おすすめのオートミール製品徹底比較!日食、オドラムズ、クエーカーのどれがよい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

オートミールは、オーツ麦(えん麦)を、カットしたり押しつぶしたりして食べやすくしたものです。

ビタミンB1や鉄分などのミネラル、食物繊維が豊富で、腹持ちもよいため、健康食・ダイエット食として広く食べられています。また、離乳食としても人気が出てきています

ここでは、おすすめのオートミール製品を紹介します。

有名なメーカーには、日食(日本食品製造、日本)、オドラムズ(アイルランド)、クエーカー(米国)があります。

美味しい順、価格順

経験上、価格が高いものがやはり美味しいです。

 

私の独断で美味しい順で製品を並べると、次の通りになります。

  1. 北海道産オートミール(日食), スチールカットオーツ(オドラムズ)
  2. 外国産オーツ麦のオートミール(各社)
  3. オールドファッションオートミール(クエーカー)

価格順は次の通り。

  1. オールドファッションオートミール(クエーカー)  ~ 50円 / 100g
  2. 外国産オーツ麦のオートミール(各社), スチールカットオーツ(オドラムズ) ~ 100円 / 100g
  3. 北海道産オートミール(日食) ~ 200円 / 100 g

 

なお、スチールカットオーツとロールドオーツの違いは次の記事で紹介しています。

オートミールの種類を紹介!カットオーツ、インスタントオーツ、ロールドオーツとは?

お勧めのオートミールは?

初めてオートミールを食べるという方は、少量で美味しいものから試すとよいと思いますので、日食の北海道産オートミールをお勧めします。

安いのでも味が気にならず、たくさん食べたいという場合は、クエーカーのオールドファッションオートミール一択になるでしょう。

離乳食に使いたい場合には、オーガニックオートミールがよいでしょう。特に、日食のオーガニックピュアオートミールは、乳児用規格適用食品ですので、安心して与えられます。

以下では、それぞれの製品の特徴を紹介していきます。

日食の北海道産オートミール

日食のロールドオーツは、北海道産オーツ麦を100%使用したオートミールです。

国産のオートミールは日食だけが製造しています。業務用ではない製品はこれだけですので、国産がよい場合にはこの製品を選ぶことになります。

 

缶のデザインはレトロで可愛いです。昭和8年のものを復刻したと、缶の裏に書かれています。

蓋を開けると、オートミールがぎっちり入っています。

オートミールはカットされていないタイプのようです。

このオートミールの特徴は、オーツ麦の香りがしっかり残っており、ぷちぷちとした食感が楽しめることです。

オートミールを食べ比べてみましたが、このオートミールが一番美味しいです。

ただ、350 gで756 円(Amazonで2017/12/5現在)と割高なのが欠点です。

楽天市場で最安値を探す

スチールカットオートミール

次にお勧めなのは、スチールカットオートミールです。

日本メーカーからは出ていませんが、海外の各社から販売されています。アイルランド産のものが多いですが、米国産のものもあります。

有名なのはオドラムズのスチールカットオートミールです。

Odlums 挽き割りオートミール 454g

うちでは、同じくアイルランド産のFLAHAVANのスチールカットオートミールを食べてみました。

スチールカットオートミールは、圧延処理がなされていないため、粒が丸いことがわかると思います。

食べるには、30分煮なければなりません。面倒なときには、炊飯器のお粥モードで炊いていますが、上手く炊けます。大麦のように、白米と混ぜて炊いても美味しいです。

 

スチールカットオートミールの特徴は、ぷちぷち感が一番強いということです。オーツの香りもあり、美味しいです。時間がたってもベタッとしにくいため、固めに炊くと、玄米ごはんや麦ごはんのように食べることができます。

硬めの食感が好きな方は、日食の国産オートミールよりもこちらの方がよいと思います。

ただ、炊くのに時間がかかるのが欠点です。

価格は、およそ100 gあたり100 円からと手頃です。オドラムズのものは取扱が少なく、Amazonでは2017/12/5現在100 gあたり200 円と割高となっています。

楽天市場で最安値を探す

外国産オーツ麦のオートミール

オートミールのほとんどの製品がこのタイプです。

オーガニック原料を使用したものとそうでないものがありますが、経験上、食感や味にはあまり違いがないです。

 

スーパーで一番よく見かけるのが、日食のピュアオートミールです。

日食 プレミアム ピュア オートミール 300g

パッケージは似ていますが、緑色パッケージのものが、有機オーツ麦を使用した製品です。

こちらは乳児用規格適用食品で、離乳食に適しています。

うちでも離乳食に使用しています。

外国産オートミールの特徴は、柔らかく、粒感が少ないということです。2分炊いた後に、数分ほおって置くと、粒がなくなるくらいまで溶けます。オーツ麦としての香りもあまりありません。

上で紹介したオートミールはオーツ麦の特徴が強いですが、こちらはその特徴がありません。

言い方を変えれば、クセがないため、オーツ麦の香りや硬さが苦手な方はこのタイプの製品がおすすめです。

 

クセがないため、米のお粥のように使えます。玉子を混ぜて玉子がゆにしたり、つけものをのせたり、ゆかりをかけたりと、くせがないため何とでも合います。

価格もオーガニックでないものは100 gあたり100円程度と安い点も良いです。

楽天市場で最安値を探す

オールドファッションオートミール(クエーカー)

輸入食料品店でよく見かけるのが、おじさんの絵のパッケージのクエーカーのオートミールです。

QUAKER OATS クエーカー オールドファッションオートミール4.52kg 2.26kgX2パック入

510 gのパッケージもありますが、これを買うならば2.26 kg x 2のアメリカンサイズのパッケージでしょう。コストコで輸入販売されていますが、ネットでも転売されているものを安く手に入れることができます。

味としては、上の外国産オートミールの特徴と同様で、柔らかく香りは少ないです。硬い皮が混ざっていることがあります。

 

100 gあたり50円と安いため、日常的にたくさん食べたいという場合は、これ一択になるでしょう。

コストコは会員にならないと買えないため、会員ではない場合は、ネットで買うことになります。

Amazonのオートミールでは2017/12/05現在一番口コミが多く、一番売れているようです。

楽天市場で最安値を探す

まとめ

味で選ぶなら、日食の北海道産オートミールか、スチールカットオーツがおすすめです。

値段も味も手頃でスーパーで買えるのがよいのであれば、各社の外国産オーツ麦のオートミールがおすすめ。

安いものがよいならば、クエーカーのオールドファッションオートミール一択です。

離乳食には、日食のオーガニックピュアオートミールがよいでしょう。

 

オートミールの栄養を他の穀類と比較してみました。次の記事で紹介しています。

オートミールと穀類の栄養比較!精白米、玄米、押麦、小麦、あわ、きび、そば、コーンフレークと比較!

 

オートミールが離乳食におすすめな理由は、次の記事で詳しく紹介しています。

離乳食のおかゆの代わりにオートミールがおすすめ!赤ちゃんの便秘対策にも!

 

以上、おすすめのオートミール製品を徹底比較!日食、オドラムズ、クエーカーどれがよい?でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す