NI-FS760とNI-FS750の5つの違い!

パナソニックの衣類スチーマNI-FS760とNI-FS750は何が異なるのでしょうか。

違いは5つあります。わかりやすく紹介します。

 

なお、NI-FS760には家電量販店モデルとしてNI-CFS760があり、NI-FS750には同様にNI-CFS750があります。

家電量販店モデルの性能と主な仕様は同じです。

NI-FS750とNI-CFS750の一つの違い!

 

次のページでは、パナソニックの衣類スチーマー10モデルについて一覧表で機能を比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

パナソニックの衣類スチーマー10モデルの一覧比較!

5つの違い

NI-FS760は2020年モデルで、NI-FS750は2019年モデルです。

NI-FS760は、NI-FS750と比べて次の5点が異なります。

  • 水タンク容量が、115 mlに増えた。
  • スチーム噴出時間が、約 10 分に増えた。
  • 立ち上がり時間が、約 23 秒に短くなった。
  • 本体質量が、わずかに重くなった。
  • 本体色が、アイボリーとダークグレーになった。

 

表で比較すると次のようになります。

モデル    NI-FS760 NI-CFS760 NI-FS750 NI-CFS750
発売年 2020 2019
本体色 パナソニック 衣類スチーマー スチームアイロン 大容量・360°スチームモデル 立ち上がり23秒 アイボリー NI-FS760-Cパナソニック 衣類スチーマー スチームアイロン 大容量・360°スチームモデル 立ち上がり23秒 ダークグレー NI-CFS760-H パナソニック スチームアイロン 大型タンクモデル ピンクゴールド NI-FS750-PNパナソニック スチームアイロン たっぷり容量モデル シルバー調 NI-CFS750-S
水タンク容量(約) 115 ml 100 ml
スチーム噴出時間(約) 10 分 8 分
立ち上がり時間(約) 23 秒 24 秒
本体質量 745 g 740 g
参考価格 アイボリー:
¥10,297

アイボリー:
¥10,856
ピンクゴールド:
¥9,890
ピンクゴールド:
¥9,979
  ダークグレー:
¥10,400
ダークグレー:
¥15,180
シルバー:
¥10,500
シルバー:
¥11,700

機能の詳細

ここからは違いを詳しく見ていきましょう。

水タンク容量とスチーム噴出時間

NI-FS750のタンク容量は約 100 mlでしたが、NI-FS760では15%増えて約 115 mlになりました。

これにより、スチーム噴出時間も連続約 8 分から、15%増えて約 10 分になりました。

 

1着だけにスチームをかけるのであれば、8 分でも十分な時間があります。

しかし、シャツとコート数着にまとめてかけたいとか、旦那や子供の分もかけるのであれば、連続で使用できる時間が2分長くなると継ぎ足す手間が減って良いでしょう

 

パナソニックによれば、1着は2分程度でスチームをかけられるということですので、NI-FS750では4着、NI-FS760では5着に一度にまとめてかけられることになります。

ただ、これは使い慣れた方が効率よくスチームをかけた場合の時間だと思いますので、参考程度にするとよいでしょう。

 

なお、水タンク容量は増えていますが、本体の外形寸法(サイズ)は変わっていません。

本体サイズが変わっていないのに、水タンク容量が増えているのは嬉しいですね。

立ち上がり時間

立ち上がり時間は、NI-FS750では約 24 秒でしたが、NI-FS760では1 秒短くなり、約 23 秒になりました。

割合にして4%ほど短くなっていますが、1 秒だけの違いですので、使っていて気がつくような違いではないでしょう。

 

立ち上がり時間については、どちらのモデルでも良いと思います。

本体質量

本体質量は、NI-FS750の740 gから、NI-FS760では5 g増えて 745 gになりました。

重くなっていますが、これもわずか1 %程度ですので、気がつくような違いではないでしょう。

本体色

NI-FS750の本体色は、次のピンクゴールドとシルバーでした。

ピンクゴールド:

パナソニック スチームアイロン 大型タンクモデル ピンクゴールド NI-FS750-PN

 

シルバー:

パナソニック スチームアイロン たっぷり容量モデル シルバー調 NI-CFS750-S

 

NI-FS760では、次のアイボリーとダークグレーの2色になりました。

アイボリー:

パナソニック 衣類スチーマー スチームアイロン 大容量・360°スチームモデル 立ち上がり23秒 アイボリー NI-FS760-C

 

ダークグレー:

パナソニック 衣類スチーマー スチームアイロン 大容量・360°スチームモデル 立ち上がり23秒 ダークグレー NI-CFS760-H

 

落ち着きのある色味になっています。

 

ピンクゴールドは人気の色ですので、なくなったのは残念ですね。

あとは、シルバーとアイボリーを比べると、アイボリーのほうが汚れが目立ちにくくて良いかと思います。

どちらがおすすめか?

NI-FS760では、水タンク容量が増え、立ち上がり時間が短くなりました。

特に、水タンク容量が増えて、連続使用時間が 2 分増えたのが大きな違いです。

そのため、毎回数着分スチームをかける予定の方は、NI-FS760のほうがおすすめです。

 

しかし、NI-FS760のほうが新しく発売されたこともあり、執筆時点では価格が高くなっています。

NI-FS750は、水タンク容量がNI-FS760よりも少し少ないとはいえ、1~2着であれば一度にスチームをかけられますし、他の性能は同じです。

そのため、価格差が大きい場合には、NI-FS750のほうがコストパフォーマンスが良いと言え、おすすめです。

 

あとは、好きな本体色の方で選ぶのも良いでしょう。

 

価格は次のようになっています。

モデル    NI-FS760 NI-CFS760 NI-FS750 NI-CFS750
発売年 2020 2019
本体色 パナソニック 衣類スチーマー スチームアイロン 大容量・360°スチームモデル 立ち上がり23秒 アイボリー NI-FS760-Cパナソニック 衣類スチーマー スチームアイロン 大容量・360°スチームモデル 立ち上がり23秒 ダークグレー NI-CFS760-H パナソニック スチームアイロン 大型タンクモデル ピンクゴールド NI-FS750-PNパナソニック スチームアイロン たっぷり容量モデル シルバー調 NI-CFS750-S
水タンク容量(約) 115 ml 100 ml
スチーム噴出時間(約) 10 分 8 分
参考価格 アイボリー:
¥10,297

アイボリー:
¥10,856
ピンクゴールド:
¥9,890
ピンクゴールド:
¥9,979
  ダークグレー:
¥10,400
ダークグレー:
¥15,180
シルバー:
¥10,500
シルバー:
¥11,700

まとめ

パナソニックの衣類スチーマNI-FS760 (NI-CFS760)と、NI-FS750 (NI-CFS750)の違いについて紹介してきました。

2020年モデルのNI-FS760では、水タンク容量が15%増えて、連続使用時間が 2 分増えたのが大きな改善点です。

 

NI-FS760のほうが連続使用できるのでおすすめですが、NI-FS760の価格が安定するまでは、NI-FS750のコストパフォーマンスがよくおすすめです。

 

以上、NI-FS760とNI-FS750の5つの違い!でした。

 

次のページでは、パナソニックの衣類スチーマー10モデルについて一覧表で機能を比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

パナソニックの衣類スチーマー10モデルの一覧比較!

参考