FU-R50とFU-P50の違いは? [プラズマクラスター7000]

シャープのFU-R50とFU-P50は、プラズマクラスター搭載の薄型空気清浄機の人気機種です。この2つはよく似ていますが、何が異なるのでしょうか。わかりやすく紹介します。

 

次のページではシャープの空気清浄機各機種について一覧表で性能比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

シャープの加湿・空気清浄機の一覧比較!

FU-R50とFU-P50の違い

FU-R50は、FU-P50の後継機種です。FU-P50がいわゆる型落ち品にあたります。

  • FU-R50: 2022年9月発売
  • FU-P50: 2021年12月発売

 

これらの機種の性能や主な仕様には違いがありません

そのため、価格が安い方の機種を選ぶのがおすすめです。

 

FU-R50とFU-P50は、プラズマクラスター7000を搭載しています。集じんフィルターは最上位モデルのKI-RX100と同等の静電HEPAフィルターが採用されており、空気清浄能力は高いです。加湿機能はいらないという方におすすめです。

 

価格と性能を表で比較すると次のようになります。

なお、2020, 2019年モデルのFU-N50, FU-L50も同じ性能ですので、それらも含めて価格の安いものを選ぶのがおすすめです。

型番 新 FU-R50 FU-P50 FU-N50 FU-L50
発売年月 2022/09 2021 2020 2019
外観
     
シャープ 空気清浄機(23畳まで ホワイト系)SHARP 「プラズマクラスター7000」搭載 FU-N50-W シャープ プラズマクラスター7000搭載 空気清浄機 リビングタイプ FU-P50-W ホワイト シャープ 空気清浄機(23畳まで ホワイト系)SHARP 「プラズマクラスター7000」搭載 FU-N50-W シャープ 空気清浄機(23畳まで ホワイト系)SHARP プラズマクラスター7000搭載 FU-L50-W
参考価格 ¥33,000〜(2022/11/18 8:39)
¥23,265〜(2022/12/08 07:43)
¥16,480〜(2022/12/08 23:48)
¥23,679〜(2022/12/08 07:43)
型番 FU-R50 FU-P50 FU-N50 FU-L50
最大風量
5.1 ㎥/分
8畳の部屋の清浄時間
12 分
プラズマクラスター・適用床面積
プラズマクラスター7000
約 14 畳 (約 23 ㎡)
フィルター浄化 静電HEPAフィルター(交換目安:約10年)
脱臭フィルター(交換目安:約10年)
抗菌・防カビプレフィルター
吹出口
前後 手動ルーバー
気流 スピード循環気流
運転 自動
花粉
おやすみ
パワフル吸じん
風量 強・中・静音
センサー ニオイ
モニター きれいモニター
外形寸法 幅 383×奥行209×高さ540 (mm)
質量 約 4.9 kg

なぜ同じ性能なのに新機種を出すのか?

なぜ、性能が同じなのに新機種にするかというと、主に販売価格を維持するためです。家電は、発売から時間が経つにつれて価格が下がっていきます。型番を更新して、新モデルとして売ることで、価格をリセットすることができます。

さらに、購入する側としても、昨年発売よりも今年発売の方が買う気になります。実際は、FU-R50は4年前の機種と同じ性能ですから、4年前の機種と言ってもよいのですが、新製品だという気分で購入して使用することができます。

なお、日立の空気清浄機は、5年ほど前から新機種がでておらず古い型番のまま販売されています。5年前の機種と言われると、買うのをちょっとためらいますよね。

交換品フィルターの種類

FU-R50とFU-P50の交換品は同じ型番です。

交換用フィルター・カートリッジには次のようなものがあります。

  • 静電HEPAフィルター(交換目安:約10年)
  • 脱臭フィルター(交換目安:約10年)
  • 使い捨てプレフィルター(オプション、交換目安: 1ヶ月)

静電HEPAフィルター

静電HEPAフィルター(集じんフィルター)は、ホコリ・チリ・花粉などを濾し取るフィルターです。

次の画像は家で使っているKI-F70のフィルターですが、FU-R50にも同等のフィルターが入っています。

このフィルターは10年に1回交換すればよい、とされています。これは、「1日にタバコの煙5本相当の粉じんを吸った場合、集じん能力が初期の50%になるまでの時間の目安」が10年ということです。1日10本相当の場合は約5年が目安になります。

フィルター型番は、FZ-GK50HFです。

【純正品】 シャープ FU-P50用 集じんフィルター FZ-GK50HF

脱臭フィルター

脱臭フィルターは、ニオイを取るフィルターです。蜂の巣上の枠の中に、活性炭のペレットが入った構造をしています。

これも10年が交換目安です。「1日にタバコの煙5本相当の臭気を吸った場合、脱臭能力が 初期の50%になるまでの時間の目安」が10年です。10本相当であれば、約5年です。

フィルター型番は、FZ-GK50DFです。

【純正品】 シャープ FU-P50用 脱臭フィルター FZ-GK50DF

使い捨てプレフィルター

使い捨てプレフィルターは、大きなホコリを取るフィルターです。素材は不織布で、1ヶ月の使い捨てです。

使わなくても良いオプションのフィルターですが、使うと、後ろパネルや集じんフィルターにつく汚れを抑えられますし、フィルターが汚れたら交換することで、後ろパネルを掃除機で掃除する手間が省けます。少し面倒ですが、100均の不織布を切っても代用できます。

フィルター型番はFZ-PF51F1です。

【純正品】 シャープ 空気清浄機用 使い捨てプレフィルター FZ-PF51F1

まとめ

シャープのプラズマクラスター7000を搭載した空気清浄機FU-R50とFU-P50の違いを紹介しました。2022年モデルのFU-R50では性能や本体デザインに変更はなく、型番だけ変更になりました。執筆時点では2021年モデルのFU-P50のほうが安いですので、FU-P50を選ぶのがおすすめです。

 

次のページではシャープの空気清浄機各機種について一覧表で性能比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

シャープの加湿・空気清浄機の一覧比較!

 

以上、FU-R50とFU-P50の違いは?でした。

 

[参考記事]

参考

FU-R50

シャープ プラズマクラスター7000搭載 空気清浄機 リビングタイプ FU-P50-W ホワイト

プラズマ
クラスター
7000
空気清浄
適用床面積
~23 畳
パワフル
吸じん
3つの
フィルター
スピード
循環気流
ニオイ
センサー
シャープ 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 14畳 / 空気清浄 23畳 ホワイト FU-R50-W
  • シャープ(SHARP)

FU-P50

プラズマ
クラスター
7000
空気清浄
適用床面積
~23 畳
パワフル
吸じん
3つの
フィルター
スピード
循環気流
ニオイ
センサー
シャープ プラズマクラスター7000搭載 空気清浄機 リビングタイプ FU-P50-W ホワイト