとラクかるスティックPV-BL3Jは何が異なるのでしょうか。違いは5つあります。わかりやすく紹介します。

 

次の記事では、日立のコードレスクリーナー各機種の性能を比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

[参考] 日立のコードレスクリーナー 各機種の機能を詳細比較。

5つの違い

PV-BL30Kは、PV-BL3Jと比べて発売年が新しく、吸引力のある機種です。

  • PV-BL30K : 2022年10月発売、パワかるスティック
  • PV-BL3J   : 2021年11月発売、ラクかるスティック

 

具体的にPV-BL30Kが、PV-BL3Jと比べて異なる点は次の通りです。

  • 吸引力が大きい。ジェット3Dファンモーターを採用し、バッテリー電圧が高い。
  • スティック時重量が約 0.3 kg、2割ほど重い。
  • 標準モードでの連続使用時間が10分長い。充電時間は約 1.5 時間短い。バッテリー交換を自分で行える。
  • スマートヘッドのLEDライト数が多く明るい。奥行きは、2.5 cm大きい。
  • 付属ツールでは、ファブリックヘッドが付属するが、2WAYすき間ブラシは付属しない。

 

このように、PV-BL30Kは軽さだけでなくパワーも考慮した機種で、PV-BL3Jは軽さを特に重視した機種です。

 

私はPV-BL30Kに似た重さの旧式ラクかるスティックを使っていますが、少し重くて疲れるな、と思うこともあります。そのため、気軽に掃除できることを重視する方にはPV-BL3Jがおすすめです。

一方で、2LDKより広い部屋を一度に掃除したいとか、メンテナンスをしながら3~6年よりも長い期間使いたいという場合は、バッテリー交換のできるPV-BL30Kのほうがおすすめです。

 

違いを表で比較すると、次のようになります。

シリーズ パワかるスティック ラクかるスティック
型番 PV-BL30K PV-BL3J
発売年月 2022/10 2021/11
外観
      
日立 ラクかるスティック PV-BL3J
ファンモーター
ジェット3Dファンモーター
ハイパワー3Dファンモーター
バッテリー
カセット式(交換可能)
21.6 V リチウムイオン電池
2,500 mAh
内蔵式
18.0 V リチウムイオン電池
2,500 mAh
連続使用時間
強: 約 8 分
標準: 約 40 分
強: 約 8 分
標準: 約 30 分
充電時間
約 2 時間
約 3.5 時間
標準質量
1.4 kg (本体 0.97 kg)
1.1 kg (本体 0.80 kg)
スティック時サイズ 230 × 230 × 1,010 mm
205 × 230 × 994 mm
LEDライト
7灯
5灯
ほか付属品
ハンディブラシ
すき間用吸口
ファブリックヘッド
延長パイプ
ACアダプター
お手入れブラシ
ハンディブラシ
2WAYすき間ブラシ
 
延長パイプ
ACアダプター
お手入れブラシ
参考価格 ¥75,800〜(2022/10/27 11:28)
¥36,432〜(2022/12/08 15:20)

違いについて詳しく見てみましょう。

吸引力

掃除機の性能で気になるのは吸引力です。吸引力は、ファンモーターとバッテリー電圧によって決まります。

ファンモーター

PV-BL30Kは「ジェット3Dファンモーター」を、PV-BL3Jは「ハイパワー3Dファンモーター」を搭載しており、PV-BL30Kのほうがファンモーターの性能がよいです。

 

PV-BL30Kのジェット3Dファンモーターは次のようなものです。


(画像は日立公式ページより引用。)

 

PV-BL3Jのハイパワー3Dファンモーターは次のようなものです。


(画像は日立公式ページより引用。)

どちらも、ファンが三次元形状(斜流ファン)になっており、後方の固定翼と併せて空気の流れを効率よく制御します。固定翼はPV-BL30Kのほうが少し大きく作られています。

モーターには「極異方4極マグネット」が採用されています。PV-BL30Kでは素材に銅版を使用し強度を高めた構造にすることで高速回転を可能にしていますが、PV-BL3Jでは、素材にアルミを使用することで小型軽量を実現しています。

同じ電圧で動作させたとき、PV-BL30Kのファンモーターの方が吸引風量が10%大きいです。

(2020年度モデルPV-BL30H:約1.03 m3/min、PV-BL50J:約1.14 m3/min)

 

日立はモーターやファンについては技術力があり、自前でほかメーカーよりも良いものを設計できます。そのため生活家電の中で、モーターが重要となるコードレスクリーナーや洗濯機については日立製品が優れておりおすすめです。

バッテリー電圧

モーターを駆動するバッテリー電圧は、PV-BL30Kの方が高いです

 

PV-BL30Kが 6セル21.6 Vのリチウムイオン電池を、PV-BL3Jが 5セル18.0 Vリチウムイオン電池を搭載しています。

 

剛性の高いモーターを搭載し、バッテリー電圧の高いPV-BL30Kの方が吸引力が強いですので、吸引力を特に重視する場合には、PV-BL30Kがおすすめです。

 

ただPV-BL30Kは、ファンモーターで10%風量が多く、電圧が20%高いというくらいですので、総合的な吸引力では数十パーセント強いというくらいでしょう。床素材がフローリングやジョイントマットであれば、このくらいの違いはそれほど気にしなくても良いと思います。

 

型番 PV-BL30K PV-BL3J
ファンモーター
ジェット3Dファンモーター
ハイパワー3Dファンモーター
バッテリー
カセット式(交換可能)
21.6 V リチウムイオン電池
2,500 mAh
内蔵式
18.0 V リチウムイオン電池
2,500 mAh
参考価格 ¥75,800〜(2022/10/27 11:28)
¥36,432〜(2022/12/08 15:20)

重さ


(画像は日立公式ページより引用。)

ハンディ時の重さ

ハンディ時の重さ(本体の重さ)は、PV-BL30Kが約 0.97 kg、PV-BL3Jが約 0.80 kgで、PV-BL3Jのほうが約 170 g軽いです。

本体質量の半分ほどはバッテリーが占めるとされますので、この重さの違いはほぼバッテリーによるものと推測されます。

どちらの機種も、バッテリーを軽くする技術が見つからない限りは、これ以上は軽くしようがないくらい軽いですね。

スティック時の重さ

本体に延長パイプとパワーヘッドをつけたスティック時の重さは、PV-BL30Kが約 1.4 kg、PV-BL3Jが約 1.1 kgで、PV-BL3Jのほうが約 300 g軽いです。PV-BL3Jはパワーヘッドも軽いため、スティック時で比較するとより重量差があります。延長パイプは、どちらの機種もトポロジー最適化という技術で、部分的に肉薄化して強度を保ちながら軽量化されています。

 

私はスティック時に約 1.3 kgのらくかるスティックを使っており、十分軽いと思いますが、8分ほど掃除すると手が疲れたなと思うこともあります。そのため、軽さを特に重視する場合にはより軽いPV-BL3Jが良いでしょう。

どちらの機種も、他メーカーのスティック掃除機と比べればとても軽いです。本体が軽いと掃除が苦にならず、ゴミを見つけた時にさっと掃除できるのでおすすめです。

 

なお、サイズはほぼ同じですが、PV-BL3Jのほうがヘッドの前後(奥行き)が2.5 cmスリムです。

 

型番 PV-BL30K PV-BL3J
標準質量
1.4 kg (本体 0.97 kg)
1.1 kg (本体 0.80 kg)
スティック時サイズ 230 × 230 × 1,010 mm
205 × 230 × 994 mm
参考価格 ¥75,800〜(2022/10/27 11:28)
¥36,432〜(2022/12/08 15:20)

バッテリー

連続使用時間

強モードでの連続使用時間は、どちらの機種も約 8 分ですが、標準モードでの連続使用時間は、PV-BL30Kが約 40 分、PV-BL3Jが約 30 分です。PV-BL30Kの方が10分長く使用できます。

 

とはいえ、標準モードで使った場合はPV-BL3Jの30 分でも十分な時間があります。また、標準モードは吸引力がかなり弱いですので基本的には強モードで掃除するのがおすすめです。そのため、標準モードの使用時間の差は気にしなくても良いでしょう

 

強モードではどちらも約 8 分です。2LDKの部屋ならさっと掃除して丁度終わるくらいです。2階にも部屋があるなどでより広い部屋を一度に掃除したい場合は、別売りバッテリーを追加できるPV-BL30Kのほうが良いかもしれません。

充電時間

充電時間はPV-BL30Kの方が短いです。

  • PV-BL3J: 約 3.5 時間
  • PV-BL30K: 約 2 時間

ただ、2時間というのはまだ長く、実用上の違いはあまりありません。

 

充電時間は、バッテリーを使い切ったあと、また使えるようになるまでの時間です。

もしバッテリーを使い切ったあと、もう何部屋か掃除したい場合は、次の掃除まで2時間または3.5時間待つのは現実的ではないですから、別売りの交換用バッテリーを購入したほうがよさそうです。

あるいはバッテリーを使い切ったあと、お菓子をこぼしたとか、夕飯の準備で粉ものが床に落ちたいうときに掃除機をちょっと使いたい場合があります。そのときは10秒くらい稼働すれば十分ですから、どちらの機種でも少しの充電時間で動いてくれます。

30分くらいで急速充電ができるようになればよいのですが、急速充電はバッテリーの寿命が縮まるので、このあたりがバランスのよい充電時間ということなのでしょう。

 

そのため充電時間の違いについては、気にしなくてもよいでしょう。

バッテリー交換

PV-BL30Kのバッテリーは、ユーザー自身で交換可能なカセット式です。バッテリー交換にドライバーはいらず、レバーを動かしてカチッと簡単に取り外すことができます。交換用バッテリーを購入すれば、より長い時間使用することができます。ただ、バッテリーは本体に取り付けないと充電できないため、充電の手間はかかります。価格は11000円前後します。

PV-BL30K用 交換用バッテリー
PV-BL30K用 交換用バッテリー
  • 日立

[参考] 日立PV-BL30Kの交換用バッテリー型番

 

PV-BL3Jは、ユーザーではバッテリー交換ができません。

バッテリー寿命

約 1100 回の充放電がバッテリー寿命の目安です。毎日バッテリーを使い切ったとして約 3 年、2日に1回で約 6 年です。

PV-BL3Jでバッテリーを交換したい場合は、修理窓口に送って交換してもらうことになりますが、1.5~2万円程度と費用が多くかかります。

 

3~6年経っても、バッテリーやフィルターなどを交換して使い続けたい場合はPV-BL30Kのほうが良いでしょう。

PV-BL3Jの場合はバッテリーやフィルターの交換をすると、値下がりした新品価格と同じくらいの費用がかかりますので、買い換えるほうがおすすめです。

 

型番 PV-BL30K PV-BL3J
バッテリー
カセット式(交換可能)
内蔵式
連続使用時間
強: 約 8 分
標準: 約 40 分
強: 約 8 分
標準: 約 30 分
充電時間
約 2 時間
約 3.5 時間
参考価格 ¥75,800〜(2022/10/27 11:28)
¥36,432〜(2022/12/08 15:20)

ヘッドのLEDライト

どちらの機種も、パワーヘッドに緑色と白色のLEDライトを搭載しており、掃除中は床が照らされてゴミやホコリがみやすくなります。

次の画像は、左側がLEDライトを付ける前、右側が運転ONでLEDライトが付いた状態を表しています。


(画像は日立公式ページより引用。)

明るい部屋でも、左のライトなしだとホコリがあることがわかりにくいですが、右側のライトありだとゴミが浮かび上がって見えます。

 

このLEDライトは、「購入前にはいらないと思っていたけれど、使ってみると便利」という口コミが多いです。私もLEDライト付きの機種を使っていますが、電灯をつけた部屋でも床面が照らされることでゴミがはっきり見えるようになり、掃除のし残しを防ぐことができています。

 

PV-BL30Kは全部で7灯のLEDを搭載しており、PV-BL3Jは5灯のLEDを搭載しています。

PV-BL30Kのほうが少しライトが明るいです。

 

型番 PV-BL30K PV-BL3J
LEDライト
7灯
5灯
参考価格 ¥75,800〜(2022/10/27 11:28)
¥36,432〜(2022/12/08 15:20)

付属ブラシ・ノズル

付属ツールについてPV-BL30Kには、次のハンディブラシ、すき間用吸口、ファブリックヘッドが付属します。

 

PV-BL2Hでは、次のハンディブラシ、2WAYすき間ブラシが付属します。

 

PV-BL30Kには「ファブリックヘッド」が付属し、PV-BL3Jには「2WAYすき間ブラシ」が付属するのが特徴です。

ファブリックヘッド

PV-BL30Kの「ファブリックヘッド」は、ふとんやソファのごみをきれいにできます。


(画像は日立公式ページより引用。)

 

ファブリックヘッドは、通常のヘッドよりも布が吸い込まれにくく、ふとんやソファを掃除しやすいです。

PV-BL3Jでも、ファブリックヘッドはオプションで購入して(税込2,640円)使用することもできます。

ファブリックヘッド
  • 日立

2WAYすき間ブラシ

PV-BL3Jの「2WAYすき間ブラシ」は、家具のすき間や部屋の隅の掃除に向いたツールです。ブラシ部分を前後させることで、ブラシの有無を選ぶことができます。

 

PV-BL30Kに付属する「すき間用吸口」はキャニスター掃除機によく付属しているタイプの短い吸口です。

 

2WAYすき間ブラシの方が柄が長いので、隙間の奥まで掃除しやすいです。私も使用していますが、長い分、深くかがみこまなくてもよいのがいいと思います。

 

型番 PV-BL30K PV-BL3J
ほか付属品
ハンディブラシ
すき間用吸口
ファブリックヘッド
延長パイプ
ACアダプター
お手入れブラシ
ハンディブラシ
2WAYすき間ブラシ
 
延長パイプ
ACアダプター
お手入れブラシ
参考価格 ¥75,800〜(2022/10/27 11:28)
¥36,432〜(2022/12/08 15:20)

どちらがおすすめか

PV-BL30Kが、PV-BL3Jと比べて異なる点をまとめると次のようになります。

  • ジェット3Dファンモーターを採用し、バッテリー電圧も高い。吸引力がより大きい。
  • スティック時重量が約 0.3 kg、2割ほど重い。
  • 標準モードでの連続使用時間が10分長い。充電時間は約 1.5 時間短い。バッテリー交換を自分で行える。
  • スマートヘッドのLEDライト数が多く明るい。奥行きは、2.5 cm大きい。
  • 付属ツールでは、ファブリックヘッドが付属するが、2WAYすき間ブラシは付属しない。

 

このように、PV-BL30Kは、剛性の高いモーターと電圧が高く吸引力が大きいことと、カセット式バッテリーを採用しており交換が容易なこと、ファブリックヘッドが付属することが特徴です。PV-BL3Jは、本体とパワーヘッドが軽く、2WAYすき間ブラシが付属するのが特徴です。

 

コードレスクリーナーは吸引力が心配なので少しでも吸引力があったほうがよいという方や、本体価格が高くてもバッテリー交換やメンテナンスをしながら3~6年よりも長い期間使いたいという方には、PV-BL30Kがおすすめです。

一方で、気軽に掃除するために軽さを重視する方や、本体価格が安い方がよく、バッテリー寿命が来たら買い換えればよいという方には、PV-BL3Jがおすすめです。

 

なお、PV-BL30Kの約 1.4 kgでも他メーカーに比べると十分に軽いですし、一方でフローリングであれば PV-BL3Jでも十分な吸引力があります。吸引力と軽さについて特別こだわるわけではないなら、価格とバッテリー交換が必要かという点で考えると良いでしょう

PV-BL30Kがおすすめの方

 

PV-BL30Kは、次のような方におすすめです。

  • コードレスクリーナーは吸引力が心配なので、本体の軽さだけでなく、吸引力も重視したい。
  • バッテリーを交換して使いたいため、カートリッジ式が良い。
  • 充電時間が短いほうが良い。
  • ふとんやソファの掃除も楽にしたい。
日立 パワかるスティック PV-BL30K ライトゴールド
  • 日立

PV-BL3Jがおすすめの方

 

PV-BL3Jは、次のような方におすすめです。

  • 気軽に掃除できる方が良いので、軽さを重視する。
  • 狭いところを掃除しやすい方が良いので、ヘッドの前後幅がスリムな方が良い。
日立 ラクかるスティック PV-BL3J

価格と性能を一覧表で比較

PV-BL30KとPV-BL3Jの価格と性能を一覧表で比較すると、次のようになります。

シリーズ パワかるスティック ラクかるスティック
型番 PV-BL30K PV-BL3J
発売年月 2022/10 2021/11
外観
      
日立 ラクかるスティック PV-BL3J
参考価格 ¥75,800〜(2022/10/27 11:28)
¥36,432〜(2022/12/08 15:20)
型番 PV-BL30K PV-BL3J
【吸引力】    
ファンモーター
ジェット3Dファンモーター
ハイパワー3Dファンモーター
バッテリー
カセット式(交換可能)
21.6 V リチウムイオン電池
2,500 mAh
内蔵式
18.0 V リチウムイオン電池
2,500 mAh
連続使用時間
強: 約 8 分
標準: 約 40 分
強: 約 8 分
標準: 約 30 分
充電時間
約 2 時間
約 3.5 時間
型番 PV-BL30K PV-BL3J
【軽さ】    
標準質量
1.4 kg (本体 0.97 kg)
1.1 kg (本体 0.80 kg)
スティック時サイズ 230 × 230 × 1,010 mm
205 × 230 × 994 mm
型番 PV-BL30K PV-BL3J
【お手入れ】    
からまんプレス構造
ゴミダッシュ
集じん容量 0.15 L 0.15 L
型番 PV-BL30K PV-BL3J
【ヘッド】    
ヘッド
パワフルスマートヘッド
パワフルスマートヘッドlight
ヘッド幅 23 cm 23 cm
シンクロフラップ
きわぴた構造/ブラシ
ブラシ
ブラシ
LEDライト
緑色7灯
緑色5灯
からまんブラシ
ペタリンコ構造
クルッとヘッド
自走機能・からまん機構
型番 PV-BL30K PV-BL3J
【付属品】    
スタンド
スティックスタンド
スティックスタンド
ブラシ・ノズル数 3 2
ハンディブラシ
2WAYすき間ブラシ
ほうきブラシ
すき間用吸口
ファブリックヘッド
型番 PV-BL30K PV-BL3J
ほか付属品
延長パイプ
ACアダプター
お手入れブラシ
延長パイプ
ACアダプター
お手入れブラシ

まとめ

日立のコードレス式スティッククリーナー、パワかるスティックPV-BL30Kは、らくかるスティックPV-BL3Jと比べて、吸引力が強く、バッテリー交換が簡単にできるものの、スティック時質量が約 0.3 kg重いです。バッテリー交換をしたい場合は PV-BL30Kが、軽さを特に重視する場合はPV-BL3Jがおすすめです。

 

以上、PV-BL30KとPV-BL3Jの5つの違い。でした。

 

次の記事では、日立のコードレスクリーナー各機種の性能を比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

[参考] 日立のコードレスクリーナー 各機種の機能を詳細比較。

参考

 

PV-BL30K

 

日立 パワかるスティック PV-BL30K ライトゴールド
  • 日立

PV-BL3J

 

日立 ラクかるスティック PV-BL3J