NE-BS607とNE-BS606の4つの違い。本体デザインとロック機能。

パナソニックのスチームオーブンレンジ「ビストロ」の2020年モデルNE-BS607と、2019年モデルNE-BS606は何が異なるのでしょうか。違いは4つあります。わかりやすく紹介します。

 

[参考] パナソニック ビストロ 14機種の一覧比較![スチームオーブン]

NE-BS607とNE-BS606の4つの違い

新機種のNE-BS607は、NE-BS606と比べて、次の点が違います。

  • 大型グレー液晶から、ホワイトバックライト液晶になり、ボタンがフラットデザインになり、すっきりした印象になった。
  • オーブンヒーター出力が小さくなった。一方で、トーストは早く焼けるようになった。
  • チャイルドロック機能が付いた。
  • かんたん見栄えごはんメニューが追加された。一方で、辻調レシピが減り、全体としては掲載レシピ・自動メニュー数は減少した。

 

2021年はNE-BS607の後継機種は発売されず、NE-BS607が600シリーズ最後の機種となりそうです。

 

違いを表で比較すると、次のようになります。

型番 NE-BS607 NE-BS606
発売年 2020 2019
画像
     
パナソニック ビストロ スチーム オーブンレンジ 26L ホワイト NE-BS607-W パナソニック スチームオーブンレンジ ビストロ 26L ヘルツフリー ホワイト NE-BS606-W

液晶 ホワイトバックライト液晶 大型グレー液晶(バックライトなし)
ダンパー/ロック ロック機能
オーブンヒーター出力 1.20kW 1.25kW
トースト(自動) グリル皿使用/1枚両面 約4分40秒 グリル皿使用/1枚両面 約4分50秒
レシピ数(自動メニュー数) 103 (62) 106 (68)
かんたん見栄えごはん かんたん見栄えごはん
型番 NE-BS607 NE-BS606
参考価格
ホワイト
¥49,800〜(2021/11/29 03:24)

液晶とボタン

NE-BS607とNE-BS606では、液晶や操作パネルのボタンデザインが変わりました。

次の画像で、左側がNE-BS606で、右側がNE-BS607です。

 

左側、NE-BS606の液晶は大型グレー液晶です。文字が大きく表示され、見やすいです。ボタン類は、ダイヤルの上にスタートボタン、ダイヤル右下に取消ボタンがあり、直感的に操作しやすいでしょう。

右側、NE-BS607の液晶はホワイトバックライト液晶になりました。液晶サイズは小さくなったものの、白い背景とバックライトで視認性が増しています。ボタン類は、フラットデザインになり清楚感がありますが、操作はしにくくなりました。スタート・取消ボタンはダイヤルから離れてしまいましたし、2つが隣り合っているので、慣れるまでは迷いそうです。グリル・トースト・オーブンのボタンは独立してアクセスしやすくなりましたが、どのボタンも同じに見えるので、ボタンの文字を読まないといけません。

 

また小さな違いですが、NE-BS606では扉下部にメニュー番号が小さい文字で書かれていますが、NE-BS607ではメニュー番号が記載されなくなりました。すっきりしたデザインになりましたが、説明書で確認しないとメニュー番号はわかりません。

 

このように、使いやすさはNE-BS606、デザインはNE-BS607が良いと思います。

型番 NE-BS607 NE-BS606
画像
     
パナソニック ビストロ スチーム オーブンレンジ 26L ホワイト NE-BS607-W パナソニック スチームオーブンレンジ ビストロ 26L ヘルツフリー ホワイト NE-BS606-W

液晶 ホワイトバックライト液晶 大型グレー液晶(バックライトなし)

オーブン出力

わずかな違いですが、NE-BS607ではオーブンヒーター出力が弱くなりました。1.25 kWだったものが、1.20 kWになりましたので、数%だけ減りました。

しかし、食パン1枚のトーストにかかる時間は、約4分50秒から約4分40秒へと、10秒短くなりました。ヒーターやグリル皿の配置が改善されているのかもしれませんね。

 

オーブン出力については、違いはほとんどありません。

型番 NE-BS607 NE-BS606
オーブンヒーター出力 1.20 kW 1.25 kW
トースト(自動) 1枚両面 約4分40秒 1枚両面 約4分50秒

チャイルドロック

NE-BS607では、幼いお子様が誤ってボタンやダイヤルに触れても、操作を受け付けないようにロックするチャイルドロック機能が搭載されました。

冷蔵庫の上やキッチンボードの上など、子供の手の届かないところに設置するのであれば必要ないですが、子供の手の届くところに設置する場合にはあると便利な機能です。子供にとっては電子レンジやオーブンは面白いおもちゃのようで、うちの子も、親戚の家に行くと電子レンジやオーブンに物を入れてボタンを押す遊びをしはじめます。

型番 NE-BS607 NE-BS606
ロック ロック機能

かんたん見栄えごはん

NE-BS607には新しく「かんたん見栄えごはん」メニュー・レシピが追加されました。「かんたん見栄えごはん」は、身近な食材を使い、少ない手間で作れて、グリル皿ごとテーブルに出せるメニューです。次の4つのレシピが作れます。

  • 豚と野菜の韓国風
  • さけのカラフルグリル
  • 瓦そば
  • カマンベールフォンデュ

 

一方で、NE-BS606にあった「こんがり10分」や「蒸し物」の辻調の先生方考案レシピを中心に掲載レシピが減ったことで、全体としては掲載レシピ数や掲載自動メニューレシピ数はわずかに減少しています。

 

レシピ集は、公式ページでPDFファイルをダウンロードして見ることもできますので、具体的なレシピが気になる方は確認してみるのも良いでしょう。(ダウンロードには時間がかかります。)

型番 NE-BS607 NE-BS606
かんたん見栄えごはん かんたん見栄えごはん
レシピ数(自動メニュー数) 103 (62) 106 (68)

どちらがおすすめか

このようにNE-BS607では、液晶と操作パネルのデザインが変わり、オーブン出力がわずかに変わり、ロック機能が付き、メニューにかんたん見栄えごはんが追加されました。

 

お子様がいらっしゃって低い場所にレンジを設置する場合は、ロック機能があるNE-BS607がおすすめです。

それ以外の場合は、性能はほぼ同じですので、操作性や好みのデザインの方を選ぶと良いでしょう。すっきりしたデザインが好みの場合はNE-BS607がおすすめです。ボタンが少ない方がよいとか、メニュー番号が扉にかかれていた方が良いという場合はNE-BS606がおすすめです。

 

2021年には一つ上位機種のNE-BS657は後継機種が発表された一方で、NE-BS607は後継機種が発表されずラインナップから消えていますので、NE-BS600シリーズはこれでなくなるのではないかと推測しています。NE-BS600シリーズが欲しい場合には、早めに手に入れると良いでしょう。

価格と性能を一覧表で比較

価格と性能を一覧表で比較すると次のようになります。

型番 NE-BS607 NE-BS606
発売年 2020 2019
画像
     
パナソニック ビストロ スチーム オーブンレンジ 26L ホワイト NE-BS607-W パナソニック スチームオーブンレンジ ビストロ 26L ヘルツフリー ホワイト NE-BS606-W

参考価格
ホワイト
¥49,800〜(2021/11/29 03:24)
特徴 庫内26 Lの小さめタイプ。芯までほぐせる解凍や、合わせ技セットメニューを搭載する。
型番 NE-BS607 NE-BS606
レンジ  
自動出力 1000 W: 最大 約3分 (600 W)
センサー スイングサーチ赤外線センサー
あたため
解凍 芯までほぐせる解凍・サイクロンウェーブ
グリル  
加熱方式 遠赤Wヒーター/両面グリル
少量時短加熱 エリア加熱 (ヒーター出力 最高 650 W)
スチーム  
発生方式 タンク式 (560 mL)・過熱水蒸気 (スチームコントロール機能)
時短/低温
あたため スチームあたため
オーブン  
温度 80〜250℃
発酵 スチームあり( 35・40℃ )
加熱方式 1段調理 上下ヒーターオーブン
スチームプラス
型番 NE-BS607 NE-BS606
レシピ数(自動メニュー数) 103 (62) 106 (68)
自動メニュー  
時短調理 こんがり10分/蒸し物15分/煮物10 分
凍ったままグリル
便利機能 合わせ技セット [3カテゴリー]
かんたん調理 かんたん見栄えごはん / かんたんピザ・パン かんたんピザ・パン
ワンボウルメニュー
やみつき野菜
トースト(自動)/パン グリル皿使用/1枚両面 約4分40秒/パンのあたため グリル皿使用/1枚両面 約4分50秒/パンのあたため
型番 NE-BS607 NE-BS606
使いやすさ  
スマホ連携
ダンパー/ロック ロック機能
庫内 LED庫内灯 (1か所)
液晶 ホワイトバックライト液晶 大型グレー液晶(バックライトなし)
お手入れ 庫内/脱臭/洗浄・水抜き/クエン酸洗浄/スチームお手入れ
天井
付属品 ビストログリル皿
外形寸法 幅 500 mm × 奥行 400 mm × 高さ 347 mm
型番 NE-BS607 NE-BS606

まとめ

パナソニックのスチームオーブンレンジ「ビストロ」のNE-BS607とNE-BS606の性能を比較しました。NE-BS607は、フラットデザインになり、チャイルドロック機能が付きました。取扱説明書の掲載レシピ数は減ったものの、「かんたん見栄えごはん」メニューが追加されています。フラットデザインが好みであれば、NE-BS607がおすすめです。

 

以上、NE-BS607とNE-BS606の4つの違い。でした。

 

[参考] パナソニック ビストロ 14機種の一覧比較![スチームオーブン]

参考

 

型番 NE-BS607 NE-BS606
画像
     
パナソニック ビストロ スチーム オーブンレンジ 26L ホワイト NE-BS607-W パナソニック スチームオーブンレンジ ビストロ 26L ヘルツフリー ホワイト NE-BS606-W

参考価格
ホワイト
¥49,800〜(2021/11/29 03:24)

1000 W: 最大 約3分 (600 W)

1000 Wの自動出力があります。3分を超えて使う場合には600 Wに抑制されます。

スイングサーチ赤外線センサー

赤外線センサーが検知する場所を移動させながら、食品の温度を直接検知して加熱時間をコントロールし、お好みの温度に仕上げます。スイングしますので64眼スピードセンサーよりも時間分解能は劣りますが、固定式の赤外線センサーと比べると広い範囲を検知できるのが利点です。

芯までほぐせる解凍・サイクロンウェーブ

マイクロ波をらせん状に放射するサイクロンウェーブ加熱で、食品の中心部からおだやかに、ムラを抑えて解凍します。全解凍・半解凍が別になっていない機種では、仕上がりの強弱で解凍具合を調整します。

遠赤Wヒーター/両面グリル

管状の光ヒーターが2つ付いています。材料をひっくり返す必要がありません。

エリア加熱(ヒーター出力 最高650W)

1〜2人分を調理する際、グリル皿の中央(、または手前側)を集中加熱することで調理時間を短縮します。スピードエリア加熱よりも最高出力は低いです。

タンク式・過熱水蒸気 (スチームコントロール機能)

低温のスチームから高温の過熱水蒸気まで、量、噴射タイミングをきめ細かくコントロールできます。ゆで卵・温泉卵、トースト、お菓子、蒸し料理、発酵、解凍、グリル・オーブン料理などに活用できます。

スチームあたため

ごはんや中華まんを、ラップなしでしっとりふっくら温めることができます。

温度: 80 〜 250℃

オーブンの220℃〜250℃での運転時間は約5分で、その後は自動的に210℃に切り替わります。

発酵機能: スチームあり( 35・40℃ )

最大で2時間設定できます。パン生地の発酵などに活用できます。給水タンクを空にすればスチームなしにできます。

1段調理 上下ヒーターオーブン

ファンのない1 段調理のヒーターオーブンです。

凍ったままグリル

週末などの時間のあるときにレシピに従って材料を下ごしらえして冷凍保存しておき、食べたいときにグリルで一気に焼き上げるメニューです。準備をしておけば、時間のない日でもビストロでグリル調理するだけで充実したおかずを食べることができます。市販の冷凍食品には使えません。

合わせ技セット

上段に焼き物、下段に煮物や汁物など、異なる2品を同時に調理できます。

かんたん見栄えごはん

身近な食材で手間を少なく、肉や魚などのタンパク質と野菜を一緒にバランスよく調理できるデイリーメニューから、週末や人の集まる時にテーブルの上が華やぐパーティメニューまで。グリル皿ごとテーブルに出せるメニューです。

かんたんピザ・パン

発酵いらず、予熱いらずでピザやパンを短時間で焼き上げるメニュー。

ワンボウルメニュー

下ごしらえした材料をボウルに入れて、ビストロで調理開始するだけで、とろみつきの中華や、フレンチ・パスタ・シチュー・煮物などを作れます。

ロック機能

幼いお子様が誤ってボタンやダイヤルに触れても、操作を受け付けないようにロックするチャイルドロック機能です。

脱臭、洗浄・水抜き、クエン酸洗浄、庫内スチームお手入れ

汚れに合わせて「自動お手入れ」コースが選べて、いつもきれいに保てます。イヤなニオイも除去します。