今日は、勉強しようと思っていたものの、本屋から帰ってきたらこの時間。

4時間も本屋でふらふらしてきたのか。orz

初歩のプログラミングの本と回路シミュレータの本と、ネタ本を買ってきた。

インターネットには情報があふれているとかよく言われるけど、ネットで得られるのは断片的な知識だけで、体系的な知識が欲しくばやっぱり本を買うしかないと思う。

本になりそうな知識を、ただ働きして書いて公開しようなんて人は少ないので仕方ない。

つうわけで、今まで買うかどうか悩んでいた、一回読めば終わりな本も買うことにしました。

ネタ本というのは、例の「メガネ男子」の本。

生協の本屋に平積みしてありました。

男の私が買ってしまって、すみません(笑。

一度この本は買うまいと思って、他の本だけを持ってレジに向かったけれど、やはりこういう必要なさそうな本を一冊買うことで、以後、本について欲しいけど買うか迷ったときに、「あの本買ったぐらいだから、迷わずに買うか。」と踏ん切りがつくことが期待できると理由をかこつけるのに成功するや否や、平積みしてあるところまで戻り、さっと下の方からメガネ男子の本を取り、他の二冊の本の間にはさんでレジに持っていきました。でも、あっさりとレジのおばちゃんに表紙を上にして一番上に並べ替えられ、「袋に入れますか?」と聞かれ、動揺しながらも「はい。」と返事をした後に後ろを振り向くと、白衣を着た女学生が並んでいて、何か変なものを見る目をこちらに向けられていたことに気づいたわけです。

変なものを買うのには慣れてるので、変な目で見られるのも慣れっこですけどね。

「メガネ男子」というフェチ本をちらりと見てみましたが、メガネになぜ萌えるかということをまじめに分析しているくだりなど、笑わずには読んでいられません。不笑不読。

つーわけで、ここで、メガネ男子を買うきっかけとなったblogに敬意を表して、リンク貼らせてもらいます。

喪女女子大生ブログ

おもしろいですよ。

ふああー勉強しないとー!

一般の座標軸の回転はベクトルで表現できないけど、無限小回転ならベクトルで表すことが出来るんですね。へー!

050928-1647.jpg

今日のお買いあげ。

       

パーツフォレスト

パーツフォレストっていう電子部品が激安なお店で、通販で部品を買ったのですが、1300円分しか買ってないのに、サービス品とかいって、

橙色LEDx10

松下の電解コンx10

村田の積層セラコンx10

電解コンx5

が付いてきました。

不覚にも惚れました。店に。

でも逆に、これで純利益が出るのか心配。

2SC1015Yやら1815Yが40個で100円なので、不足気味の人は是非。と宣伝してみたり。

そいや、300円くらいで買ったニッパが切れにくくなったので、2000円くらいの素敵な日本製ニッパやら、ワイヤストリッパやらをついに購入したんですが、これが驚愕の切れ味でした。

金属の足が、豆腐のようだー!

雑誌やらWebやらで、電子工作の製作メモをみると、綺麗に加工されたケースに、ゲジゲジしたICや蜘蛛の巣のような配線がすっきり収納されているので、うらやましいんですが、私は、中学校の「技術」の授業で情報を教え始めた頃に中学生だった人間なので、金属加工をやったことがありません。

次はドリルを手に入れたいところ。

ドリルといえば、Falcomのぐるみん

ががが。

050928-1742.jpg

届いた部品。

       

紅葉情報

そろそろ紅葉の時期っつうことで、ウォーカープラスの紅葉情報を見てみた。

まだまだ青いよう。

旭川の旭岳のてっぺんは、冠雪したとニューズでいっていたので十分紅葉してそうですけど、札幌近辺はもうしばらく待ちですね。

夏休み中にもう一度旅行に行こうと思ったけど、十月初めくらいに紅葉を見るついでに行くことにする。

レンタカーは大学生価格で一日4000円で借りれるらしい。やすーい。

今日は久しぶりに部活に行って、作業を手伝ってきたのですが。

周りから自然にオタクトークが飛ぶ、飛ぶ。

誰も話題が濃いことに突っ込みを入れないし、おまえら凄すぎー。

       

メガネ男子の本

メガネ男子

眼鏡っ娘じゃなくて、メガネ男子ときたか。

なかなかニッチーな分野の本出してるなーと思ったら、

「Amazon.co.jp 売上ランキング: 本で489位 」

ということで、かなり売れてるんですね、この本(笑。

ついに、メガネ男の時代が到来したようですよ!

んー。

大学図書館に購入希望だしとくか(笑。