Nodeを利用するアプリケーションでのlibicui18n.61.dylibの実行時エラーを直す方法。

Nodeを使用しているアプリケーションで、突然次のエラーが出るようになりました。

dyld: Library not loaded: /usr/local/opt/icu4c/lib/libicui18n.61.dylib
  Referenced from: /usr/local/bin/node
  Reason: image not found
Abort trap: 6

私の場合は、gitbookを実行するときにエラーが出るようになりました。

 

ライブラリを入れ直せばよいのか?と考えて試行錯誤してみましたが、直すのに一番の方法は、Node.jsを更新することでした。

 

つまり、

$ brew update node

として、Nodeを更新します。

 

そうしたところ、次のように、nodeのバージョンが一つ上がり、無事元のように使えるようになりました。

==> Upgrading 1 outdated package, with result:
node 9.11.1 -> 10.11.0
==> Upgrading node
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/node-10.11.0.mojave.bottle.
######################################################################## 100.0%
==> Pouring node-10.11.0.mojave.bottle.tar.gz
==> Caveats
Bash completion has been installed to:
  /usr/local/etc/bash_completion.d
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/node/10.11.0: 3,940 files, 49.4MB

 

dyld: Library not loadedのエラーで悩んでいる方は、参考にしてみてくださいね。

以上、Nodeを利用するアプリケーションでのlibicui18n.61.dylibの実行時エラーを直す方法。でした。

 こんな記事も読まれています  

コメントを残す