玉ねぎのS, M, L, L大, 2Lサイズの重さはどれくらい?

玉ねぎの各サイズの1個あたりの重さは、どれくらいなのでしょうか?

実は、S, M, L, L大, 2Lというサイズは、玉ねぎの横方向の直径によって出荷時に決められています。

そのため、サイズごとの重量には決まった値はありません。

一個あたりのおおよその重量

しかし、おおよその重量を示せば、次のようになります。

  • 2L: 300 ~ g
  • L大: 250 ~ 300 g
  •  : 200 ~ 250 g
  • M : 150 ~ 200 g
  • S : 100 ~ 150 g

スーパーで3個入りで売られていることが多いのは、LかL大サイズですので、3個でおよそ750 gくらいということになります。

20 kg箱のおおよその入り数

玉ねぎの20 kgの箱であれば、おおよその入り数は、次のようになります。

  • 2L: ~ 60 個
  • L大: 70 ~ 80 個
  •  : 80 ~ 100 個
  • M : 120 ~ 140 個
  • S : 160 個

 

重量や入り数は規格値ではなく、経験的な値ですので、この範囲から外れていたとしても不良ではありません。

玉ねぎは、収穫してから時間がたつにつれ、乾燥して軽くなりますので、重量は季節によっても異なってきます。

そのため、参考程度にしてください。

出荷規格

実は、L大という規格は、北海道産玉ねぎで採用されている規格サイズです。

出荷規格は産地によって異なるため、L大サイズが2Lサイズと呼ばれる産地もあります。

 

玉ねぎの出荷量の半分以上が北海道産です(農林水産省2014年)ので、ここでは、札幌ホクレンの出荷規格を参考にしつつ、経験から重量や入り数を紹介してきました。

 

札幌ホクレンの玉ねぎの出荷規格の「大小基準」は、次のようになっています。

  • 2L: 横径 9cm以上
  • L大: 8cm以上 9cm未満
  •  : 7cm以上 8cm未満
  • M : 6cm以上 7cm未満
  • S : 5cm以上 6cm未満

札幌ホクレン青果 出荷規格について

玉ねぎが高騰する時期

北海道産の玉ねぎは8月に収穫されます。

例年5~8月は北海道産玉ねぎの出荷量が少なくなり、玉ねぎの価格が高騰します

出荷量の50%以上を占める北海道産玉ねぎが品薄になるので、値段が高くなるのも当然ですね。

 

そのため、4月ごろまでに多めに買っておくのがおすすめです。

毎年、スーパーで買いだめをしている賢い主婦(夫)の方も多いと思います。

 

玉ねぎは重いため、通販で買うのがおすすめです。

Amazon, 楽天で多く取り扱いがあります。

 

まとめ

玉ねぎのサイズは、玉ねぎの直径によって決められており、重量の規格はありません。

ここでは経験的な値を紹介しました。

 

北海道玉ねぎの40%が、JAきたみらいから出荷されています。

JAきたみらいのページでは、種まき、収穫、選果の様子が紹介されています。

JAきたみらい 玉ねぎが届くまで

 こんな記事も読まれています  

コメントを残す