ルンバ980とルンバ985の3つの違い!付属品が多い限定モデルの985。

ルンバ980は、ルンバ900シリーズの最上位モデルで、i7+やi7よりもカーペット上の糸くずをよく吸引できると人気の機種です。

一方のルンバ985は、家電量販店のエディオン限定モデルです。

ルンバ980をベースとしなっていますが、3点で違いがあります。

どのような違いがあるのか、詳しく見ていきましょう。

 

ルンバ980と985の3つの違い

まず、ルンバ980と985の本体性能は同じです。

違うのは次の3点です。

  • パネル色
  • 付属デュアルバーチャルウォール数
  • 交換用ダストカットフィルター数
  ルンバ980 ルンバ985
パネル色 ブラック
iROBOT ロボットクリーナー ルンバ980 R980060 ブラック系
ブルー
iROBOT ロボットクリーナー ルンバ985 R985060 ブラック系 R985060
付属
デュアル
バーチャル
ウォール数
2 3
交換用
ダスト
カット
フィルター数
2 4
実勢価格
(税込)
87,000 90,707

違いを詳しく見ていきましょう。

違い

本体色

重要な違いではありませんが、980はブラック色、985はブルー色です。

980の色↓

iROBOT ロボットクリーナー ルンバ980 R980060 ブラック系

985の色↓

iROBOT ロボットクリーナー ルンバ985 R985060 ブラック系 R985060

 

どちらも落ち着いた色合いになっています。

980のブラックは飽きのこない色で、985のブルーは人と違うモダンな色であり、どちらも魅力的です。

どちらがよいかは、ご自身の好み次第だと思います。

付属デュアルバーチャルウォール数

デュアルバーチャルウォールは、ルンバに侵入してほしくない領域を赤外線を出して知らせる、手のひらほどのサイズの端末です。

床に置いて使います。

アイロボットストア価格(税込)では、一つ8,100 円です。

 

ルンバ980では2個付属し、ルンバ985では3個付属します。

つまり、ルンバ985の方がデュアルバーチャルウォールが一つ多く付属します

 

バーチャルウォールを1~2個しか使用する予定のない方は、3個付属していても無駄になりますので、購入前に何個必要なのか考えてみるのもおすすめです。

使う場所は、主にルンバが巻込みやすい小物が置いてある場所や、玄関などの2~4 cm程度の段差がある場所です。

 

例えば、ペットのご飯や子供のおもちゃなどがある場所でルンバが走ると、ご飯やおもちゃが散らばりますので、ルンバが侵入しないように、バーチャルウォールを置いて、円形(直径2 m固定)の進入禁止領域を作ります。

また、ルンバは、登る方は2 cmまでの段差は乗り越えられますが、下る方はセンサーの具合により2~4 cm程度の段差を降りてしまうこともあります。

もし2~4 cm程度の段差を一度降りてしまうと戻ってこれませんので、そのような場所にバーチャルウォールを置いて、進入禁止線をつくります。

交換用ダストカットフィルター数

交換用ダストカットフィルターは980には 2個、985には 4個付属します。

つまり、985の方が2個多く付属します

 

ダストカットフィルターは、ルンバが吸引した空気から、ゴミやハウスダストと空気を選り分けるものです。

ルンバ本体は紙パック方式ではありませんので、ダストカットフィルターがないとルンバは吸ったゴミを部屋に撒き散らすだけのロボットになりますので、ダストカットフィルターは重要な役割を果たしていることになります。

 

アイロボットの方によれば、3ヶ月で交換するのがおすすめということです。

アイロボットストア価格(税込)は、2個セットで 3,240円です。

なお互換品が出回っていますが、前述の通りダストカット性能は清掃性能に直結するので、正規品がおすすめです。

まとめると

980と985の大きな違いは、付属品数です。

985のほうがデュアルバーチャルウォールが1個多く、ダストカットフィルターが2個多く付属します。

985は、8,100 + 3,240 = 11,340 円分だけ付属品が多いということになります。

価格

980と985の実勢価格は次のようになっています。

980: 87,000 円
985: 90,707

 

2019/3現在では、985の方が安くなっています。

おすすめは?

本体性能は同じで、パネル色と付属品数が異なるだけですので、購入時に価格の安い方を選ぶとよいと思います。

具体的には、付属品の価格の差である11,340円分をルンバ980に足した価格よりも、ルンバ985の価格が安ければルンバ985の方がおすすめです。

 

2019/3現在では、ルンバ985の方が安く購入できる店舗がありますので、ルンバ985の方がおすすめです。

まとめ

ルンバ985とルンバ980の違いは、パネル色、付属デュアルバーチャルウォール数、交換用ダストカットフィルター数の3つです。

本体性能は同じで、パネル色と付属品数が異なるだけですので、価格の安い方を選ぶのが良いでしょう。

 

次の記事も参考にしてみてくださいね。

 

以上、ルンバ980とルンバ985の3つの違い!付属品が多い限定モデルの985。でした。

こんな記事も読まれています