おすすめのコップがさね6選!特徴を比較。

コップがさねは、おすわりのできる6ヶ月から、2歳までステップアップして遊べる定番のおもちゃです。

各社からコップがさねのおもちゃが発売されていますが、どれが良いのでしょうか。

おすすめの6つのコップがさねについて比較をしてみました。

コップがさねの年齢別の遊び方については、次の記事を参考にしてみてくださいね。

コップがさねの年齢別遊び方例!どう遊べるの?

コップがさねの比較

では、6つのコップがさねを見ていきましょう。

コンビ コップがさね

コンビ コップがさね

10段 + くまさん人形

一番人気のコンビのコップがさねです。

コップは、ビビッドカラーで赤ちゃんが興味を示しやすい色です。

コップには絵や模様は描かれていません。

それぞれのコップに窒息防止のため、2つの穴が空いています。水を入れてシャワーのように遊ぶこともできます。

 

底面はシンプルに平らになっており、いろいろな応用した遊び方が考えられそうな商品です。

ローヤル baby Rody コップタワー 

baby Rody コップタワー No.3783

10段 + ロディー

パステルカラーのやさしい色使いのコップがさねです。

コップには、1~10の数字や、傘・家・月・音符などの模様が描かれています

コップの底には、数字の数だけ突起の点があります。

5,6,7段目のカップには穴が2つ空いていて、窒息防止になっています。

 

年齢が進んだときには、コップを数字の順に積むことで数字の勉強にもなる商品です。

ローヤル かさねやすいコップがさね

かさねやすいコップがさね No.853

10段 + うさぎ

コップの底が丸くて重ねやすいコップがさねです。

コップの底には1~10個の穴が空いていて、水をシャワーのように出して遊ぶことができます。

うさぎは振るとジャラジャラと音が鳴ります。

 

重ねやすいというのは本当のようで、この商品では10ヶ月~1歳でも積んで遊べたというレビューがあります。

底が丸いので逆向きに積むことは難しそうですが、本来の遊び方通りに積んで遊んで欲しい、という場合には最適な商品でしょう。

ミキハウス ラトルコップタワー

( ミキハウス mikihouse ) ラトルコップタワー

10個 + くま

ミキハウスのコップがさねです。

次の特徴があります。

  • 底が丸くて重ねやすい
  • 1~10の数字が書かれている
  • クマは振るとジャラジャラ音がします
  • 1~10個の穴が空いていて、シャワーのように遊ぶことができます
  • 全ての色が異なるカップ

他の商品のいいとこ取りをしたようなコップがさねですが、お値段は高めです。

アンパンマン 天才脳つみかさねカップ

アンパンマン 天才脳つみかさねカップ

10個 + アンパンマン

アンパンマンのコップがさね

カップの底には数字と10キャラクターの刻印が入っています。

カップには小さい穴が2つ空いています。

 

アンパンマン人形だけを別の遊びに使ったりもできそうです。

アンパンマンが好きな子には、これ一択でしょう。

いないいないばぁ かさねて つんで ころがして「コップであそぼ」

いないいないばぁ かさねて つんで ころがして「コップであそぼ」

9個 + ワンワン

いないいないばあっ!のワンワンが乗っているコップがさね

コップの一つには、うーたんのシールが貼られています。シールなのでかじったりした場合には剥がれてしまう恐れはあります。

コップには穴が空いています。

 

大きめのコップは深さがありますので、転がして遊ぶのに向いています。

いないいないばあっ!が好きな子にどうぞ。

まとめ

特徴をまとめると次のようになります。

ビビッドカラー・定番・安価    → コンビ
パステルカラー・数字・模様    → ロディー
重ねやすい・穴・ガラガラ     → かさねやすいコップがさね
重ねやすい・穴 ・ガラガラ・数字 → ミキハウス
アンパンマン          → アンパンマン
ワンワン            → いないいないばあっ!

 

特別こだわりがなければ、コンビのコップがさねが赤ちゃんに認識しやすい色ですので、おすすめです。

 

多機能のものがよければ、ミキハウスのものが良いでしょう。

 

コップがさねはシンプルなおもちゃゆえに、さまざまな遊び方があり、長く使うことのできるおもちゃです。

遊び方の例は次の記事で紹介しています。

コップがさねの年齢別遊び方例!どう遊べるの?

 

是非、購入を検討してみてくださいね。

 

以上、おすすめのコップがさね6選!特徴を比較。でした。

 こんな記事も読まれています

コメントを残す