P-35MJRとP-35MJRTの違い。ろ過できる物質数。[整水器用カートリッジ]

パナソニックの交換用カートリッジP-35MJRとP-35MJRTは何が異なるのでしょうか。違いは、ろ過できる物質数にあります。わかりやすく紹介します。

 

整水器の製品別対応カートリッジについては、次のページで紹介していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

パナソニックの整水・浄水器の交換カートリッジ一覧!

ろ過できる物質数

P-35MJRTは、P-35MJRの後継品です。互換性があり代替使用可能です。交換目安は、どちらも約 1 年 (30 L/日)です。

P-35MJR

TK7415C1で ろ過できる物質数は、2物質です。

  • 遊離残留塩素 12,000 L
  • 濁り 12,000 L

 

パナソニック公式による対応機種例は次のとおりです。

  • PJ-UA35A1
  • PJ-UA35C1
  • PJ-UA35C2
  • PJ-UA35DA1A
  • PJ-U41DA1
  • PJ-UA51E1
  • TKB6000-S

パナソニックストアで対応機種を確認する

 

希望小売価格は、9,900 円(税込)です。

パナソニック 交換用カートリッジ P-35MJR

P-35MJRT

P-35MJRTで ろ過できる物質数は、3物質です。

  • 遊離残留塩素 12,000 L
  • 濁り 12,000 L
  • 総トリハロメタン 12,000 L

P-35MJRと比べると、総トリハロメタンも除去できるのが特徴です。

 

パナソニック公式による対応機種例は次のとおりです。

  • PJ-AS300
  • PJ-AS500
  • SUC91SKS1A
  • PJ-UA35A1 (*)
  • PJ-UA35C1 (*)
  • PJ-UA35C2 (*)
  • PJ-UA35DA1A
  • PJ-UA35DA1JT
  • PJ-U41DA1
  • PJ-U41DA1T
  • PJ-U41DA2T
  • PJ-UA48A21 (*)
  • PJ-UA48C21 (*)
  • PJ-UA48C22 (*)
  • PJ-UA51E1
  • PJ-UA51E1K
  • TKB6000-S

(*)パナソニックストア以外の公式ページ内で、対応との記述あり。

パナソニックストアで対応機種を確認する

P-35MJRの対応機種すべてが含まれており、互換性があることが分かります。

 

希望小売価格は、12,650円(税込)です。価格は、P-35MJRよりも高いです。

パナソニック 交換カートリッジ P-35MJRT

どちらがおすすめか?

P-35MJRと比べると、P-35MJRTの方が総トリハロメタンも除去できますが、価格は高くなります。

総トリハロメタンも除去したいという方には、P-35MJRTがおすすめで、こだわらないという方には価格が安いP-35MJRがおすすめです。

 

性能と価格を表で比較すると次のようになります。

品番 P-35MJR P-35MJRT
画像
    
パナソニック(Panasonic) 交換用ろ材(カートリッジ) P-35MJR パナソニック アルカリイオン整水器用 交換カートリッジ 1個 P-35MJRT
参考実勢価格
¥6,700〜(2021/10/21 02:10)
¥9,000〜(2021/10/21 02:10)
品番 P-35MJR P-35MJRT
交換目安 約 1 年 (30 L/日)
ろ過できる物質数 2物質 3物質
−遊離残留塩素 12,000 L 12,000 L
−濁り 12,000 L 12,000 L
−総トリハロメタン
12,000 L
品番 P-35MJR P-35MJRT
対応製品例 PJ-UA35A1
PJ-UA35C1
PJ-UA35C2
PJ-UA35DA1A
PJ-U41DA1
PJ-UA51E1
TKB6000-S
PJ-UA35A1
PJ-UA35C1
PJ-UA35C2
PJ-UA35DA1A
PJ-U41DA1
PJ-UA51E1
TKB6000-S
PJ-UA35DA1JT
PJ-U41DA1T
PJ-U41DA2T
PJ-UA48A21
PJ-UA48C21
PJ-UA48C22
PJ-UA51E1K
PJ-AS300
PJ-AS500
SUC91SKS1A

他の互換品もおすすめ

近年発売された互換性のあるカートリッジでは、18物質や14物質が除去できますので、除去物質数が多いほうが良い場合には、これらも検討してみるのもおすすめです。

注意事項としては、カートリッジ内部のろ材の量が増えるために、ろ過流量は少なくなります。(最近の整水器・浄水機は、昔の製品と比べて ろ過流量が少なくなっています。)また、希望小売価格は、P-35MJRなどよりも高いです。PJ-U41DA1、PJ-U41DA1T、PJ-U41DA2Tなどの一部機種は対応機種に挙げられていないため、避けたほうが良いでしょう。

 

型番はTK-HB41C1 (18物質)と、TKB6000C1 (14物質)です。TK-HB41C1のほうが新しく除去物質数が多いです。公式で交換品としておすすめしているのも、TK-HB41C1です。

 

性能と価格、対応機種例を表で比較すると、次のようになります。

品番 TK-HB41C1 TKB6000C1 P-35MJR P-35MJRT
画像
      
パナソニック(Panasonic) 還元水素水生成器交換用カートリッジ TK-HB41C1 パナソニック(Panasonic) 交換用ろ材(カートリッジ) TKB6000C1 パナソニック(Panasonic) 交換用ろ材(カートリッジ) P-35MJR パナソニック アルカリイオン整水器用 交換カートリッジ 1個 P-35MJRT
参考実勢価格
¥11,495〜(2021/10/20 16:10)
¥8,365〜(2021/10/21 02:10)
¥6,700〜(2021/10/21 02:10)
¥9,000〜(2021/10/21 02:10)
品番 TK-HB41C1 TKB6000C1 P-35MJR P-35MJRT
交換目安 約 1 年 (30 L/日)または12,000 L 約 1 年 (30 L/日)
ろ過できる物質数
JIS12物質+6物質
JIS12物質+2物質
2物質 3物質
−遊離残留塩素 12,000 L 12,000 L 12,000 L 12,000 L
−濁り 12,000 L 12,000 L 12,000 L 12,000 L
−総トリハロメタン
12,000 L
12,000 L
12,000 L
−他JIS9物質
12,000 L
12,000 L
−鉄(微粒子状)
−アルミニウム(中性)
−1,2-DCE
12,000 L
12,000 L
−ベンゼン
12,000 L
12,000 L
−ジェオスミン(カビ臭)
12,000 L
−フェノール類
12,000 L
品番 TK-HB41C1 TKB6000C1 P-35MJR P-35MJRT
対応製品例

PJ-UA35A1
PJ-UA35C1
PJ-UA35C2
PJ-UA35DA1A
PJ-UA51E1
PJ-UA35DA1JT
PJ-UA48A21
PJ-UA48C21
PJ-UA48C22
TK-AB40
TK-HB50
PJ-AS300
PJ-AS500
パナソニックストアで対応機種を確認する

PJ-UA35A1
PJ-UA35C1
PJ-UA35C2
PJ-UA35DA1A
PJ-UA51E1
TKB6000-S
PJ-UA35DA1JT
PJ-UA48A21
PJ-UA48C21
PJ-UA48C22
TKB600D
TK-AB40
PJ-AS300
PJ-AS500
パナソニックストアで対応機種を確認する

PJ-UA35A1
PJ-UA35C1
PJ-UA35C2
PJ-UA35DA1A
PJ-U41DA1
PJ-UA51E1
TKB6000-S
PJ-UA35A1
PJ-UA35C1
PJ-UA35C2
PJ-UA35DA1A
PJ-U41DA1
PJ-UA51E1
TKB6000-S
PJ-UA35DA1JT
PJ-U41DA1T
PJ-U41DA2T
PJ-UA48A21
PJ-UA48C21
PJ-UA48C22
PJ-UA51E1K
PJ-AS300
PJ-AS500
SUC91SKS1A

まとめ

パナソニックの交換用カートリッジP-35MJRとP-35MJRTの違いは、ろ過できる物質数にあります。P-35MJRTは、P-35MJRと比べると、総トリハロメタンもろ過できます。総トリハロメタンも除去したいという方には、P-35MJRTがおすすめで、こだわらないという方には価格が安いP-35MJRがおすすめです。

 

以上、P-35MJRとP-35MJRTの違い。ろ過できる物質数。でした。

 

参考

 

アルカリイオン整水器 交換用カートリッジ 2物質 P-35MJR
アルカリイオン整水器 交換用カートリッジ 3物質 P-35MJRT

 

アルカリイオン整水器 交換用カートリッジ 18物質 TK-HB41C1
アルカリイオン整水器 交換用カートリッジ 14物質 TKB6000C1