SR-MPW100とSR-MPA100の5つの違い!おどり炊き。

パナソニックの可変圧力IHジャーSR-MPW100とSR-MPA100は何が異なるのでしょうか。

違いは5つあります。わかりやすく紹介します。

 

次の記事では、パナソニックの炊飯器について性能を一覧表で比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

パナソニックのIHジャー炊飯器 41種類の一覧比較!

5つの違い

SR-MPW100とSR-MPA100はどちらも2020年モデルです。

SR-MPW100は上から3番目のモデルで、SR-MPA100は上から4番目のモデルです。

2つのモデルは、次の点で異なります。

  • おどり炊きの種類
  • IHの段数
  • 玄米炊飯コースの数
  • おこわコースの有無
  • 液晶の種類とお手入れ機能

 

表で比較すると次のようになります。

タイプ 可変圧力IHジャー
モデル SR-MPW100 SR-MPA100
発売年 2020
画像
    
パナソニック 炊飯器 5.5合 可変圧力IH式 Wおどり炊き ホワイト (幅×奥行×高さ)27.1×35.2×23.6cm SR-MPW100-W パナソニック 炊飯器 5.5合 可変圧力IH式 おどり炊き ブラック (幅×奥行×高さ)27.1×35.2×23.6cm SR-MPA100-Kパナソニック 炊飯器 5.5合 可変圧力IH式 おどり炊き ブラウン (幅×奥行×高さ)27.1×35.2×23.6cm SR-MPA100-T
炊飯容量 0.5 ~ 5.5 合
参考価格 ホワイト
¥47,400
ブラック
¥42,299
  ブラウン
¥41,968
特徴 Wおどり炊き搭載モデル。釜の全面を包み込むように搭載した6段IHで大火力。 可変圧力おどり炊き搭載モデル。可変圧力により、お米を芯まで加熱し、甘み、もちもち感を引き出す。SR-MPW100と比べると、IH段数が5段、玄米コースが時短のみになり、おこわコースがなくなる。
モデル SR-MPW100 SR-MPA100
美味しさ ★★★★★ (5) ★★★★ (4)
炊き技
−おどり
高速交互対流/可変圧力 (新制御)
−鮮度
−加圧
加圧追い炊き (スチームなし)
炊き分け
−銘柄
−食感
銀シャリ・かため・やわらか・もちもち
−玄米
玄米炊き分け 2種類 (「玄米ごはん」コース/「玄米高速」コース)
玄米コース (時短)
内釜 ダイヤモンドかまど窯
ダイヤモンドハードコート
厚さ2.4 mm
モデル SR-MPW100 SR-MPA100
スチーム
IH段数
全面発熱5段IH
うまみ
コース
高速コース/少量コース
 
おこげ/ 炊込み(新制御) /すし・カレー/おかゆ/おこわコース
おこげ/ 炊込み(新制御) /すし・カレー/おかゆコース
メニュー数
13
保湿
再加熱
あつあつ再加熱
モデル SR-MPW100 SR-MPA100
使い易さ
反転バックライト液晶/タイマー予約2メモリー
グレー大型液晶/タイマー予約2メモリー
お手入れ
ワンタッチふた加熱板/フラット天面パネル/ステンレスクリアフレーム
 
お手入れ機能 (パワフル&時短)
お手入れ機能 (時短)
エコ
エコ炊飯コース/電気代目安表示/ エコナビ保温
消費電力 1,210 W 1,200 W
外形寸法 幅27.5 × 奥行35.2 × 高さ23.6 cm 幅27.1 × 奥行35.2 × 高さ23.6 cm
質量 6.7 kg 6.5 kg

内釜はどちらもダイヤモンドハードコートされたダイヤモンドかまど窯です。

細かい違いですが、内釜の外側の塗装は、SR-MPW100があめいろグラデーション塗装で、SR-MPA100は金色塗装です。

 

それでは、違いについて詳しく見ていきましょう。

おどり炊き

SR-MPW100は、「大火力おどり炊き」と「可変圧力おどり炊き」の2つの炊き技を搭載し、SR-MPA100は「可変圧力おどり炊き」を搭載しています。

 

大火力おどり炊きは、2つのIHコイルの通電を高速で切り替え、強力な泡の熱対流を生み出し、ごはんを大きくふっくらさせる炊き技です。

可変圧力おどり炊きは、加圧して高温化し、減圧時に激しく対流させて、お米を芯まで加熱し、甘み、もちもち感を引き出す炊き技です。

 

どちらも対流を起こしてムラなく熱を均一に行き渡らせる機能ですが、大火力おどり炊きも備えているSR-MPW100の方が、ふっくらしたご飯に仕上がります。

ご飯のふっくらさを重視する場合は、SR-MPW100がおすすめです。

IHの段数

SR-MPW100はIHの段数は6段で、SR-MPA100は5段です。

どちらも、ふたIHと底IHは付いており、側面のIH数が4本か3本かという違いです。


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

段数が多い方がきめ細かい火力調節ができます。

玄米炊飯コース

玄米を炊飯するコースには、SR-MPW100は玄米ごはんコースと、玄米高速コースの2種類があり、SR-MPA100には玄米ごはんコースのみの1種類があります。

SR-MPA100の玄米ごはんコースは、65~74分で炊飯する時短コースであり、SR-MPW100の玄米高速コースに相当します。

SR-MPW100の玄米ごはんコースは時間をかけて炊飯する85~105分のコースです。

 

玄米食を常食としている方などで(私もそうですが)、美味しい玄米を食べたい場合には、普通炊飯のできるSR-MPW100の方が良いでしょう。

おこわコース

赤飯やおこわなどもち米を炊くときにはSR-MPW100ではおこわコースを使いますが、SR-MPA100にはおこわコースはないため炊込みコースで代用します。

赤飯やおこわを炊くことはあまりないかもしれませんが、上手に炊くのが難しいメニューですので、専用のコースがあると安心ですね。

液晶の種類とお手入れ機能

SR-MPW100は反転バックライト液晶を搭載しており、SR-MPA100はグレー大型液晶を搭載しています。

これは黒地に白文字か、白地に黒文字かというくらいで、あまり違いはありません。

 

においが取れないときや、ふた加熱版や蒸気口の汚れが落ちにくいときに使う「お手入れ機能」というコースがあります。

内釜に水をいれて、お手入れ機能を実行すると、約 28分でコースが終了し、においや汚れが洗い落ちやすくなります。

SR-MPW100のお手入れ機能の方がパワフルで、ニオイの低減効果があるということです。

 

これらの違いは、特にこだわりがなければ気にしなくても良いでしょう。

どちらがおすすめか

以上のように、SR-MPW100とSR-MPA100の大きな違いは、SR-MPW100の方がIHが6段あり、大火力おどり炊きも備えており、ふっくらしたご飯が炊けるということです。玄米食の方には、SR-MPW100には時短ではない玄米ごはんコースがあるのも魅力です。

そのため、ふっくらした美味しいご飯を食べたいという方や玄米食の方には、SR-MPW100の方がおすすめです

価格は執筆時点でSR-MPW100のほうが1万円ほど高いですが、炊飯器を長年使うことを考えると、ふっくら炊けるのであれば悪くない価格差だと思います。

 

一方で、そこまで細かい炊きあがりにはこだわらないという方は、SR-MPA100もおすすめです。

SR-MPA100のブラックやブラウン色は汚れが目立ちにくいですので、色でSR-MPA100を選ぶというのも良いと思います。

 

迷うところですが、どちらのモデルも圧力式でお米の芯までしっかり加熱でき、圧力なしのモデルと比べると炊き上がりの違いを感じることができると思います。

ぜひ可変圧力IHジャーを導入して、美味しいご飯を楽しんでくださいね。

 

価格は次のようになっています。

タイプ 可変圧力IHジャー
モデル SR-MPW100 SR-MPA100
画像
    
パナソニック 炊飯器 5.5合 可変圧力IH式 Wおどり炊き ホワイト (幅×奥行×高さ)27.1×35.2×23.6cm SR-MPW100-W パナソニック 炊飯器 5.5合 可変圧力IH式 おどり炊き ブラック (幅×奥行×高さ)27.1×35.2×23.6cm SR-MPA100-Kパナソニック 炊飯器 5.5合 可変圧力IH式 おどり炊き ブラウン (幅×奥行×高さ)27.1×35.2×23.6cm SR-MPA100-T
炊飯容量 0.5 ~ 5.5 合
参考価格 ホワイト
¥47,400
ブラック
¥42,299
  ブラウン
¥41,968

まとめ

パナソニックの可変圧力IHジャーSR-MPW100とSR-MPA100の大きな違いは、SR-MPW100の方は6段IHで大火力おどり炊きも備えているということです。

大火力おどり炊きでは、2つのIHコイルの通電を高速で切り替え、強力な泡の熱対流を生み出すことで、ごはんを大きくふっくら炊き上げることができます。

価格差だけの価値があるか検討して、購入するモデルを選択すると良いでしょう。

 

次の記事では、パナソニックの炊飯器について性能を一覧表で比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

パナソニックのIHジャー炊飯器 41種類の一覧比較!

 

以上、SR-MPW100とSR-MPA100の5つの違い!でした。

参考

Wおどり炊き

「大火力おどり炊き」と「可変圧力おどり炊き」の2つの炊き技で、それぞれ対流を変化させながら、お米を激しくおどらせます。これにより、一粒一粒にムラなく熱を均一にいき渡らせることができ、甘みともちもち感のあるふっくら美味しい銀シャリに炊き上がります。

可変圧力おどり炊き

加圧して高温化。減圧時に激しく対流させて、お米を芯まで加熱し、甘み、もちもち感を引き出します。

加圧追い炊き

追い炊き工程時にも釜内を加圧・高温化することで、ごはんの甘みともちもち感を引き出します。

食感自在炊き分け

ときにはお子さまや年配の方に合わせてしっとり「やわらかに」炊き上げ、ときにはメニューに合わせて「かため」に炊き上げるなど炊き分けられます。

SR-VSX0, SR-VSX9シリーズは、次の13種類を炊き分けます。

  • 銀シャリ
  • かため 1, 2, 3
    歯ごたえのあるパラッと硬めのごはん。うな重・オムライスにおすすめ。
  • やわらか 1, 2, 3
    粒全体のハリを抑えたしっとりやわらかなごはん。親子丼・ドリアにおすすめ。
  • もちもち 1, 2, 3
    粘りと弾力の強いもっちりとしたごはん。鶏そぼろ・お弁当におすすめ。
  • しゃっきり 1, 2, 3
    ハリが強く、しっかり粒感のあるご飯。牛丼・チャーハンにおすすめ。

ダイヤモンド竈(かまど)釜

美味しいお米を炊くために最も大切な条件が、高温加熱です。ダイヤモンド竈釜は、自社一貫生産により、IHに適した素材を組み合わせ、高い発熱性と蓄熱性、断熱性を実現しました。軽く、強く、熱効率に優れ、そのまま洗米もできます。


(画像はパナソニック公式ページより引用)

ダイヤモンドハードコート

内側のトップコートは、ダイヤモンドの微粒子を含んだフッ素樹脂です。

ダイヤモンドは、フッ素樹脂の7700倍の高い熱伝導率を持っています。

このダイヤモンドフッ素により、細かい泡を多く発生させ、熱を一粒一粒にしっかり伝えます。

 

中間コートには耐久性を高めるセラミックス添加フッ素を使用しています。

全面発熱6段IH

釜を包むように搭載したIHで、強力加熱ときめ細かい火力調節ができます。お米の美味しさを最大限に引き出します。


(画像はパナソニック公式ページより引用)

うまみ循環タンク (うまみ戻し)

おねばを大きなタンクに貯めて、蒸らし時にお米に戻します。


(画像はパナソニック公式ページより引用)

炊込みごはん (新制御)

低温で長時間前炊きし、高火力で炊き上げることで、炊き上がりのべたつきが低減し一粒一粒ほぐれやすく、味が染み込みやすくなりました。


(画像はパナソニック公式ページより引用)

いきいき保温

約60℃~68℃でやさしく保温し、約5時間後と約10時間に約75℃に間欠加熱することで、におい・黄ばみ・味の低下を抑え美味しく保温します。
ごはんがにおう・黄ばむ・乾燥するなどの原因になるため、24時間以上の保温はしないでください。

エコナビ保温

ごはんの量に応じた保温により、保温電力量約5%省エネ(当社比)