アマゾンエコーの人気の色は?色別の売れ筋ランキングを紹介![Echo, Show5, Dot, Spot, Show, Plus]

アマゾンエコー(Amazon Echo)を買おうと思ったときに悩むのがボディ色ですよね。

ここでは、ボディ色の選び方や、アマゾンの売り上げランキングからどの色が人気なのかを紹介します。

基本のボディ色の選び方

家具の色に合わせる

基本的には、アマゾンエコーを置く場所の家具・家電の色に合わせて選ぶと良いでしょう。

お部屋のデザインの本にも、床の色と家具の色は合わせなくても良いものの、家具と小物の色は合わせたほうが良いと書かれています。

 

たとえば、ホワイトやナチュラル色などの白っぽい家具には、アマゾンエコーも「サンドストーン」色などの白っぽい色が自然に溶け込みます。

ホワイト・ナチュラル色のディスプレイラックとエコーを並べてみると次のようになります。

ディスプレイラック 4マス 90×88cm フラップ扉 本棚 絵本ラック チェスト シェルフ キャビネット ホワイトディスプレイラック 4マス 90×88cm フラップ扉 本棚 絵本ラック チェスト シェルフ キャビネット ナチュラルEcho 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、サンドストーン

ミドルブラウン色の場合には、次のようにヘザーグレー色が合います。

ディスプレイラック 4マス 90×88cm フラップ扉 本棚 絵本ラック チェスト シェルフ キャビネット ウォールナットディスプレイラック 4マス 90×88cm フラップ扉 本棚 絵本ラック チェスト シェルフ キャビネット ブラウンEcho 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、ヘザーグレー

ブラウンの中でも色が濃い目のダークブラウンや、ブラック色の場合には、チャコール色が合います。

ディスプレイラック 4マス 90×88cm フラップ扉 本棚 絵本ラック チェスト シェルフ キャビネット ブラックEcho 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

 

エコーを部屋の色のアクセントにしたいという場合には、あえて違う色を選ぶ方法もありますが、上級者向けです。

人気の色

それでも迷う!という場合には、人気の色を参考にして選んでみるのがおすすめです。

ここでは、アマゾンの売れ筋ランキングを元に人気の色を紹介します。

Echo Dot (第3世代)

エコードットには、チャコール・ヘザーグレー・サンドストーンの3種類の色が展開されています。

1位 チャコール

Echo Dot  第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

エコードットの中の売れ筋1位は、チャコールです。

アマゾンエコーの定番の色ですね。

2位 サンドストーン

Echo Dot  第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、サンドストーン

売れ筋2位は、サンドストーンです。

チャコールやヘザーグレーとは異なり、上部パネルの色も白色になっています。

青い発光リングが、白色のボディの良いアクセントになっています。

3位 ヘザーグレー

Echo Dot  第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、ヘザーグレー

売れ筋3位は、ヘザーグレーです。

3位ですが、黒っぽい場所でも白っぽい場所でもそれなりに合うので、おすすめですよ。

Echo (第2世代)

エコー(第2世代)も、チャコール・ヘザーグレー・サンドストーンの3種類が展開されています。

1位 チャコール

Echo 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

第2世代のエコーの売れ筋1位はチャコール色です。

エコードットと同じくチャコールが一番売れているのですね。

2位 サンドストーン

Echo 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、サンドストーン

2位はサンドストーンです。

エコードットとは異なり、エコーのサンドストーン色は、上部パネル色が黒色です。

でもエコーはドットよりもサイズが大きいので、黒色パネルのほうが全体が引き締まった感じになって良いですね。

3位 ヘザーグレー

Echo 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、ヘザーグレー

3位はヘザーグレーです。

うちではこのエコーを使っています。

Echo Plus (第2世代)

第2世代のエコープラスも、チャコール・ヘザーグレー・サンドストーンの3種類があります。

エコープラスは、エコーよりも一回り大きめで丸みを帯びたデザインになっています。

1位 チャコール

Echo Plus (エコープラス) 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

エコープラスも売れ筋1位はチャコール色です。

チャコール色は強いですね。

2位 サンドストーン

Echo Plus (エコープラス) 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、サンドストーン

第2位は、やはりサンドストーンです。

3位 チャコール

Echo Plus (エコープラス) 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、ヘザーグレー

売れ筋第3位はヘザーグレーでした。

Echo Spot

エコースポットは、ブラック・ホワイトの2色展開でしたが、2019年4月にはブラックのみの販売になっています。

1位 ブラック

Echo Spot (エコースポット) - スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、ブラック

エコースポットは、エコーと異なりケースが布地ではないので、キッチンなど水回りでも使いやすいです。

水回りでは汚れやすいので、黒色は汚れが目立たなくて良いと思いますよ。

Echo Show

エコーショウは、チャコールとサンドストーンの二色展開です。

1位 チャコール

Echo Show (エコーショー)  第2世代 - スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール

エコーショウの売れ筋1位は、チャコールです。

スクリーン枠がブラックなので、チャコールのほうが合う感じはしますね。

2位 サンドストーン

Echo Show (エコーショー)  第2世代 - スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、サンドストーン

エコーショウの売れ筋2位はサンドストーンです。

エコーショウを置く場所の周りにMac製品など白っぽい家電が多い方は、こちらがおすすめです。

Echo Show 5

コンパクトな5.5インチスクリーン付きのEcho Show 5は、チャコールとサンドストーンの二色展開です。

1位 チャコール

新登場 Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール

売れ筋1位はチャコール色です。

やはりチャコールの方が人気のようです。

2位 サンドストーン

新登場 Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、サンドストーン

2位はサンドストーンでした。

Echo Showと異なり、モニタ枠の色も白色になっていますので統一感があります。

他のエコーシリーズ

他のエコーシリーズの、エコーサブ、エコーインプット、エコーリンク、エコーアンプは1色展開です。

ファブリックカバーで色を変更可能

エコーを買った後に、やっぱり違う色にしたい!と思うこともあるかもしれませんが、カバーを付け替えたり、付けたりできるモデルもあります。

気分に合わせてカバーを付け替えるのもおすすめですよ。

エコー

Amazon Echo用ファブリックカバー サンドストーン

エコーのAmazon純正ファブリックカバーです。

エコーの底のボタンを押すとカバーが外れるようになっており、このカバーと交換できます。

エコードット(第2世代)

エコードットには一つ前の第2世代用ですが、6色も展開されています。純正カバーです。

エコースポット

Amazon Echo Spot エコースポット シリコンカバー 保護カバー ケース (バハマブルー)

純正ではないですが、4色展開のシリコンカバーです。

人とは違う色になってオシャレです。

なお購入する際には世代が自分のエコーに合っているかどうか確認してくださいね。

まとめ

アマゾンエコーシリーズの人気の色を紹介してきました。

どのモデルでも、チャコールやブラックが人気です。

人気も参考にしながら、自分の部屋に合う色のエコーが見つかると良いですね。

以上、

こんな記事も読まれています