Amazonチャージ

ジュニアシートとブースターシートの違い。

ジュニアシートとブースターシートはなにが違うのでしょうか。

ブースターシートとジュニアシートの違い

ブースターシートとは、ジュニアシートの一種で、次のような背もたれの付いていない座面だけのものを指します。

グレコ コンパクトジュニア

 

一方で、背もたれの付いたジュニアシートは、特にハイバックジュニアシートと呼ばれます。

グレコ ジュニアプラス メトロポリタンGR

 

ブースターシートと、ハイバックジュニアシートの2つをあわせてジュニアシートと呼ばれます。

ジュニアシートは体重が15~36 kgの子供向けです。年齢の目安は3~10歳頃、身長の目安は100~138 cmとなります。

(この規格は適合基準によって異なることがあります。)

ブースターシートの特徴

ブースターシートとハイバックジュニアシートを比べたとき、ブースターシートの特徴は次のとおりです。

  • 軽い
  • コンパクト
  • 価格が安い
  • 一般的に安全性に劣る

安全性を考えるとハイバックジュニアシートのほうが良いです。

しかしブースターシートは、レンタカーや祖父母の家に帰省したときに使う場合など、時々しか使わないとか取り外すことが多い場合には使いやすいと思います。

また5人乗りの車の後部座席に、3人の子供を乗せたい場合や、2人の子供+1人の大人を乗せたい場合には、ハイバックジュニアシートでは横幅が大きくて乗れないことがありますので、そういった場合にもブースターシートが良いと思います。

 

ブースターシートのおすすめは、グレコのコンパクトジュニアです。シートが丸洗いできるのでおすすめです。

グレコ コンパクトジュニア

次の記事では、おすすめのブースターシート7種類を紹介していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

おすすめのブースターシート7選!特長・欠点をあわせて紹介。

チャイルドシートの分類のまとめ

チャイルドシートは、次の3種類に分けることができます。

  • 乳児向けのベビーシート・インファントシート
  • 幼児向けのチャイルドシート
  • 学童向けのジュニアシート

この中のジュニアシートは、次の二種類に分けられます。

  • ハイバックジュニアシート
  • ブースターシート

以上、ジュニアシートとブースターシートの違い。でした。