VL-SZ50KFとVL-SZ50KPの1つの違い!

VL-SZ50KFとVL-SZ50KPは、パナソニックのテレビドアホンで人気のモデルです。

よく似た型番ですが、なにが異なるのでしょうか。わかりやすく紹介します。

1つの違い

違いは1つあります。

それは、玄関子機の種類です。

 

VL-SZ50KFでは玄関子機の外観材質は樹脂で、VL-SZ50KPはアルミであるのが大きな特徴です。

モニター親機は同じものです。

 

表で比較すると次のようになります。

モデル VL-SZ50KF VL-SZ50KP
画像 パナソニック テレビドアホン モニター親機 カメラ玄関子機(標準タイプ)セット VL-SZ50KF パナソニック テレビドアホン モニター親機 カメラ玄関子機(金属タイプ)セット VL-SZ50KP
参考価格 ¥24,460
¥29,800
玄関子機
型番
VL-V571L-S VL-V530L-S
外観材質 樹脂部:難燃樹脂 金属部:アルミ合金
樹脂部:難燃樹脂
最大画角 水平 約170°、垂直 約115° 水平 約170°、垂直 約110°
最低被写体照度 1 ルクス(カメラから約50 cm以内)
照明方法 LEDライト(照明用ランプ)
防水性 IPX3
外形寸法(高さ×幅×奥行) 約131 × 99 × 25(mm)
(突起部除く)
約131 × 99 × 26.5(mm)
(突起部除く)
質量 約170 g 約220 g

 

玄関子機の材質

玄関子機の外観を比較してみましょう。

VL-SZ50KFの玄関子機の外観は次のようになっています。

Panasonic カメラ玄関子機 VL-V571L-S

グレーのプラスチックパネルが使われています。

 

VL-SZ50KPの玄関子機は次のようになっています。

パナソニック テレビドアホン カメラ玄関子機 VL-V530L-S

アルミ合金製になっていて、シルバー色です。

VL-SZ50KPの玄関子機の方が高級感はありますが、好みの問題になると思います。

 

なお、垂直方向の最大画角はVL-SZ50KPの玄関子機のほうが5°小さいですが、ほとんど違いありません。

どちらがおすすめ?

性能面では違いがないため、子機のデザインの好みで選ぶと良いでしょう。

なお、価格は次のようになっています。

モデル VL-SZ50KF VL-SZ50KP
画像 パナソニック テレビドアホン モニター親機 カメラ玄関子機(標準タイプ)セット VL-SZ50KF パナソニック テレビドアホン モニター親機 カメラ玄関子機(金属タイプ)セット VL-SZ50KP
参考価格 ¥24,460
¥29,800

 

なお、VL-SZ50KFとVL-SZ50KPは、どちらもACコンセントにつなぐ電源コード式です。

次のようにACケーブルとプラグが付属します。

電源コード式なら、新しく取り付けるのには電気工事士の資格がいらず、コンセントに挿せば使えますので、おすすめです。

 

また、工事は面倒という方には、ワイヤレスタイプがおすすめです。

設置は、子機を強力な両面テープなどで玄関に貼るだけでも済みます。

ワイヤレスなら、親機(モニタ)はどの部屋にも持ち運びできますので、壁掛けよりも便利です。

パナソニック ワイヤレステレビドアホン VL-SGD10L

まとめ

VL-SZ50KFとVL-SZ50KPの違いは、玄関子機の外観材質だけです。

性能は同じですので、好みのデザインで選ぶと良いでしょう。

 

以上、テレビドアホンVL-SZ50KFとVL-SZ50KPの1つの違い!でした。

参考