CBC03WとCBC03Zの1つの違い。[クリンスイ浄水器]

クリンスイの浄水器交換用カートリッジCBC03WとCBC03Zは何が異なるのでしょうか。違いは1つあります。わかりやすく紹介します。

CBC03WとCBC03Zの1つの違い


CBC03WとCBC03Zは、どちらも11+2物質除去のカートリッジCBC03が入ったパッケージです。

違いは、入り数だけです。CBC03Wはカートリッジ2個入で、CBC03Zはカートリッジ3個入です。

 

1日に10 L使った場合、1つのカートリッジは3ヶ月が交換目安です。そのため、CBC03Wは約 6ヶ月分パック、CBC03Zは約 9ヶ月分パックということになります。

どちらがおすすめか

浄水器本体を続けて使う予定であれば、1個当りの価格が安い方がおすすめです

 

執筆時点では2個入のCBC03Wのほうが安価でした。

現在の1個あたりの価格や、商品の仕様は次のようになっています。

型番 CBC03W CBC03Z
入数 2個 3個
外観
    
三菱ケミカル・クリンスイ 浄水器 カートリッジ 交換用 2個入 CBシリーズ CBC03W ホワイト 11+2物質除去 クリンスイ 浄水器 カートリッジ 交換用 (2個入+1個) CBシリーズ CBC03Z-NW
参考価格
¥3,799〜(2024/06/12 18:52)
¥3,852〜(2024/06/12 18:52)
1個当りの価格 1,900 円 1,284 円
型番 CBC03W CBC03Z
除去対象物質 11物質
遊離残留塩素、濁り、総トリハロメタン、CAT(農薬)、2-MIB(カビ臭)、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルム
+2物質
鉄(微粒子状)、アルミニウム(中性)
ろ材の交換時期目安 3ヶ月 (1日10 L使用した場合)
対応商品 CB073i
CB073
CB013

CBC03が適合する本体



(画像はクリンスイ公式ページより引用。)

ここで紹介した11+2物質除去浄水カートリッジ「CBC03」は、次の「ベーシック浄水器CBシリーズ」に対応しています。

  • CB073i
  • CB073
  • CB013

対応機種はCBC03公式ページでも確認できます。

まとめ

CBC03WとCBC03Zの違いは、カートリッジの入数だけです。続けて使う予定であれば、1個当りの価格が安いものを選ぶと良いでしょう。

 

私が、カートリッジを3ヶ月を超えて使用し、4ヶ月で交換したときには、水の味がだいぶ良くなってびっくりしました。それ以降、900 Lを使用するとお知らせしてくれる浄水器に交換して、正しく900 L(うちの場合はちょうど3ヶ月くらい)でカートリッジを交換するようにしています。

クリンスイ MD301 レビュー。モニタ付きで、浄水能力を適切に発揮できる。

もったいないと思わずに、3ヶ月で正しく交換するのがおすすめですよ。

 

以上、CBC03WとCBC03Zの1つの違い。でした。

参考

 

2個入 CBシリーズ CBC03W 11+2物質除去
2個入+1個増量パック CBシリーズ CBC03Z