還元水素生成器TK-HS92とTK-HS91の1つの違い!

パナソニックの還元水素生成器TK-HS92とTK-HS91は何が異なるのでしょうか。

違いは1つあります。わかりやすく紹介します。

1つの違い

TK-HS92は、TK-HS91の後継機種です。

主な違いは、ろ過カートリッジの種類だけです。

他には、本体色が違ったり、カートリッジ交換目安表示のデザインが違ったりしますが、それくらいの細かい違いしかありません。

 

表で比較すると次のようになります。

品番 TK-HS92 TK-HS91
画像
    
パナソニック 還元水素水生成器 シルバー TK-HS92-S パナソニック 据置型水素水生成器(ブラックメタリック)Panasonic 還元水素水 TK-HS92-K パナソニック 還元水素水生成器 ホワイト TK-HS91-W
参考価格 シルバー
¥151,980
ホワイト
¥138,000
  ブラック
¥150,980
ろ過できる物質数 13物質+6物質 13物質+4物質
カートリッジ交換目安 2年、または、12,000L (1日に15L)
付属カートリッジ TK-HS92C1
パナソニック 還元水素水生成器用カートリッジ 1個 TK-HS92C1
¥8,827
TK-HS90C1
パナソニック 還元水素水生成器用カートリッジ TK-HS90C1
¥10,480
対応カートリッジ TK-HS92C1 TK-HS90C1
TK-HS92C1
電極 7枚
生成水質 8種類(水素還元水5段階、酸性2段階、浄水)
生成可能水量 約 7 L/分 (標準モード、還元水素水1,2,3時)
本体寸法 高さ33.8×幅19.5×奥行14.2 cm
質量 約 5.4 kg

電解槽の性能や、本体寸法も同じです。

カートリッジの違いについて詳しく見てみましょう。

ろ過カートリッジ

TK-HS91で、ろ過できる物質数は、13物質+4物質です。

これに対しTK-HS92のろ過カートリッジは新しいタイプになっており、除去できる物質数は 13物質+6物質と、2物質増えます。

 

その2つは、ベンゼン四塩化炭素です。

この2つも除去できるに越したことはないですが、日本の上水道の水質基準は一生飲み続けても健康に影響がないレベルに設定されていますので、除去できなくても問題はないと考えられます

どちらも高い浄水性能を持っており、この違いは気にしなくても良いでしょう。

 

なお、TK-HS91も、TK-HS92と同じ新しいタイプのカートリッジに対応しています。

2年後にカートリッジを交換する際には、新しい方のカートリッジを購入するようにすれば、TK-HS91でも13物質+6物質をろ過できるようになります。どちらのカートリッジも希望小売価格は同じです。

どちらがおすすめか

TK-HS92は、ろ過カートリッジで除去できる物質数が2つ多いだけで、TK-HS91とほぼ変わりません。

そのため、どちらのモデルを選んでも良いと思います。

 

執筆時点では、TK-HS91は旧モデルですが、価格がTK-HS92と同程度です。

そのため、あえて旧モデルを選ぶ理由がありませんので、TK-HS92がおすすめです。

 

現在の価格は次のようになっています。

品番 TK-HS92 TK-HS91
画像
    
パナソニック 還元水素水生成器 シルバー TK-HS92-S パナソニック 据置型水素水生成器(ブラックメタリック)Panasonic 還元水素水 TK-HS92-K パナソニック 還元水素水生成器 ホワイト TK-HS91-W
参考価格 シルバー
¥151,980
ホワイト
¥138,000
  ブラック
¥150,980

まとめ

TK-HS92とTK-HS91の違いは、TK-HS92の方が付属カートリッジでろ過できる物質数が2つ多いことです。

カートリッジを新しいものに交換すれば、TK-HS91でも、ろ過物質数が増えます。

ほとんど違いはありませんので、価格や、好きな本体色で選ぶと良いでしょう。

 

以上、還元水素生成器TK-HS92とTK-HS91の1つの違い!でした。

パナソニックの整水・浄水器の交換カートリッジ一覧!

参考