パナソニック テレビドアホンVL-SE30KLとVL-SE30XLの1つの違い!

VL-SE30KLとVL-SE30XLは、パナソニック ドアホンの人気スタンダードモデルです。

似たような型番ですが、何が異なるのでしょうか。紹介します。

VL-SE30KLとVL-SE30XLの違い

VL-SE30KLは「コード式」で、VL-SE30XLは「電源直結式」です。

ほかの性能は同じです。

 

コード式というのは、親機(モニタ)から次のようにACケーブルが出ているものです。

このACケーブルを、AC100V商用電源コンセントに差し込んで使います。

 

一方の電源直結式は、親機からはケーブルがでておらず、壁の中にあるAC電線を直接差し込んでつなぐ方式です。

こちらの設置作業は電気工事士の資格がいります。

 

実質的には、コード式のVL-SE30KLは、電源直結式のVL-SE30XLにACケーブルを挿したもののようです。

つまり、コード式のVL-SE30KLに付属しているケーブルを抜けば、電源直結式のVL-SE30XLになります。

類似のモデルで次のようにケーブルを抜きましたが、簡単に抜くことができました。

 

そのためどちらを購入するか迷っている方は、とりあえずコード式のVL-SE30KLを購入しておけば良いでしょう。

 

工事が面倒という方は、「ワイヤレスタイプ」もおすすめです。

設置するには、子機をねじや強力な両面テープなどで玄関に取り付けるだけです。

親機(モニタ)はどの部屋にも持ち運びできますので、壁掛けよりも便利ですよ。

 

以上、VL-SE30KLとVL-SE30XLの1つの違い!でした。

参考

VL-SE30XL公式

VL-SE30KL 公式

こんな記事も読まれています