クロスバイク(ライトウェイ シェファード2013)の購入1年後メンテナンス

クロスバイクを購入してちょうど一年になり、修繕が必要なところもでてきたので、時間をかけてメンテナンスをした。

 

日常のメンテナンス

ちなみに日常のメンテナンスは、

  • 1-2週に一回空気入れ、汚れふき
  • 3週に1回、チェーンの掃除と油さし。
  • 1-2ヶ月に1回ブレーキワイヤの調整。ディレイラーの調整。

をしていた。

 

まずは自転車屋さんへ

まず、購入した自転車屋さんで、

  • 自転車置き場で倒れた時に曲がったディレイラーハンガーを叩いて直してもらい
  • 後ろブレーキシューを交換

してもらった。

そのときに、

ハンドルを止める六角ネジ(m5x20)が錆びてボロボロなので、交換してほしい

と言ったら、自分でやってね、と言われたので、

元々入っていたネジにはグリスが塗ってあった。グリスは、ネジが硬くて抜けなくなるの(固着)を防止するために塗ると良い。しかしグリスを持っていないので、塗らずに締めた。(結局あとで、PARKTOOLのポリリューブ1000というグリスを買ったのだが。)

運転中よく目に止まるところなので、綺麗だと気分がよい。

ディレイラーハンガーはまだ曲がっていて、リアプーリーギアにチェーンがギリギリ入っているくらいで、しばしばシフトチェンジに失敗してチェーンがからまります。

ブレーキシューは、交換前がM65T3という雨天も可のものでしたが、S65Tというドライ用のになっていました。雨の日にブレーキが一瞬で減ったので、前のと違うなあと気づいてみてみたらこうだ。

 

今までは自転車を売ってくれたお店への感謝の気持ちも込めてその自転車屋さんでやってもらっていたのだが、自転車屋さんだと、

  • 部品の種類がインターネットより少ない
  • 2割以上部品の価格が高い
  • ベストではなく、悪くはない程度にしか調整してくれない

ので、自分でネットで買って、自分で時間をかけて調整したほうが良さそうだなあと思うくらいに、クロスバイクに慣れてきたので、なるべく自分でメンテナンスをすることにした。

 

タイヤの交換を自分でする

まず、タイヤ。

シェファードに購入時についていたタイヤは、KENDAの700x32Cであるが、人の自転車を見て、細いのが良いなあと調べてみたところ、25Cあたりが通勤によさそうと思った。そして、シェファードについての不満だった、振動で頭が痛いとか、路面で滑りやすいとかいうのは、クロスバイクの特徴ではなく、シェファードのダメタイヤのせいらしいと知る。

25Cだと、クリーム色ないしは白色のタイヤがないので、パナレーサー クローザープラスの黒にしようと思うが、ポチる直前で、タイヤが黒いシェファード2012の画像をみて、これじゃないと思って、full白色にこだわることにし、Vittoria(ビットリア) TOPAZIO PRO 2 700×23c FULL WHITE F-TO2723-WWにした。

2本で6200円でなかなか高い。topazio pro2の仕様が見つからず、proとの違いがわからないが、proの方は雨天でも滑りにくいそうなので、pro2でも変わっていないと思ってこれにする。シェファードに付いていたフレームはALEX XC-23という16mm幅リムである。23Cタイヤは次のページで調べると細さがギリギリセーフhttp://www.geocities.jp/jitensha_tanken/tire_size.html#tire_rimである。リムの仕様を調べても23Cはokらしい。

他に購入したのは次の通り。ニトリル手袋は油で手が汚れないのでおすすめ。一双あたり数十円。

 

f:id:beiz23:20150418211203j:image:w300f:id:beiz23:20150418211137j:image:w300

タイヤを外したところ。リムテープは綺麗なままだったのでそのまま使う。

付いていたのは 16mm幅だったので、交換するなら次のがよさそう。

タイヤを掃除してなかったのでクリーム色じゃなくて黒い。

f:id:beiz23:20150418211456j:image:w300f:id:beiz23:20150418213824j:image:w300

タイヤをとりつけたところ。23Cは硬くてはめにくいとか、チューブを挟んで空気を入れてバーストするとかいろいろ難しそうな説明がネットにあふれていましたが、手でパコリとすんなり入りました。入りやすいタイヤなのかも。白色と言ってもそこまで白くなくベージュ色っぽいので良かったかも。すぐ汚れるだろうけど。

 

f:id:beiz23:20150419111100j:image:w300

タイヤが細くなった図。9mm程度細いはずだが、見た目上はちょっと細いだけだ。8bar空気をいれた。コンパクトポンプに比べて、フロアポンプはどんだけ空気入れやすいんだという感じでした。もっと早く買ってもよかった。

近場を運転してみたところ、ネットでの意見通り、路面をネッチョリと捉える感じです。あと、23Cなのにクッション性が良くて、乗り心地が著しく改善されました。あとは漕ぎ出しがとても軽くなってびっくり。

25Cだったらどんだけ乗り心地いいんだろう、という気もする。早く交換すればよかった。KENDAのデフォルトタイヤは、硬くて滑るという金属のようなタイヤだったということですか。まあ丈夫だったのは良かった。

ホイールの振れ取り

近所を走ったところ、ブレーキシューに一回転ごとにシャッシャッと掠る音がしたので、タイヤの振れ取りをすることに。

スポークが曲がったのは、コケたとか、自転車置き場においているので前輪フォークに負荷がかかるせいだと思う。リムごと交換しなきゃいけないと思っていて、1万以上するとか無理だなあ、悲しい、と思っていたけれど、スポークの調整で直るらしいと知る。
そこで、次のスポークレンチを買った。

f:id:beiz23:20150419193930j:image:w300

細かい時間のかかる調整は、良い道具を使うのが良さそうということで、1250円もこの6cm長くらいの工具に支払ってやったぜ。シェファード2013のスポークは14Gらしいですね。

振れを診る機械は3000円とか、8000円とかするのでスルー。結束バンド(インシュロックタイ)を使えばよいという話をいろんなところ(cf.http://irodoriworld.com/archives/6666)で読んで、そうすることに。

ぶれてるところについて、3スポークを一セットとして、逆1/8回転 – 1/4回転 – 逆1/8回転とするのを3-4セットすると、1mm以下の左右振れになった。同様にまだ振れるところについて、逆1/16回転 – 1/8回転 – 逆1/16回転すると、0.5mm程度以下になった。

縦ブレの場合は、凸凹のところについて、3本一セットで1/8回転 – 1/4回転 – 1/8回転として、振れが1mm以下になったら同様に、半分の回転にして調整した。意外と簡単に終わった。道具が良いせいか、回転角がよくわかる。

前輪、後輪ともに上下左右、0.5mm程度の振れに納まった。

 

そして、ブレーキシューの調整と、ワイヤー長の調整をした。引きしろが小さくなって、満足である。

今後したいこと

あとしたいことは、

二年半目のメンテナンス

追記: さらに1年半後にメンテナンスを行いました。

ライトウェイ シェファード2013の2年半目のメンテナンス

 

 

Amazonで最大1500ポイントがもらえる無料体験 [12/12まで]

現在Amazonでaudible(オーディブル)の無料体験キャンペーンが行われており、プライム会員なら最大3000ポイント、会員でない方でも最大1500ポイントがもらえます。

「花火」などの小説や、英語教材などから好きなものを選んで聴くだけですので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 こんな記事も読まれています

コメントを残す