Amazonチャージ

VC-CL1700とVC-CL1600の違いは?

東芝ライフスタイルのコードレスクリーナーVC-CL1700とVC-CL1600は何が異なるのでしょうか。わかりやすく紹介します。

 

次のページでは東芝コードレスクリーナー各モデルの性能を一覧表で比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

東芝コードレスサイクロン掃除機の性能一覧比較。[2019-2020]

VC-CL1700とVC-CL1600の違い

VC-CL1700は2020年発売モデルで、VC-CL1600は2019年発売モデルです。

この2つのモデルの性能や主な仕様に違いはありません。

 

2019年ラインナップでは、VC-CL1600から付属ブラシを減らしたVC-CL600という廉価モデルもありましたが、2020年ラインナップからはそれに相当するモデルはなくなっています。推測ですが、同じ性能・機能のまま型番をVC-CL1600からVC-CL1700に変えたのは、合理化でラインナップを縮小するためではないかと思います。(VC-CL1600発売後の2020年1月1日付けで、このコードレスクリーナーを作っている「東芝ライフスタイル株式会社クリーン事業部」が、東芝ホームテクノ小型家電事業部と統合し、「東芝ライフスタイル株式会社キッチン・リビング事業部」になっています。)

 

このように実質的に同じ製品であるため、価格が安い方を選ぶと良いでしょう。

執筆時点では、旧モデルのVC-CL1600のほうが安いです。VC-CL1600は生産終了により、在庫がなくなっていくと思われますので、VC-CL1600がよい場合には早めに手に入れると良いでしょう。

価格や性能を表で比較すると次のようになります。

型番 VC-CL1700 VC-CL1600
画像
    
参考価格
グランレッド
45,140 円〜 (2020/12/27時点)
32,400 円〜 (2020/12/27時点)
ピンクブロンズ 45,000 円〜 (2020/12/27時点)
34,600 円〜 (2020/12/27時点)
 集じん容量 0.15 L
ゴミ圧縮機能
連続運転時間 標準: 約 30分 / 約 35 分 (床ブラシなし時)
おまかせ: 約 8 分 ~ 約 20 分
強: 約 8 分
消費電力 本体充電時: 約 13 W
充電完了時: 約 0.3 W
本体を外したとき: 約 0.3 W
標準質量 1.8 kg (本体・延長管・床ブラシの合計)
床ブラシ ラクトルパワーヘッド(モーター式、自走式)
水洗い可(ブラシ、お手入れカバー)
フッ素加工 抗菌ブラシ
省エネ機能 節電ストップ機能
使いやすさ ゴミ残しまセンサー
らくわざフリーグリップ
外形寸法 266×210×1,060 mm
充電時間 約 5 時間
コードの長さ 2 m
充電池の種類 リチウムイオン電池(18 V/ 5セル、セルフ交換不可)
付属品 ふとん用ブラシ
丸ブラシ
すき間ノズル
お手入れブラシ
ACアダプター

バッテリー交換の方法

コードレスクリーナーではバッテリー交換の方法が気になりますが、VC-CL1700とVC-CL1600はバッテリーが消耗したときに自分ではバッテリーを交換することができません。「お買い上げの販売店、または東芝生活家電ご相談センターにご相談ください」と案内されています。

バッテリーの外し方は説明書に記載がありますが、これは製品廃棄時の取り扱い方法だということです。

まとめ

東芝ライフスタイルのコードレスクリーナーVC-CL1700とVC-CL1600の違いはありません。そのため、価格が安い方を選ぶと良いでしょう。

 

次のページでは東芝コードレスクリーナー各モデルの性能を一覧表で比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

東芝コードレスサイクロン掃除機の性能一覧比較。[2019-2020]

 

以上、VC-CL1700とVC-CL1600の違いは?でした。

参考

型番 VC-CL1700 VC-CL1600
画像
    
参考価格
グランレッド
45,140 円〜 (2020/12/27時点)
32,400 円〜 (2020/12/27時点)
ピンクブロンズ 45,000 円〜 (2020/12/27時点)
34,600 円〜 (2020/12/27時点)