macOS Sierra (10.12)でGoogle Photos Backupが使えなくなったが、再インストールしたら直った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

macOS Sierra (10.12)にアップグレードしたら、Google Photos Backupに不具合が生じました。それを直す方法について紹介します。

環境

  • macOS Sierra
  • Google Photos Backup.app Ver. 1.1.1.338

症状

macOS Sierra (10.12)にアップグレードしたところ、メニューバーにあるGoogle Photos Backupのアイコンをクリックをしても、設定メニューが出てこなくなりました。Syncもされていません。

解決法

ググったところ、再インストールしたらよいのでは?ということでしたので、再インストールしたら、直りました。
https://productforums.google.com/forum/#!topic/photos/BuPvC27fyk0;context-place=forum/photos

 

そのままだと、Google Photos Backupが起動中で再インストールができませんので、まず停止します。次のようにコンソールで停止しました。ps axで、process番号を検索して、kill -KILL <process番号>で強制終了しました。(KILLオプションなしでも終了するかもしれません。)

$ ps ax|grep up.app
  949   ??  SN     2:19.61 /Applications/Google Photos Backup.app/Contents/MacOS/Google Photos Backup
19056 s001  S+     0:00.00 grep up.app
$ kill -KILL 949
$ ps ax|grep up.app
19068 s001  S+     0:00.00 grep up.app

次に、googleから新しくGoogle Photos Backupのイメージ(.dmg)をダウンロードしてきて、アプリケーションディレクトリにインストールしました。置き換えるかどうか聞かれますので、置き換えるを選びます。

 

そして、Google Photos Backupを起動すると、正常に動作しました。アイコンクリックでメニューが出てくるようになり、Syncも始まりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す