Amazonチャージ

ER-VD70とER-SD70の2つの違い!レシピ数とデザイン。

東芝の角皿式スチームオーブンレンジER-VD70とER-SD70は何が異なるのでしょうか。違いは2つあります。わかりやすく紹介します。

[参考] 東芝 電子レンジ12台の性能を一覧表で比較![石窯ドーム]

2つの違い

ER-VD70とER-SD70はどちらも庫内容量26 Lのスチームオーブンレンジで、ER-VD70は、ER-SD70の後継機種です。ER-VD70が2020年発売、ER-SD70が2018年発売です。

 

違いは次の通りです。

  • レシピ・自動メニュー数
  • 操作パネルのボタン配置と、扉のハンドルの色

このように、同じグレードの機種というだけあり、違いはわずかです。基本性能には違いはありません。

 

表で価格や性能を比較すると、次のようになります。

タイプ 角皿式スチームオーブンレンジ
庫内容量 26L (ワイド&フラット庫内)
型名 ER-VD70 ER-SD70
発売年月 2020年8月 2018年08月
参考価格
     
TOSHIBA 角皿式スチーム オーブンレンジ 石窯ドーム 26L グランホワイト ER-VD70(W)
グランホワイト
¥31,598〜(2021/04/22 17:52)
東芝 スチーム オーブンレンジ 石窯ドーム 26L グランホワイト ER-SD70-W
グランホワイト
¥28,482〜(2021/04/22 17:52)
参考価格 東芝 簡易スチームオーブンレンジ 26L ブラックTOSHIBA 石窯ドーム ER-VD70-K
ブラック
¥30,370〜(2021/04/22 17:52)
東芝 (TOSHIBA) スチームオーブンレンジ 「石窯ドーム」 (26L) ER-SD70-W グランブラック ER-SD70 (K) ERSD70K
ブラック
¥62,000〜(2021/04/22 17:52)
型名 ER-VD70 ER-SD70
オーブン・グリル  
オーブン温度 100~250℃(250℃は約5分まで。その後200℃。予熱温度は最大200℃。)
加熱方式
石窯ドーム構造/
庫内4面遠赤(底・奥・左右)/
(上)ガラス管ヒーター/
(下)シーズヒーター(埋め込み)
深皿調理
過熱水蒸気調理
ハイブリッド調理
ノンフライ調理
型名 ER-VD70 ER-SD70
グリル調理 石窯グリル
カラッとあたため
トースト
(6枚切り2枚)
5分45秒(約3分40秒で裏返し)
冷凍トースト 8分15秒(約5分40秒で裏返し)
スチームトースト
ふっくらパン
発酵 30・35・40・45℃
スチーム発酵
型名 ER-VD70 ER-SD70
レンジ  
レンジ出力(W) 1000/600・500連続 200相当、100相当。(1000Wは3分まで。その後600W。)
センサー 赤外線センサー/温度センサー
あたため機能(抜粋) ごはん/おかず/お好み温度/牛乳/お酒/ゆで野菜/コンビニ弁当
解凍 解凍/さしみ
型名 ER-VD70 ER-SD70
スチーム  
スチーム方式 角皿式
スチーム調理 角皿スチーム調理
スチームレンジ
総レシピ数(自動メニュー数) 119(94) 143(79)
型名 ER-VD70 ER-SD70
お手入れ  
庫内コーティング 遠赤・脱臭ブラックコート
( 扉部、底面を除く )
手間なしお手入れコース
使いやすさ  
IoT機能
表示 液晶表示
型名 ER-VD70 ER-SD70
付属品
角皿(鉄板ホーロー)38.8×30cm 1枚/取扱説明書 兼 料理集
外形寸法(mm) 480(幅)×390(奥行)×350(高さ)
庫内有効寸法(mm) 376(幅)×320(奥行)×198(高さ)
設置寸法 背面ピッタリ
左1.5cm以上、右4.5cm以上、上方は10cm以上
質量 約14kg
消費電力(W)/ヒーター出力(W) 1220/オーブン1150・グリル800
消費電力(W)/高周波出力(W) 1430/1000
年間消費電力量 73.4kWh/年

違いについて詳しく見てみましょう。

レシピ・自動メニュー数

総レシピ数とそのうちの自動メニュー数は、ER-VD70では119個と94個で、ER-SD70では143個と79個です。

ER-VD70ではレシピ数は24個少ないですが、自動メニュー数は15個多いです。

 

詳しく比較すると、ER-VD70では、「おつまみ1分」という1分で作れる一品メニューが12個 自動メニューに追加されています。例えば、トマトチーズのスクランブルエッグ、にら玉、さば缶とキャベツのカレー風味などがあります。また、食パンのトーストに冷凍トーストも追加されています。

ER-SD70では、ABCクッキングスタジオが開発した「石窯ドームオリジナルヘルシーレシピ」というレシピがレシピ集に載っています。自動メニューではありませんが、このレシピの分が総レシピ数増加に寄与しています。レシピ集は公式ページからダウンロードできますので、ER-VD70でもER-SD70のレシピ集を見て、同じように調理することはできます。

 

このように大きな違いはありませんが、「おつまみ1分」や冷凍トーストを自動メニューで作りたいという方はER-VD70のほうが良いでしょう。

ボタン配置・扉ハンドルの色

本体のデザインが少し変わっています。

次はER-VD70 グランホワイトの本体画像です。

TOSHIBA 角皿式スチーム オーブンレンジ 石窯ドーム 26L グランホワイト ER-VD70(W)

手動調理ボタンは液晶右側にあり、自動メニューのボタンは左側にあります。扉のハンドルの色は白です。

 

次はER-SD70 グランホワイトの本体画像です。

東芝 スチーム オーブンレンジ 石窯ドーム 26L グランホワイト ER-SD70-W

手動調理ボタンは液晶左側にあり、自動メニューのボタンは右側にあります。扉のハンドルの色は黒です。

このように、ボタンの配置とハンドルの色が異なります。

これは、どちらでも良いでしょう。

どちらがおすすめか

以上のように、違いはレシピ数とデザインだけです。

「おつまみ1分」メニューや冷凍トーストメニューを使いたいのであれば、ER-VD70がおすすめです。一方で、特にこだわりがなければ、価格が安い方を選ぶと良いでしょう。

 

価格は、次のようになっています。

なお旧モデルであるER-SD70は生産終了しており、執筆時点でブラック色はほぼ売り切れています。グランホワイトのみ在庫限りで販売されているようですので、ER-SD70が良い場合には早めに手に入れると良いでしょう。

タイプ 角皿式スチームオーブンレンジ
型名 ER-VD70 ER-SD70
発売年月 2020年8月 2018年08月
参考価格
     
TOSHIBA 角皿式スチーム オーブンレンジ 石窯ドーム 26L グランホワイト ER-VD70(W)
グランホワイト
¥31,598〜(2021/04/22 17:52)
東芝 スチーム オーブンレンジ 石窯ドーム 26L グランホワイト ER-SD70-W
グランホワイト
¥28,482〜(2021/04/22 17:52)
参考価格 東芝 簡易スチームオーブンレンジ 26L ブラックTOSHIBA 石窯ドーム ER-VD70-K
ブラック
¥30,370〜(2021/04/22 17:52)
東芝 (TOSHIBA) スチームオーブンレンジ 「石窯ドーム」 (26L) ER-SD70-W グランブラック ER-SD70 (K) ERSD70K
ブラック
¥62,000〜(2021/04/22 17:52)

どちらの機種も、赤外線センサーが搭載されており、お好みの温度にあたためができるのが便利です。また最大250℃の石窯ドームオーブンを搭載しており、オーブン機能にこだわりたいという方にもおすすめです。一つ下位モデルではドーム構造ではない石窯オーブンになります。さらに開口幅は39 cm(有効寸37.6cm)のワイド&フラット庫内で、大きいパンやかたまり肉を焼くこともできます。ぜひこのオーブンレンジで様々な料理を作ってみてくださいね。

まとめ

東芝の角皿式スチームオーブンレンジER-VD70は2020年発売モデルで、ER-SD70は2018年発売モデルです。違いはレシピ数やデザインだけですので、価格が安い方を選ぶと良いでしょう。

 

次の記事では、東芝電子レンジの性能を一覧表で比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

東芝 電子レンジ12台の性能を一覧表で比較![石窯ドーム]

 

以上、ER-VD70とER-SD70の2つの違い!レシピ数とデザイン。でした。

参考

東芝 角皿式スチーム オーブンレンジ 石窯ドーム 26L グランホワイト ER-VD70
東芝 角皿式スチーム オーブンレンジ 石窯ドーム 26L ブラック ER-VD70

 

東芝 スチーム オーブンレンジ 石窯ドーム 26L グランホワイト ER-SD70-W
東芝 角皿式スチーム オーブンレンジ 石窯ドーム 26L ブラック ER-SD70