macOS Sierraは細かい所がよくなっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

macbook pro early 2015で、OSX El Capitanを、macOS Sierraにアップグレードしました。無料です。かかった時間は30分。

新機能は、Siriや、Apple watchやiPhoneとの連携のようですが、私はあまり使わない機能です。そのため、実質違いがわからないのではないかと期待していませんでした。

しかし、メニューバーの位置を移動できなかったアイコンが、Sierraにしてから移動できるようになりました。これは、もしかしたらバージョンとは関係なく、メニューバー周りの再構成がされたせいかもしれません。commandキーを押しながら、メニューバーのアイコンをドラッグすると、アイコンの配置を変更できるのですが、El Capitanでは移動できないものが幾つかあったのです。例えばgoogle driveとか。

他には、「このMacについて > ストレージ」タブで、HDD内容を解析するのにEl Capitanよりも時間がかかるようになりましたが、「管理…」ボタンが新しくできていて、そこから、ゴミ箱やアプリケーション、メール書類で使用している容量を確認できるようになりました。

また、より多くの部分がフラットデザインになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す