クロスバイク

クロスバイク(ライトウェイ シェファード2013)の購入1年後メンテナンス

クロスバイクを購入してちょうど一年になり、修繕が必要なところもでてきたので、時間をかけてメンテナンスをした。

 

日常のメンテナンス

ちなみに日常のメンテナンスは、

  • 1-2週に一回空気入れ、汚れふき
  • 3週に1回、チェーンの掃除と油さし。
  • 1-2ヶ月に1回ブレーキワイヤの調整。ディレイラーの調整。

をしていた。

 

まずは自転車屋さんへ

まず、購入した自転車屋さんで、

  • 自転車置き場で倒れた時に曲がったディレイラーハンガーを叩いて直してもらい
  • 後ろブレーキシューを交換

してもらった。

そのときに、

ハンドルを止める六角ネジ(m5x20)が錆びてボロボロなので、交換してほしい

と言ったら、自分でやってね、と言われたので、

元々入っていたネジにはグリスが塗ってあった。グリスは、ネジが硬くて抜けなくなるの(固着)を防止するために塗ると良い。しかしグリスを持っていないので、塗らずに締めた。(結局あとで、PARKTOOLのポリリューブ1000というグリスを買ったのだが。)

運転中よく目に止まるところなので、綺麗だと気分がよい。

ディレイラーハンガーはまだ曲がっていて、リアプーリーギアにチェーンがギリギリ入っているくらいで、しばしばシフトチェンジに失敗してチェーンがからまります。

ブレーキシューは、交換前がM65T3という雨天も可のものでしたが、S65Tというドライ用のになっていました。雨の日にブレーキが一瞬で減ったので、前のと違うなあと気づいてみてみたらこうだ。

 

今までは自転車を売ってくれたお店への感謝の気持ちも込めてその自転車屋さんでやってもらっていたのだが、自転車屋さんだと、

  • 部品の種類がインターネットより少ない
  • 2割以上部品の価格が高い
  • ベストではなく、悪くはない程度にしか調整してくれない

ので、自分でネットで買って、自分で時間をかけて調整したほうが良さそうだなあと思うくらいに、クロスバイクに慣れてきたので、なるべく自分でメンテナンスをすることにした。

 

タイヤの交換を自分でする

まず、タイヤ。

シェファードに購入時についていたタイヤは、KENDAの700x32Cであるが、人の自転車を見て、細いのが良いなあと調べてみたところ、25Cあたりが通勤によさそうと思った。そして、シェファードについての不満だった、振動で頭が痛いとか、路面で滑りやすいとかいうのは、クロスバイクの特徴ではなく、シェファードのダメタイヤのせいらしいと知る。

25Cだと、クリーム色ないしは白色のタイヤがないので、パナレーサー クローザープラスの黒にしようと思うが、ポチる直前で、タイヤが黒いシェファード2012の画像をみて、これじゃないと思って、full白色にこだわることにし、Vittoria(ビットリア) TOPAZIO PRO 2 700×23c FULL WHITE F-TO2723-WWにした。

2本で6200円でなかなか高い。topazio pro2の仕様が見つからず、proとの違いがわからないが、proの方は雨天でも滑りにくいそうなので、pro2でも変わっていないと思ってこれにする。シェファードに付いていたフレームはALEX XC-23という16mm幅リムである。23Cタイヤは次のページで調べると細さがギリギリセーフhttp://www.geocities.jp/jitensha_tanken/tire_size.html#tire_rimである。リムの仕様を調べても23Cはokらしい。

他に購入したのは次の通り。ニトリル手袋は油で手が汚れないのでおすすめ。一双あたり数十円。

 

f:id:beiz23:20150418211203j:image:w300f:id:beiz23:20150418211137j:image:w300

タイヤを外したところ。リムテープは綺麗なままだったのでそのまま使う。

付いていたのは 16mm幅だったので、交換するなら次のがよさそう。

タイヤを掃除してなかったのでクリーム色じゃなくて黒い。

f:id:beiz23:20150418211456j:image:w300f:id:beiz23:20150418213824j:image:w300

タイヤをとりつけたところ。23Cは硬くてはめにくいとか、チューブを挟んで空気を入れてバーストするとかいろいろ難しそうな説明がネットにあふれていましたが、手でパコリとすんなり入りました。入りやすいタイヤなのかも。白色と言ってもそこまで白くなくベージュ色っぽいので良かったかも。すぐ汚れるだろうけど。

 

f:id:beiz23:20150419111100j:image:w300

タイヤが細くなった図。9mm程度細いはずだが、見た目上はちょっと細いだけだ。8bar空気をいれた。コンパクトポンプに比べて、フロアポンプはどんだけ空気入れやすいんだという感じでした。もっと早く買ってもよかった。

近場を運転してみたところ、ネットでの意見通り、路面をネッチョリと捉える感じです。あと、23Cなのにクッション性が良くて、乗り心地が著しく改善されました。あとは漕ぎ出しがとても軽くなってびっくり。

25Cだったらどんだけ乗り心地いいんだろう、という気もする。早く交換すればよかった。KENDAのデフォルトタイヤは、硬くて滑るという金属のようなタイヤだったということですか。まあ丈夫だったのは良かった。

ホイールの振れ取り

近所を走ったところ、ブレーキシューに一回転ごとにシャッシャッと掠る音がしたので、タイヤの振れ取りをすることに。

スポークが曲がったのは、コケたとか、自転車置き場においているので前輪フォークに負荷がかかるせいだと思う。リムごと交換しなきゃいけないと思っていて、1万以上するとか無理だなあ、悲しい、と思っていたけれど、スポークの調整で直るらしいと知る。
そこで、次のスポークレンチを買った。

f:id:beiz23:20150419193930j:image:w300

細かい時間のかかる調整は、良い道具を使うのが良さそうということで、1250円もこの6cm長くらいの工具に支払ってやったぜ。シェファード2013のスポークは14Gらしいですね。

振れを診る機械は3000円とか、8000円とかするのでスルー。結束バンド(インシュロックタイ)を使えばよいという話をいろんなところ(cf.http://irodoriworld.com/archives/6666)で読んで、そうすることに。

ぶれてるところについて、3スポークを一セットとして、逆1/8回転 – 1/4回転 – 逆1/8回転とするのを3-4セットすると、1mm以下の左右振れになった。同様にまだ振れるところについて、逆1/16回転 – 1/8回転 – 逆1/16回転すると、0.5mm程度以下になった。

縦ブレの場合は、凸凹のところについて、3本一セットで1/8回転 – 1/4回転 – 1/8回転として、振れが1mm以下になったら同様に、半分の回転にして調整した。意外と簡単に終わった。道具が良いせいか、回転角がよくわかる。

前輪、後輪ともに上下左右、0.5mm程度の振れに納まった。

 

そして、ブレーキシューの調整と、ワイヤー長の調整をした。引きしろが小さくなって、満足である。

今後したいこと

あとしたいことは、

  • 遠距離ツーリング
  • チェーン、ギアの洗浄、チェーンの交換
    • KMC 7スピード用ミッシングリンク CL573R 2セット入 シルバー

      • 何度も外せるかと思ったけど4-5回外したら交換してねということらしい。うむむ。後ろプーリーをはずせば、チェーンを切らなくてもチェーンは外せるので、そういう外し方にしたほうがよいのか。→ ミッシングリンクは突然外れることがあり危険、という意見を友人からもらいましたが、チェーンをまるごと洗える利点に負け導入しました。
    • SHIMANO(シマノ) CN-HG71 6 / 7 / 8S 116L ICNHG71116I

      • HG40と400円しか違わないから、と思ったが、あまり差は感じないそうなので、400円でもケチればよかったな、、
    • キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル チェーン切りコンパクトタイプ Y-3111

      • シマノHGに対応してないとパッケージに書いてあって、安物買いのなんとかで、1500円のにしとけばよかったかなと。-> 結局、ちゃんとしたものを買い直すことになりました。
      • スプロケットを外して洗いたいので工具がほしい。工具は工具セットいいなーと思ったが、必要なものだけ買ったほうが安いし、良い工具を選ぶべきところでいい工具を選べてよいかもしらん。→ 1500円前後のスプロケット外しを購入しました。
  • ブレーキとシフトチェンジが硬いので、ワイヤーを錆びなくて滑りのよいもの(テフロンコートのSUSとか、あるいはSUSでグリスアップ頑張る)に交換する。→ テフロンコートのはあまりに高価だったので、SUS製のワイヤーに交換し、随時グリスアップしています。
  • ブレーキシューの汚れが白い車体について目立つので、汚れにくいシューとか、シューをカートリッジ化とかする
    • BRM422 Vブレーキってカートリッジ化できるんだろうか。->Vブレーキ用のシューカートリッジなら使えるようだ。
      シマノ BR-M422-L REAR [EBRM422RX43SLP] Vブレーキ リア用 X-TYPE ブラック
    • そしたらswiss stopは使えるかなあ。しかし高くてオーバースペックな気も。4つで3k円ちょいだから、2倍の値段やな。
    • ブレーキごと交換しても、カートリッジシューにするのと値段変わらないかも(どっちも2k円)。->ブレーキBR-T610ごと買って、カートリッジ化するか。錆びたワイヤーガイド(それだけ買うと500円くらい)を新しくできる。
    • 黒いシューでもシビアコンディションのものだったらましなのか?M65T3がT4よりシビアコンディション用みたいなので、無理か。
  • サイコンで、総走行距離を測る

二年半目のメンテナンス

追記: さらに1年半後にメンテナンスを行いました。

ライトウェイ シェファード2013の2年半目のメンテナンス

 

クロスバイク

クロスバイクを買って乗っている話.

  • 動機

海沿いに引っ越して,アップダウンがある通勤路となった.持ってきた自転車は平地走行では気にならなかったが,坂道で強くこぐとガタッとチェーン飛びを起こす.直そうと試みたが,直らなかった.外装ギアなので,チェーンの緩みは適正だったし,ギアひもの調整やチェーンに油を塗るなどして,平地走行はかなり快適になったが,チェーン飛びは直らなかった.原因はおそらく,ギアとチェーンの噛み合わせが悪くなっていること.直すには,チェーンとギアを両方交換せねばならない.5k円ほどかかるようで,10k円で購入した減価償却済みの自転車には不適正な修理費である.社会人3年目でお金も溜まってきたし,海沿いでは仕事で一日10 km走ることもしばしば生じる.そんなわけでちょっと良い自転車を新しく買うことにした.

  • 選ぶ

予算は5万円ほど.電動自転車かクロスバイクか.電動自転車はバッテリを1-2年で交換するメンテ費と,毎日充電する手間がかかることと,電池が切れると重くなる,27 km以上は補助してくれない,という欠点を忌避した.クロスバイクは,メンテ費はどれくらいかかるかわからないが,大したことないだろうと考えた.5万円というと,クロスバイクの最安あるいは入門レベルのようで,性能は重視できないらしい.どれもどっこいということで,数種類のうちからデザインだけで選んだ.
ブリジストンのCHeRO http://www.bscycle.co.jp/greenlabel/chero/
ライトウェイのシェファード http://www.riteway-jp.com/bicycle/riteway/2013/9732605.html

ブリジストンのは都会的でよくて,シェファードはタイヤが白いのがよい.ブリジストンのはおしゃれすぎてメンテ部品が限られてきそうな予感だが,デザインで選ぶということはそういうものでもある.迷って,近所の自転車屋さんに見に行って,シェファード白が他の自転車と並んでいても輝いていたように見えたのでシェファードにした.2013年版でだいぶ安く買えた.2014年は,無印とシェファードシティのモデルができている.ほぼ同じだが,シティの方がフレームの細部のデザインにこだわってないらしい.
ビアンキのは緑でおしゃれな色だったが,予算をちょいオーバーするのと予約しないとなかなか買えないらしいというのと,事故が合ったらしいということでやめた.
またGIOSとかエスケープとかジャイアントは人気があるがかぶりそうなので避けた.クロスバイクに乗るようになって,他の人が乗っている自転車を気にするようになったが,それらの自転車に乗っている人に団地や職場で会う.ビアンキの人にも会う.シェファードの人にはまだ会わないのでよい.それだけマイナーな自転車なんだろう.
のちに,電動自転車の後ろを走る機会があった.電動自転車の停止状態からの加速の良さには負けるし,最高速(おそらく27 km)で付いていくのも私の脚力では疲れたので,電動自転車は走りの面では悪くなさそうである.

  • オプション代

空気入れ,鍵,ライト代,チェーン油代がいる.泥除けや荷台,かごも必要に応じている.私は仏式ゲージ付き空気入れは持っていたので,鍵2k+1.5k円,ライト5k円,泥除け5k円,荷台3k円が本体の他にかかった.オプション代で,ママチャリが買えますね.ライトHL-EL540は今ではオーバースペックな気もしているが,明るくて田舎道を走るにはなかなかナイスです.泥除けはジャイアントの純正品白色がシェファードの白に合いました.調整せずつきました.(追記:三ヶ月で横に割れました。自転車屋さんにつけてもらったのだけど、変なテンションがかかっていて、振動で割れたみたい。接着剤でつけてテンションがかからないように固定しなおしました。)荷台はアマゾンで白色のがひとつ見つかったが,近所の自転車屋さんにはなかったので,ジャイアントのシルバーの荷台になった.鍵はワイヤー錠を買ったが 8mmの鋼より線とはいえ自分の持ってるニッパでも切れそうだったので,あとでU字ロックをアマゾンで買った.

  • メンテ

クロスバイクのメンテは意外に面倒であった.しかし今のところオサレな自転車に乗るのを楽しんでいるので,メンテも趣味のようなものである.1-2週に1回の空気入れ.4週に1回のチェーンへの油さし.週1-2回のフレームの拭き掃除.1.5ヶ月に一回のライトの電池交換などがある.
はじめはチェーンにどろっとしたグリスがついていて,それがフレームに飛び散ってドロドロとなる.3週間たったところでそれに気づいてチェーン外側にはみ出て意味を無していないグリスは拭きとったら,フレームの汚れはだいぶましになった.
二ヶ月たって初期伸びでブレーキのききしろが大きくなったので,自分で調整しようとしてうまく行かなかったので自転車屋さんで調整してもらった.チェーンの音がおおきくなって,ギアチェンジも滑らかでなくなってきていたが,油を挿したらまたいい感じになった.ブレーキレバーの戻りが遅くてカシャカシャ言うようになった.外置きだからワイヤーにゴミがたまっているから交換が必要と言われたが2k円するらしいので諦めた.意外とメンテ費用はこれからかかっていくかもしれない.海沿いだからか1ヶ月でステンレスでない部分が錆びてきたので鬱.

クロスバイクはママチャリよりは盗まれやすいらしい.盗んで,部品をばらして売るそうな.100万円を超えるバイクもあるらしくそういうのが盗まれやすいよう.数日前にも警察署から高級自転車の盗難が多発と連絡がありました.そんなわけで日々ちゃんとした鍵をかけねばならない.シャックルロックというU字の鍵と太めのワイヤー錠を使っている.駅に長時間放置するとき以外はU字ロックだけ.ワイヤー錠はいたずら防止くらいの意味しかなさげである.ちゃんとした鍵は3k円以上するので,50k円の自転車にはオーバースペックだろうと思って使っていない.

クロスバイクは雨の日には乗らないものらしいが,通勤なので私は土砂降りでも乗る.100均のかっぱは安くてよいが,風でフードは後ろに吹っ飛ぶので,頭はびしょ濡れである.ちゃんとしたかっぱだとフードは多少ましだろうと予測している.どちらも靴はガードされないのでびしょ濡れである.泥除けはつけてても泥は足元に飛ぶのでスボンの裾は汚れる.裾はチェーンにも触れるので汚れる.雨の日はタクシーが吉か.

  • かごがない

前カゴはつけても耐荷重3kg程度なので役に立たない.後ろにサイド付きの耐荷重30kgの荷台をつけた.スーパーで食材を買ったらエコバッグに入れそれを荷台のサイドにくくりつけている.不定形のものは荷台の上に縛るのは難しいし,ダンボールやかごを荷台の上にのせたとしても荷台が小さめなので載せるものが限られる.それを考えるとサイドに吊るすのがよさげである.いがいに安定して走れる.前よりに荷物をつけると,かかとが荷物にあたる.
オプションを色々つけると自転車が重くなるが,元々軽さを追求した自転車でもないのでいいだろう.