ポケットドルツEW-DS1CとEW-DS42の3つの違い!小さく持ち運びしやすいDS1C。

パナソニックのポータブル電動歯ブラシ、ポケットドルツにはEW-DS1CとEW-DS42の2モデルがあります。

何が違うのか、わかりやすく紹介します。

3つの違い

EW-DS1CとEW-DS42の違いは3つあります。

  • DS1Cは、DS42よりも長さが1.5 cm短い。
  • DS1Cは回転式スイッチ。DS42はプッシュ式スイッチ。
  • DS1Cは、アタッチメントに対応しており、ブラシの中に取り付けられる

表にして比較すると次のようになります。

モデル EW-DS1C EW-DS42
  パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ 青 EW-DS1C-Aパナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ ルージュピンク EW-DS1C-RP パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ 白 EW-DS42-Wパナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ 黒 EW-DS42-Kパナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ ペールピンク EW-DS42-PP
長さ 約14.5 cm 約16 cm
スイッチ 回転式 プッシュ式
アタッチメント
の対応

実勢価格は次のようになっています。

モデル 画像     実勢価格
EW-DS1C-A
パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ 青 EW-DS1C-A ¥ 2,256
EW-DS1C-RP
ルージュ
ピンク
パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ ルージュピンク EW-DS1C-RP ¥ 2,650
EW-DS42-W
パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ 白 EW-DS42-W ¥ 2,360
EW-DS42-K
パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ 黒 EW-DS42-K ¥ 2,360
EW-DS42-PP
ペール
ピンク
パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ ペールピンク EW-DS42-PP ¥ 2,360

違いを詳しく見ていきましょう。

DS1Cは軸の長さが1.5 cm短い

DS1Cは軸の長さが約14.5 cmで、DS42は約16 cmです。

キャップ部分を除いた軸の長さはほぼ変わりませんが、DS42はプッシュスイッチがある分だけキャップ部分が長くなっています。

軸の太さは同じです。

 

長さがあるほうが歯が磨きやすくなりますが、小さなポーチには入りにくくなります

 

DS1Cの約14.5cmの長さというのは、iPhone8の高さや、ボールペンの長さ程度です。

ポーチに入れるのでしたら、DS1Cのほうが入れやすく、持ち運びしやすいです。

 

ランチ後などに使用するポータブル歯ブラシとしては、ポーチからさっと取り出して歯を磨けるほうがスマートですので、DS1Cがおすすめです。

 

一方で、男性の方にはDS42の方がおすすめです。

DS42のレビューを見ると、男性だとDS42でも短いと感じる方がいらっしゃるようです。

実際、ホテルのアメニティの歯ブラシの長さを測ると約17.5 cmで、クリニカの歯ブラシの長さは約18.5 cmでした。

DS42でもホテルのアメニティ歯ブラシよりも短いことになります。

男性の方がDS1Cを使った場合は、ブラシが奥歯に届きにくいかもしれませんので、DS42が良いでしょう。

 

✓ 長さが短いDS1Cは、歯磨きのしやすさでは劣るが、ポーチに入れやすい。

DS1Cのスイッチは回転式

DS1Cのスイッチは次のように回転式になっています。

電池カバーの部分をクルッと回転させるだけで電源のオンオフが可能。爪の長い女性でも簡単に使えます。

 

DS42のスイッチは、次のようにプッシュ式です。

グリップ上部のボタンを押すだけで電源のオンオフが可能。ワンハンドで手間なく使えます。

 

使いやすいのはDS42のプッシュ式です。

DS1Cはコンパクトさを追求しているため、このあたりは仕方ないですね。

スイッチやリングのデザインは、DS1Cの方が可愛いと思います。

 

✓ DS1Cの回転式スイッチは、使いやすさでは劣るが、デザインは良い。

DS1Cはアタッチメントに対応

DS1Cは別売りのステインオフアタッチメントと、歯間ブラシに対応しています。

歯ブラシを取り外すと、中のステインオフアタッチメントまたは、歯間ブラシが使えるようになる、という仕組みになっています。

DS42では取り付けることができません。

DS1Cでは外出先でも丁寧に歯をケアできるようになっています。

 

それぞれのモデルに対応する替えブラシは次のようになっています。

◎: 付属する
◯: 取り付けできる
− : 取り付けできない

替えブラシ 画像     EW-DS1C EW-DS42 実勢価格
ポケットドルツ用
極細毛ブラシ
¥ 355
ポケットドルツ用
舌ケアプラス
ブラシ
(やわらかめ)
¥ 335
ポケットドルツ用
替ブラシ
(やわらかめ)
¥ 351
ポケットドルツ用
ステインオフ
アタッチメント
¥ 310
ポケットドルツ用
歯間ブラシ
(SSサイズ)
¥ 280

どちらのモデルも、付属するのは極細毛ブラシだけです。

ステインオフアタッチメントとは?

ステインとはコーヒーやお茶の着色汚れのことです。

ステインオフアタッチメントには専用材を練り込んであります。

これを使用すると、外出先でも手軽に着色汚れをケアできます。

歯間ブラシ(SSサイズ)

DS1Cは小さいサイズの歯間ブラシにも対応しています。

これを使用すると、歯ブラシだけでは磨き残しやすい歯間の汚れを、外出先でも手軽に歯間ケアができます。

 

✓ DS1Cはアタッチメントに対応しており、外出先でも丁寧に歯をケアできる。

3つの違いのまとめ

3つの違いを表にまとめると、次のようになります。

モデル EW-DS1C EW-DS42
  パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ 青 EW-DS1C-Aパナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ ルージュピンク EW-DS1C-RP パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ 白 EW-DS42-Wパナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ 黒 EW-DS42-Kパナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ ペールピンク EW-DS42-PP
長さ 約14.5 cm 約16 cm
スイッチ 回転式 プッシュ式
アタッチメント
の対応

おすすめはどっち?

各モデルをおすすめの方は次のような方です。

 

EW-DS42がおすすめの方

  • 持ち運びやすさよりも、使いやすさを重視する方
  • シンプルなデザインが好みの方

EW-DS1Cがおすすめの方

  • ポーチに入れて持ち運びしやすい、小さい歯ブラシが欲しい方
  • 可愛いデザインが好みの方
  • 着色汚れや歯間ブラシも使って、丁寧に歯のケアをしたい方

 

実勢価格(税込、毎日更新)は次のようになっています。

モデル 画像     実勢価格(税込)
EW-DS1C-A
パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ 青 EW-DS1C-A ¥ 2,256
EW-DS1C-RP
ルージュ
ピンク
パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ ルージュピンク EW-DS1C-RP ¥ 2,650
EW-DS42-W
パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ 白 EW-DS42-W ¥ 2,360
EW-DS42-K
パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ 黒 EW-DS42-K ¥ 2,360
EW-DS42-PP
ペール
ピンク
パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ ペールピンク EW-DS42-PP ¥ 2,360

まとめ

パナソニックのポータブル電動歯ブラシ、ポケットドルツのEW-DS1CとEW-DS42の3つの違いを紹介しました。

EW-DS1Cは、大きめのEW-DS42よりも使いやすさでは劣りますが、持ち運びやすく可愛いデザインで、歯ブラシ以外のアタッチメントも取り付けられる点が魅力です。

 

EW-DS1CとEW-DS42の今日の価格は次のようになっています。

EW-DS1C-A

 

EW-DS1C-RP

 

EW-DS42-W

 

EW-DS42-K

 

EW-DS42-PP

 

以上、ポケットドルツEW-DS1CとEW-DS42の3つの違い!でした。

こんな記事も読まれています

電動歯ブラシ関連記事一覧

ドルツ機種比較



替えブラシ・ノズル紹介



ソニッケアー紹介