TK-AS43C1とTK-HS90C1、TK-HS92C1の違い!

パナソニックの整水器用交換カートリッジTK-AS43C1、TK-HS90C1、TK-HS92C1は何が異なるのでしょうか。

違いは、ろ過できる物質数にあります。わかりやすく紹介します。

 

整水器の製品別対応カートリッジについては、次のページで紹介していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

パナソニックの整水・浄水器の交換カートリッジ一覧!

カートリッジの違い

TK-AS43C1、TK-HS90C1、TK-HS92C1は、3つとも同じ形状で互換性のあるカートリッジで、代替使用可能です。

交換目安は、どれも約 2年 (15 L/日)、または、12,000 Lです。

 

1つ目の「TK-AS43C1」は、アルカリイオン整水器TK-AS43に付属しているカートリッジです。

ろ過できる物質数は、JIS指定13物質+2物質です。

TK-AS43C1は、2020年現在では生産終了となっています。

 

2つ目の「TK-HS90C1」は、還元水素水生成器TK-HS70, TK-HS90, TK-HS91や、アルカリイオン整水器TK-AS44に付属するカートリッジです。

ろ過できる物質数は、JIS指定13物質+4物質です。

「ジェオスミン(カビ臭)」と、「フェノール類」の2物質が多く ろ過できます。

 

3つ目のカートリッジ「TK-HS92C1」が一番新しいタイプのカートリッジで、TK-HS92やTK-AS46に付属します。

ろ過できる物質数は、JIS指定13物質+6物質で一番多いです。

「ベンゼン」と「四塩化炭素」を多く ろ過できます。

メーカー希望小売価格はTK-HS90C1と同じですので、交換カートリッジをお探しであれば、TK-HS92C1が最もおすすめです。

 

表で比較すると次のようになります。

カートリッジ品番 TK-AS43C1 TK-HS90C1 TK-HS92C1
画像
    
パナソニック 浄水器カートリッジ TK-AS43C1 パナソニック 還元水素水生成器用カートリッジ TK-HS90C1 パナソニック 還元水素水生成器用カートリッジ 1個 TK-HS92C1
参考価格 ¥36,500 ¥10,480 ¥8,827
対応製品例 TK-AS43
(生産終了)
TK-AS43
TK-AS44
TK-HS70
TK-HS90
TK-HS91
(パナソニックストアで対応製品を確認)
TK-AS43
TK-AS44
TK-AS46
TK-HS70
TK-HS90
TK-HS91
TK-HS92
(パナソニックストアで対応製品を確認)
交換目安 約 2 年 (15 L/日)
ろ過できる物質数 13物質+2物質 13物質+4物質 13物質+6物質
−JIS指定13物質 12,000 L 12,000 L 12,000 L
−鉄(微粒子状)
−アルミ(中性)
−ジェオスミン(カビ臭) 12,000 L 12,000 L
−フェノール類 12,000 L 12,000 L
−ベンゼン 12,000 L
−四塩化炭素 12,000 L

執筆時点ではTK-AS43C1は生産終了のため、価格が高騰しています。

新しくて性能がよい後継カートリッジTK-HS92C1が発売されていますので、今後はこのカートリッジを使うようにすればよいでしょう。

まとめ

TK-AS43C1、TK-HS90C1、TK-HS92C1の違いは、ろ過できる物質数にあります。TK-HS92C1が最も新しいカートリッジで、ろ過できる物質数が多くなっています。

この3つのカートリッジは互換性がありますので、交換カートリッジにはTK-HS92C1がおすすめです。

 

以上、TK-AS43C1とTK-HS90C1、TK-HS92C1の違い!でした。

TK-HS92C1

パナソニックの整水・浄水器の交換カートリッジ一覧!

参考