毎日読み聞かせたい。おすすめの世界・日本の名作絵本10選!

毎日こどもと一緒に絵本を見る習慣をつくることは、とても大切です。学齢期前のこどもと絵本を読むことで、知識の面だけでなく、情緒の発達にもよい影響を与えるでしょう。

読み聞かせに適した絵本はさまざまありますが、古くから読まれてきた名作絵本も読み聞かせに取り入れてみてはいかがでしょうか。

ここでは、おすすめの日本・世界の名作絵本を紹介します。

おすすめの日本・世界の名作絵本

はじめての世界名作えほん えほんのおうち(第一期 30巻)

はじめての世界名作えほん えほんのおうち(第一期 30巻)

シンデレラ (はじめての世界名作えほん)
32ページ
18㎝×19㎝
オールカラー/上製本/漢字カタカナ総ルビ
対象年齢 : 1歳から
378 円(税込)

 

ポプラ社の世界名作絵本の新シリーズです。

2018年から2020年にかけて全80巻が出版される予定で、2018年10月までに40冊が出版されています。

ハードカバーで、お値段はそのままで、絵が新しくなりました。

 

対象年齢は1歳からとなっていますが、1歳には話の長さがまだ少し長いため、旧シリーズ同様2~4歳くらいで読むのが適切だと思います。

ただ、1歳のうちの子は、絵や話の中の擬音を楽しんで読んでいます。

 

奥付に大人用の解説があるのが嬉しいです。

世界名作ファンタジー(60冊セット)

世界名作ファンタジー(60冊セット)

シンデレラ (世界名作ファンタジー4)
44ページ
18 x 19 cm
378 円(税込)

 

名作絵本では定番のポプラ社の「世界名作ファンタジー」です。

30年前から出版されているロングセラーで、本屋さんでもよく見かけます。

絵は落ち着きのある絵です。悪く言えば絵柄は古いのですが、最近発売されている名作絵本はアニメ調ですので、アニメ調が苦手という方にもおすすめです。

 

長さは、2~4歳の子に読み聞かせをするのにちょうどよい長さになっています。

ハードカバーなので、子供があらく扱っても傷みにくいのは良いです。

ただ、品切れになってきています。

日本昔ばなしアニメ絵本 18冊全巻セット

日本昔ばなしアニメ絵本 18冊全巻セット

ももたろう (日本昔ばなしアニメ絵本 (5))
15 x 15 cm
46ページ
480円(税込)

こちらは、永岡書店の日本昔ばなし絵本です。

ポプラ社のものよりやや小さめです。ソフトカバーなのでかさばりません。

 

ポプラ社のものよりも漢字が少し多めですが、ルビが振ってあります。

読み聞かせをする大人側としては、ひらがなばかりより読みやすいかもしれませんね。

 

お話の内容は優しい結末に置き換えられているものもあり、違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

世界名作アニメ絵本 20冊セット

世界名作アニメ絵本 20冊セット(1巻~20巻)

シンデレラ (世界名作アニメ絵本 (2))
43ページ
15 x 15 cm
380円(税込)

こちらは、永岡書店の世界名作絵本です。

本の特徴は、日本昔ばなしアニメ絵本と同じです。

はじめてのめいさくえほん 全15巻

はじめてのめいさくえほん 全15巻

ももたろう (はじめてのめいさくえほん)
22 ページ
16.5 x 15 cm
756 円

いもとようこさんの名作絵本集です。

ポプラ社や永岡書店の絵本よりも、文字数が少なく長さも短くなっているため、1~2歳の子におすすめです。

絵がとても暖かくて、大人も引き込まれます。

 

長さを短くするためストーリーを端折ってあるところもありますので、ストーリーについては期待しすぎないほうがよさそうです。

いもとようこの日本むかしばなし(全12巻セット)

いもとようこの日本むかしばなし(全12巻セット)

ももたろう (いもとようこの日本むかしばなし)
32ページ
29 x 22 cm
1,404円(税込)

こちらも、いもとようこさんの日本昔話絵本ですが、金の星社が出版しているバージョンで、大型本です。

こちらは各32ページあり、上の「はじめてのめいさくえほん」よりもお話が長くなっています。

子どもとよむ日本の昔ばなし 全30巻

子どもとよむ日本の昔ばなし 12巻セット

ももたろう (子どもとよむ日本の昔ばなし)
48ページ
18 x 14 cm
486円(税込)

くもん出版の日本の昔ばなし絵本です。全3期で全30巻です。

昔話研究の第一人者である小澤俊夫氏が監修しています。

耳で聞いてわかりやすいように文章が検討され、作られています。

 

民話をもとに再話されていますので、ストーリーが良く知られているものと異なる部分もあります。

世界名作おはなし絵本セット(全24巻)

世界名作おはなし絵本セット(全24巻)

シンデレラ (世界名作おはなし絵本)
32ページ
26 x 21 cm
1,080円

小学館の世界名作絵本です。

本が大きめで読みやすいです。

絵は書き手によって様々で、「シンデレラ」は芸術的な絵ですが、「長靴をはいた猫」は11匹のねこでお馴染みの馬場のぼるさんの絵でポップです。

大きめの絵本で読みたい方におすすめです。

世界の名作童話 全80巻完結セット (よい子とママのアニメ絵本)

世界の名作童話 全80巻完結セット (よい子とママのアニメ絵本)

シンデレラ (よい子とママのアニメ絵本 18 せかいめいさくシリーズ)
45 ページ
18 x 17 cm
409円

 

ブティック社の「せかいめいさくシリーズ・よい子とママのアニメ絵本」シリーズです。

世界名作で80巻あるシリーズはそれほどなく、「しあわせの王子」など他のシリーズでは収録されていないようなマニアックなストーリーも入っています。

世界名作を網羅したいという方におすすめです。

まんが日本昔ばなし(第1~5巻セット:20点)

まんが日本昔ばなし(第1~5巻セット:20点)

まんが日本昔ばなし〈第1巻〉
16 x 11 cm
918円(税込・1巻4冊)

おなじみの「まんが日本昔話」の絵本セット20冊です。

内容は悪くないのですが、本が小さめです。

持ち運びはしやすいですが、子供が読むには文字が小さいのが残念なところです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

個人的には、1歳の子には、いもとようこさんの「はじめてのめいさくえほん」で、2~3歳の子にはポプラ社の「はじめての世界名作えほん」がおすすめです。

いろいろなお話を子供と一緒に読んで、豊かな心を育んでくださいね。

以上、毎日読み聞かせたい。おすすめの世界・日本の名作絵本10選!でした。

 こんな記事も読まれています

コメントを残す