NE-BS908とNE-BS808の6つの違い。レンジとグリル性能。

パナソニックのスチームオーブンレンジ「ビストロ」の2021年モデルNE-BS908とNE-BS808は何が異なるのでしょうか。違いは6つあります。わかりやすく紹介します。

 

[参考] パナソニック ビストロ 14機種の一覧比較![スチームオーブン]

NE-BS908とNE-BS808の6つの違い

NE-BS908は、NE-BS808の上位機種です。NE-BS908は、NE-BS808と比べて、次の点が違います。

  • レンジのセンサーに高精細・64眼スピードセンサーを搭載。食品の温度を見分け、ふきこぼれや、とろみのこびりつきを防ぐ。
  • 二品同時あたため機能を搭載。マイクロ波をコントロールすることで、温度の異なる2品を温めることが可能。
  • グリルに大火力極め焼きヒーターを搭載。火力があり、食パンのトーストも早く焼ける。
  • グリルのエリア加熱の火力が大きい。少量でも素早く調理できる。
  • ビストロスピードグリル皿が付属する。
  • 取扱説明書掲載レシピ数と掲載自動メニュー数がそれぞれ80~90個多い。材料をボウルにいれたら、あとの調理はビストロにおまかせできるワンボウルメニューがある。

このように、レンジとグリルの性能が良く、調理レシピが多いのがNE-BS908です。スチームとオーブンの性能は同じです。

 

違いを表で比較すると次のようになります。

庫内容量 30 L (ワイド & フラット )
型番 NE-BS908 NE-BS808
発売年 2021 2021
画像
     
パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 高精細・64眼スピードセンサー ブラック NE-BS908-Kパナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 高精細・64眼スピードセンサー ホワイト NE-BS908-W パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 スイングサーチ赤外線センサー ブラック NE-BS808-Kパナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 スイングサーチ赤外線センサー ホワイト NE-BS808-W
型番 NE-BS908 NE-BS808
レンジ  
センサー 高精細・64眼スピードセンサー とろみ検知センシング スイングサーチ赤外線センサー
あたため 2品同時あたため [エコナビ] (ねらって加熱)
グリル  
加熱方式 大火力極め焼きヒーター/両面グリル 大火力平面ヒーター/両面グリル
少量時短加熱 スピードエリア加熱 (ヒーター出力 最高 900 W) エリア加熱 (ヒーター出力 最高 650 W)
型番 NE-BS908 NE-BS808
レシピ数(自動メニュー数) 294 (185) 202 (105)
自動メニュー  
時短調理 10分メニュー (こんがり8分/ 蒸し物10分・蒸し焼き10分) 10〜15分メニュー (こんがり10分/蒸し物10分・蒸し焼き15分)
凍ったままグリル 12 メニュー 7 メニュー
かんたん調理 かんたんピザ・パン/かんたん煮物/3素材×3ステップ かんたん煮物
ワンボウルメニュー パスタ・シチュー・中華・フレンチ・煮物・やみつき野菜
トースト(自動)/パン 1枚両面 約3分50秒/パンのあたため/スチームトースト 1枚両面 約5分10秒/パンのあたため/スチームトースト
付属品 ビストロスピードグリル皿、角皿2枚 ビストログリル皿、角皿2枚
型番 NE-BS908 NE-BS808
参考価格
ブラック
¥93,600〜(2021/09/17 21:45)
¥71,280〜(2021/09/17 14:49)
ホワイト
¥99,309〜(2021/09/17 21:45)
¥71,280〜(2021/09/17 14:49)

違いについて詳しく見てみましょう。

高精細・64眼スピードセンサー


高精細・64眼スピードセンサー。(画像はパナソニック公式ページより引用。)

電子レンジのセンサーは、食品の温度・分量などを見分けて自動であたため・解凍をするための機能です。NE-BS908ではレンジのセンサーに「高精細・64眼スピードセンサー」を搭載し、NE-BS808では「スイングサーチ赤外線センサー」を搭載しています。

高精細・64眼スピードセンサーは、多数のセンサーで0.1秒ごとに庫内や食品の温度を調べ、ふきこぼれや、とろみのこびりつきを防ぎます。温めムラができにくく、とろみの付いたワンボウルメニューも作ることができます。

スイングサーチ赤外線センサーは、赤外線センサーが検知する場所を移動させながら、食品の温度を検知します。スイングしますので64眼スピードセンサーよりも時間分解能は劣りますが、固定式の赤外線センサーと比べると広い範囲を検知できるのが利点です。

 

自動あたため機能での、あたためムラが気になるという方はNE-BS908のほうがおすすめです。

型番 NE-BS908 NE-BS808
センサー 高精細・64眼スピードセンサー とろみ検知センシング スイングサーチ赤外線センサー

二品同時あたため

NE-BS908は、レンジ加熱の機能として「二品同時あたため」を搭載しています。これは、3Dアンテナでマイクロ波をコントロールすることで、温度の異なる2品を同時に効率よく温めることができるという機能です。冷凍ごはんと冷凍おかずも同時に温められます。

型番 NE-BS908 NE-BS808
あたため 2品同時あたため [エコナビ] (ねらって加熱)

大火力極め焼きヒーター


大火力極め焼きヒーター。(画像はパナソニック公式ページより引用。)

グリルのヒーターには、NE-BS908は「大火力極め焼きヒーター」、NE-BS808は「大火力平面ヒーター」を搭載しています。NE-BS908のほうがグリルの火力があり、食パンのトーストも早く焼くことができます。

火力がある方が、外はこんがり、中はふんわり仕上がりますので、グリルメニューを活用したいという方にはNE-BS908がおすすめです。

型番 NE-BS908 NE-BS808
加熱方式 大火力極め焼きヒーター/両面グリル 大火力平面ヒーター/両面グリル
トースト(自動)/パン 1枚両面 約3分50秒/パンのあたため/スチームトースト 1枚両面 約5分10秒/パンのあたため/スチームトースト

スピードエリア加熱

どちらの機種にも、1〜2人分を調理する際にグリル皿の中央を集中して効率よく加熱することで調理時間を短縮する機能がついています。NE-BS908は「スピードエリア加熱」で、NE-BS808は「エリア加熱」という機能です。

NE-BS908のスピードエリア加熱のほうがヒーター出力が強く、早く加熱することができます。

型番 NE-BS908 NE-BS808
少量時短加熱 スピードエリア加熱 (ヒーター出力 最高 900 W) エリア加熱 (ヒーター出力 最高 650 W)

ビストロスピードグリル皿

Panasonic グリル皿 A443S-1S30

グリル用調理皿として、NE-BS908にはビストロスピードグリル皿が、NE-BS808にはビストログリル皿が付属します。

これらの違いははっきりしませんが、ビストロスピードグリル皿の方が、裏面にある高温フェライトの性能が良いのと、高火力のスピードエリア加熱に対応していると推測されます。

[参考] ビストロのグリル皿と角皿の違いやサイズ。

 

2段オーブン用の角皿は2枚付属します。

型番 NE-BS908 NE-BS808
付属品 ビストロスピードグリル皿、角皿2枚 ビストログリル皿、角皿2枚

レシピとメニュー

取扱説明書に掲載されているレシピ数と、自動メニュー数は、NE-BS908のほうがそれぞれ80~90個多いです。

特にNE-BS908には、「ワンボウルメニュー」があります。これは下ごしらえした材料をボウルに入れて、あとはビストロに調理をおまかせすれば、とろみつきの中華や、フレンチ・パスタ・シチュー・煮物・野菜料理などを作ることができる人気メニューです。

他にもNE-BS908には「3素材×3ステップ」という、2~3つの材料を使って3ステップでつくれるかんたんメニューがあります。

 

ビストロで料理のレパートリーを増やしたいという方には、NE-BS908がおすすめです。

型番 NE-BS908 NE-BS808
レシピ数(自動メニュー数) 294 (185) 202 (105)
時短調理 10分メニュー (こんがり8分/ 蒸し物10分・蒸し焼き10分) 10〜15分メニュー (こんがり10分/蒸し物10分・蒸し焼き15分)
凍ったままグリル 12 メニュー 7 メニュー
かんたん調理 かんたんピザ・パン/かんたん煮物/3素材×3ステップ かんたん煮物
ワンボウルメニュー パスタ・シチュー・中華・フレンチ・煮物・やみつき野菜

どちらがおすすめか

このように、NE-BS908はNE-BS808と比べて、レンジとグリルの性能が高く、取扱説明書に掲載されているレシピや自動メニューが多いです。

 

次のような方には、NE-BS908がおすすめです。

  • レンジの高性能なセンサーで、温めすぎや温め不足を防いで、ちょうどよい温度に加熱してほしい。
  • 火力の強いグリルで、焼き物を美味しく作りたい。
  • おいしいトーストを焼きたい。
  • ワンボウルメニューや3素材×3ステップなどの時短料理を作りたい。

 

次のような方には、NE-BS808がおすすめです。

  • レンジとグリル機能は最高性能でなくてもよい。
  • 最高300℃のコンベクションオーブンや、スピードスチーム機構を搭載したしっかりしたスチーム性能は妥協したくない。
  • 取扱説明書掲載のレシピは202個あれば十分、あるいは取扱説明書のレシピは必要ない。

 

どちらの機種もオーブンとスチーム性能は高いので、ハード系パンを高温でスチームを入れながら焼いたり、スチームでゆで卵を作ったりすることができます。

 

ビストロは、食材の温度を検知しながら自動で調理してくれますので、放ったらかしで時短調理ができるのが魅力です。スチーム機能があると従来の電子レンジよりも幅広い調理ができますので、新しい調理家電としてキッチンに導入すると料理が楽しくなると思います。

価格と性能を表で比較

価格と性能を一覧表で比較すると、次のようになります。

庫内容量 30 L (ワイド & フラット )
型番 NE-BS908 NE-BS808
発売年 2021 2021
画像
     
パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 高精細・64眼スピードセンサー ブラック NE-BS908-Kパナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 高精細・64眼スピードセンサー ホワイト NE-BS908-W パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 スイングサーチ赤外線センサー ブラック NE-BS808-Kパナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 スイングサーチ赤外線センサー ホワイト NE-BS808-W
参考価格
ブラック
¥93,600〜(2021/09/17 21:45)
¥71,280〜(2021/09/17 14:49)
ホワイト
¥99,309〜(2021/09/17 21:45)
¥71,280〜(2021/09/17 14:49)
特徴 高精細・64眼スピードセンサーや、2品同時あたため機能、大火力極め焼きヒーターを搭載したハイグレードモデル。 大火力平面ヒーターや、最高温度300℃の2段コンベクションオーブン、凍ったままグリルメニューを搭載したスタンダードモデル。
型番 NE-BS908 NE-BS808
レンジ  
自動出力 1000 W: 最大 約5分 (700 W)
センサー 高精細・64眼スピードセンサー とろみ検知センシング スイングサーチ赤外線センサー
あたため 2品同時あたため [エコナビ] (ねらって加熱)
解凍 芯までほぐせる解凍(全解凍・半解凍)・サイクロンウェーブ
グリル  
加熱方式 大火力極め焼きヒーター/両面グリル 大火力平面ヒーター/両面グリル
少量時短加熱 スピードエリア加熱 (ヒーター出力 最高 900 W) エリア加熱 (ヒーター出力 最高 650 W)
スチーム  
発生方式 タンク式 (650 mL)・過熱水蒸気 (スチームコントロール機能)
時短/低温 スピードスチーム機構/60〜95℃
あたため スチームあたため
オーブン  
温度 70 〜 300℃
発酵 スチームあり( 30 〜 45℃ )
スチームなし( 50 〜 65℃ )
加熱方式 2段調理 コンベクションオーブン
スチームプラス スチームプラス
型番 NE-BS908 NE-BS808
レシピ数(自動メニュー数) 294 (185) 202 (105)
自動メニュー  
時短調理 10分メニュー (こんがり8分/ 蒸し物10分・蒸し焼き10分) 10〜15分メニュー (こんがり10分/蒸し物10分・蒸し焼き15分)
凍ったままグリル 12 メニュー 7 メニュー
便利機能 合わせ技セット [3カテゴリー]
かんたん調理 かんたんピザ・パン /かんたん煮物/ 3素材×3ステップ かんたん煮物
ワンボウルメニュー パスタ・シチュー・中華・フレンチ・煮物
やみつき野菜 やみつき野菜 ( ワンボウルメニュー )
トースト(自動)/パン 1枚両面 約3分50秒/パンのあたため/スチームトースト 1枚両面 約5分10秒/パンのあたため/スチームトースト
型番 NE-BS908 NE-BS808
使いやすさ  
スマホ連携
ダンパー/ロック ロック機能
庫内 LED庫内灯(2か所)
「庫内を冷ます」コース
液晶 大型ホワイト[バックライト]液晶
お手入れ 庫内/脱臭/洗浄・水抜き/クエン酸洗浄/スチームお手入れ
天井 オートクリーン加工
付属品 ビストロスピードグリル皿、角皿2枚 ビストログリル皿、角皿2枚
外形寸法 幅 494 mm × 奥行 435 mm × 高さ 370 mm 幅 494 mm × 奥行 445 mm × 高さ 370 mm
型番 NE-BS908 NE-BS808

共通性能

NE-BS908とNE-BS808が共通して持っているスチームとオーブンの性能について見てみましょう。

スチーム性能

スチーム調理では、茶碗蒸しや蒸し野菜の他にも、ゆで卵・温泉卵づくり、中華まんあたため、湿度を保って発酵、ごはんのふっくらあたため、解凍むらを抑えた解凍などに幅広く活用することができます。


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

NE-BS908やNE-BS808では、低温のスチームから高温の過熱水蒸気まで、量、噴射タイミングをきめ細かくコントロールできます。

また、スピードスチーム機能を使うと、庫内上部にたっぷりのスチームを閉じ込めることで短時間で、蒸し器同様の蒸し上がりを実現します。温度は、60〜95℃の5℃刻みで設定できます。

オーブン性能


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

NE-BS908とNE-BS808では、2段調理コンベクションオーブンを搭載しています。

コンベクションオーブンとは、熱風を庫内全体に循環させ、ムラを抑えて焼き上げることのできるオーブンです。2段のオーブンなので、クッキーやバターロールなどの背の低いものは、一度にたくさん焼くことが出来ます。

最高温度は300℃で、設定可能温度範囲は 70 〜 300℃です。240〜300℃の運転時間は約 5 分に制限されますが、例えば300℃では焼きいもを焼いたり、250℃ではローストビーフを焼いたりできます。

 

また、手動のオーブン調理中にお好みでスチームを入れることができるスチームプラス機能が付いています。フランスパンなどのハード系パンを焼きたい場合には、あると嬉しい機能ですね。

まとめ

パナソニックのスチームオーブンレンジ、ビストロのNE-BS908は、NE-BS808と比べて、レンジとグリルの性能が高く、取扱説明書に掲載されているレシピや自動メニューが多い点が優れています。レンジのセンサー性能やグリルの火力を重視する場合には、NE-BS908がおすすめです。

 

次の記事では、ビストロの各モデルについて機能を一覧表で比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

パナソニック ビストロ 14機種の一覧比較!

 

以上、NE-BS908とNE-BS808の6つの違い。でした。

参考

 

型番 NE-BS908 NE-BS808
画像
     
パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 高精細・64眼スピードセンサー ブラック NE-BS908-Kパナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 高精細・64眼スピードセンサー ホワイト NE-BS908-W パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 スイングサーチ赤外線センサー ブラック NE-BS808-Kパナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 スイングサーチ赤外線センサー ホワイト NE-BS808-W
参考価格
ブラック
¥93,600〜(2021/09/17 21:45)
¥71,280〜(2021/09/17 14:49)
ホワイト
¥99,309〜(2021/09/17 21:45)
¥71,280〜(2021/09/17 14:49)

1000 W: 最大 約5分 (700 W)

1000 Wの出力があります。5分を超えて使う場合には700 Wに抑制されます。

高精細・64眼スピードセンサー とろみ検知センシング


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

食品の温度・分量などを見分けて自動であたため・解凍をする機能です。0.1秒ごとに庫内や食品の温度を調べることで、ふきこぼれや、とろみのこびりつきを防ぎます。温めムラができにくく、とろみの付いたワンボウルメニューも作ることができます。

スイングサーチ赤外線センサー

赤外線センサーが検知する場所を移動させながら、食品の温度を直接検知して加熱時間をコントロールし、お好みの温度に仕上げます。スイングしますので64眼スピードセンサーよりも時間分解能は劣りますが、固定式の赤外線センサーと比べると広い範囲を検知できるのが利点です。

2品同時あたため [エコナビ] (ねらって加熱)

3Dアンテナでマイクロ波をコントロールし、温度の異なる2品を同時に効率よく温めます。冷凍ごはんと冷凍おかずも同時に温められます。

芯までほぐせる解凍(全解凍/半解凍)・サイクロンウェーブ

マイクロ波をらせん状に放射するサイクロンウェーブ加熱で、食品の中心部からおだやかに、ムラを抑えて解凍します。全解凍か半解凍が選べる機種では、それぞれで仕上がりを5段階で調整できます。

大火力極め焼きヒーター/両面グリル


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

立ち上がりが早いパワフルな平面ヒーターです。ハンバーグや塩さば、食パンをひっくり返さずスピーディーにこんがり焼くことができます。

従来の管状の光ヒーターではなく平面ヒーターですので、見た目がすっきりしており拭き掃除も簡単です。特に、比較的長時間焼く「凍ったままグリル」メニューで時短効果があります。

大火力平面ヒーター

大火力極め焼きヒーターには火力が劣るものの、予熱なしで調理ができる高火力の平面ヒーターです。両面グリルですので、材料をひっくり返す必要がありませんし、平面ヒーターですので、見た目がすっきりしており拭き掃除も簡単です。

スピードエリア加熱 (ヒーター出力 最高 900 W)

1〜2人分を調理する際、グリル皿の中央を集中加熱することで調理時間を短縮します。

エリア加熱(ヒーター出力 最高650W)

1〜2人分を調理する際、グリル皿の中央(、または手前側)を集中加熱することで調理時間を短縮します。スピードエリア加熱よりも最高出力は低いです。

タンク式・過熱水蒸気 (スチームコントロール機能)

低温のスチームから高温の過熱水蒸気まで、量、噴射タイミングをきめ細かくコントロールできます。ゆで卵・温泉卵、トースト、お菓子、蒸し料理、発酵、解凍、グリル・オーブン料理などに活用できます。

スピードスチーム機構/60〜95℃

蒸し調理において、庫内上部にたっぷりのスチームを閉じ込める機構です。短時間で、蒸し器同様の蒸し上がりを実現します。スチーム温度は、5℃刻みで設定できます。

この機構がない機種では、蒸し調理はスチームとレンジを組み合わせて行い、温度設定はできません。

スチームあたため

ごはんや中華まんを、ラップなしでしっとりふっくら温めることができます。

温度: 70 〜 300℃

幅広い温度設定ができます。オーブンの240℃〜300℃での運転時間は約5分で、その後は自動的に230℃に切り替わります。70℃未満は発酵機能でカバーされます。

例えば300℃では焼きいもを焼いたり、250℃ではローストビーフを焼いたりできます。300℃はハード系パンの焼き始めにもおすすめです。

発酵機能: スチームあり( 30 〜 45℃ )、スチームなし( 50 〜 65℃ )

30℃から65℃までの温度帯で、最大8時間の設定が可能です。ヨーグルト(40℃スチームあり)や甘酒作り(60℃スチームなし)に活用できます。スチームの使用も、メニューに合わせて選べます。30~45°Cに設定すると自動でスチームが出ますが、給水タンクを空にすればスチームなしにできます。

2段調理 コンベクションオーブン


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

コンベクションオーブンとは、熱風を庫内全体に循環させ、ムラを抑えて焼き上げることのできるオーブンです。2段のオーブンなので、クッキーやバターロールなどの背の低いものは、一度にたくさん焼くことが出来ます。

スチームプラス

手動のオーブン調理中にお好みでスチームを入れることができます。火の通りやケーキのふくらみをよくします。フランスパンなどのハード系パンにもおすすめの機能です。

凍ったままグリル

週末などの時間のあるときにレシピに従って材料を下ごしらえして冷凍保存しておき、食べたいときにグリルで一気に焼き上げるメニューです。準備をしておけば、時間のない日でもビストロでグリル調理するだけで充実したおかずを食べることができます。市販の冷凍食品には使えません。

合わせ技セット

上段に焼き物、下段に煮物や汁物など、異なる2品を同時に調理できます。

かんたんピザ・パン

発酵いらず、予熱いらずでピザやパンを短時間で焼き上げるメニュー。

3素材×3ステップ

3素材×3ステップは、2~3つの材料を使って3ステップでつくれるかんたんメニューです。

ワンボウルメニュー

下ごしらえした材料をボウルに入れて、ビストロで調理開始するだけで、とろみつきの中華や、フレンチ・パスタ・シチュー・煮物などを作れます。

ロック機能

幼いお子様が誤ってボタンやダイヤルに触れても、操作を受け付けないようにロックするチャイルドロック機能です。

LED庫内灯2灯

2段調理でも見やすい2灯です。ON/OFFと記載のある機種は、調理中に点灯と消灯を選べます。

「庫内を冷ます」コース

ファンを回して庫内を冷めやすくする機能です。グリル使用直後など庫内温度が高いときには、解凍調理はできませんが、そのようなときに使用します。

脱臭、洗浄・水抜き、クエン酸洗浄、庫内スチームお手入れ

汚れに合わせて「自動お手入れ」コースが選べて、いつもきれいに保てます。イヤなニオイも除去します。

天井オートクリーン加工

ヒーターの熱によって油を水と炭酸ガスに分解してくれる加工がされており、ベタついた天井をサラサラの状態にします。