無印良品「壁にかけられる観葉植物」のレビューと成長の様子。2〜3ヶ月後。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無印良品の「【ネット限定】壁にかけられる観葉植物 16×16cm C」を4月に購入してから、2–3ヶ月が経ちました。増え放題に増えている感じ。
f:id:beiz23:20130707113648j:image:w300
普段は壁にかけていますが、日に当てるときはこうして窓辺に移動させます。

 

買った当初は、ユーザーコメント通り、ハツユキカズラが徒長していたり、一週間でパフカルにカビが生え始めたりしました。

カビが生えないのが売りのパフカルにカビが生えることについては生きている苗がカビの栄養になるとは思えず、何か栄養になるものが植えこむ段階で入り込んでいたのかと思われます。

今もカビは生え放題ですが、気にしないようにしています。

また、立てて育てているので倒れやすく、しかも倒れたときは、普通に上向きに植えてある植物でいうと逆さまにした状態になるわけで、茎からバキバキ折れるという悲しい状況になったりもしました。固形の土なので植え替えは出来ない、という不便さもあります。

 

ただ水位が見やすく土には自然に空気が入るので、水と土の管理がしやすく、初心者にも育てやすいと思います。

しかし壁に掛けたいなら、ハンギングポットで足りるなあと思いました。根本を横に植えてても、草のほうは上なり下なり、好きな方向に伸びてゆくので。パフカルでもカビが生えるなら、普通のハイドロコーンで育てても良いわけですし。今は挿し木したワイヤープランツとポトスをハンギングポットに植えようと考えています。

 

なお、次のような細口の水やりポットがあると、水をやりやすいです。

 

購入9ヶ月後の状況はこちら

水と土の管理がしやすいという利点が大きく、簡単な世話でとても大きくなり満足しています。

無印良品の「【ネット限定】壁にかけられる観葉植物 16×16cm C」の9ヶ月後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

コメントを残す