SE535LTDとSE535の3つの違い。周波数フィルタ。

Shureのカナル型イヤホンSE535 Special Edition (SE535LTD)と、通常版SE535の違いについて紹介します。

SE535LEDとSE535の違い

SE535LTDは、アジア限定版です。

 

通常版との違いは次のとおりです。

  • 周波数フィルタ
    SE535LTDは、高域が強いフィルタを採用。再生周波数帯が0.5 kHz上に広い。
  • ケーブル長
    44 cm短い116 cmを採用
  • 色。
    SE535LTDは、本体が赤、ケーブルがグレー

 

このように、SE535LTDは見た目だけでなく、音質も異なります

 

表で比較すると次のようになります。

型番 SE535LTD SE535
外観
    
SHURE ハイエンドイヤホン SE535SpecialEdition SE535LTD-A 【国内正規品】 SE535LTD-A SHURE イヤホン SEシリーズ SE535 カナル型 クリアー SE535-CL-A 【国内正規品】
参考価格
¥58,800〜(2022/12/06 23:51)
¥56,800〜(2022/12/06 23:51)
周波数フィルタ 高域を通しやすいフィルタ
再生周波数帯域 18Hz~19kHz 18Hz~19.5kHz
ケーブル長 116 cm 160 cm
本体: 赤
ケーブル: グレー
本体: クリア
ケーブル: クリア

おすすめの方

SE535LTDがおすすめの方は次のとおりです。

  • 高域の伸びを重視する
    ドラム(のシンバル)、女性ボーカル(のサ音)、クラシック(ピアノ・ヴァイオリン)を主に聴く。オーバーイヤーヘッドホンだとAKG派の方。
  • 解像度を重視する
    高音が強いと、解像度の高さを感じやすい。
  • ポータブル機で聴く
    ケーブルが長すぎず、ちょうどよい。

 

SE535がおすすめの方は次のとおりです。

  • 中低域を重視する
    EDM、ロック、その他 幅広く聴く。
  • 室内で聴く
    SE535LTDだと据え置きのヘッドホンアンプにつなぐにはケーブルが短い。

 

SE535LTDはアジア限定版で価格も高めということもあり、特に高音域の伸びにこだわりがなく、幅広いジャンルの音楽を聞きたいという方はSE535のほうがおすすめです。

 

SHURE ハイエンドイヤホン SE535SpecialEdition SE535LTD-A 【国内正規品】 SE535LTD-A
SHURE イヤホン SEシリーズ SE535 カナル型 クリアー SE535-CL-A 【国内正規品】

まとめ

赤い本体色が特徴のSE535 Special Edition SE535LTDは、標準モデルよりも高音域の伸びがよい機種です。クラシック、女性ボーカルを中心に聴くという方におすすめです。

 

以上、SE535LTDとSE535の3つの違い。でした。

参考

 

SHURE ハイエンドイヤホン SE535SpecialEdition SE535LTD-A 【国内正規品】 SE535LTD-A
SHURE イヤホン SEシリーズ SE535 カナル型 クリアー SE535-CL-A 【国内正規品】