NE-BS2700とNE-BS2600の4つの違い!グリル火力がアップ。

パナソニックのスチームオーブンレンジ、ビストロの最上位モデルNE-BS2700とNE-BS2600は何が異なるのでしょうか。

違いは4つあります。わかりやすく紹介します。

 

次の記事では、ビストロの各モデルについて機能を一覧表で比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

パナソニック ビストロ 10モデルの一覧比較!

4つの違い

NE-BS2700は2020年モデルで、NE-BS2600は2019年モデルです。

新モデルのNE-BS2700では、次のような変更がありました。

  • 大火力極め焼きヒーターの火力がアップし、「凍ったままグリル」に新メニューが追加。
  • ワンボウルメニューに「やみつき野菜」が追加。
  • レシピ数と自動メニュー数が100個ほど減少。
  • 付属のチタンコートグリル皿が、ビストロスピードグリル皿に変更。

 

性能を表で比較してみましょう。

モデル NE-BS2700 NE-BS2600
発売年 2020 2019
画像
     
パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 高精細・64眼スピードセンサー アプリ連携 ブラック NE-BS2700-K パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 高精細・64眼スピードセンサー アプリ連携 ホワイト NE-BS2700-W パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 2段調理 30L アプリ連携 ブラック NE-BS2600-K
参考価格
ブラック
¥158,400 ¥166,000
ホワイト  ¥158,400
特徴 無線LAN・アプリ対応や、カラータッチ液晶、ソフトダンパードアを搭載した2020年最上位モデル。NE-BS2600と比べ、「凍ったままグリル」が火力アップし、「やみつき野菜」がワンボウル調理に追加された。 カラータッチ液晶や、ソフトダンパードアを搭載した2019年最上位モデル。2020年モデルよりもメニュー数が多く、チタンコートグリル皿が付属する。
モデル NE-BS2700 NE-BS2600
レンジ  
自動出力 1000 W: 最大 約5分 (700 W)
センサー 高精細・64眼スピードセンサー とろみ検知センシング
あたため 2品同時あたため [エコナビ] (ねらって加熱)
解凍 芯までほぐせる解凍・サイクロンウェーブ
グリル  
加熱方式 大火力極め焼きヒーター/両面グリル
上ヒーター最高温度 535℃ 490℃
少量時短加熱 スピードエリア加熱 (ヒーター出力 最高 900 W)
スチーム  
発生方式 タンク式 (650 mL)・過熱水蒸気 (スチームコントロール機能)
時短/低温 スピードスチーム機構/60〜95℃
あたため スチームあたため
オーブン  
温度 70 〜 300℃
発酵 スチームあり( 30 〜 65℃ )
スチームなし( 30 〜 65℃ )
加熱方式 2段調理 コンベクションオーブン
スチームプラス スチームプラス
モデル NE-BS2700 NE-BS2600
レシピ数(自動メニュー数) 333 (292) 452 (396)
自動メニュー  
時短調理 10分メニュー (こんがり8分/ 蒸し物10分・蒸し焼き10分)
凍ったままグリル 43 メニュー 50 メニュー
便利機能 合わせ技セット[9カテゴリー]
かんたん調理 かんたんピザ・パン/かんたん煮物/3素材×3ステップ/みんなの料理教室
ワンボウルメニュー パスタ・シチュー・中華・フレンチ・煮物
やみつき野菜 やみつき野菜 (ワンボウルメニュー)
トースト(自動)/パン 1枚両面 約3分50秒/パンのあたため/スチームトースト
モデル NE-BS2700 NE-BS2600
使いやすさ  
スマホ連携 スマホ連携
ダンパー/ロック ソフトダンパー/ロック機能
庫内 LED庫内灯[ON/OFF](2か所)
「庫内を冷ます」コース
液晶 カラータッチ液晶(選べる画面デザイン)
お手入れ 庫内/天井 (オートクリーン加工)・脱臭/洗浄・水抜き/クエン酸洗浄・スチームお手入れ
付属品 ビストロスピードグリル皿、角皿2枚、ミトン2枚 チタンコートグリル皿、角皿2枚、ミトン2枚
外形寸法 幅 494 mm × 奥行 435 mm × 高さ 370 mm
モデル NE-BS2700 NE-BS2600

違いについて、詳しく見てみましょう。

大火力極め焼きヒーター

グリルのヒーターの最高温度は、NE-BS2600では490℃でしたが、NE-BS2700では535℃に上がっています。

無負荷時の上ヒーター温度の変化を次に示します。


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

このグラフ中でNE-BS1600は、NE-BS2600と同じグリル性能の機種です。

焼き始めから12分くらいまでの温度はほぼ変わりませんが、その後はNE-BS2700の方が温度上昇が早いです。また、NE-BS2600は、16分で最高温度である490℃に到達し、その後は温度がそれ以上に上がりませんが、NE-BS2700では535℃まで上昇します。

 

NE-BS2700ではこのようにグリルが早く温度上昇し、最高温度が高いため、20分以上の長時間のグリルメニューでは焼き時間が短くなり、「凍ったままグリル」メニューには野菜と肉を混ぜあわせたメニューが追加されました。

例えば、「手羽先焼き」メニューは、NE-BS2600では焼き時間の目安は20分ですが、NE-BS2700では18分と短くなっています(常温から焼く場合)。一方で、焼き時間が短めの「ハンバーグ」では、どちらの機種も焼き時間目安は16分です。

焼き時間が長いメニューで、焼き時間がすこし短くなるのは助かりますね。

 

「凍ったままグリル」とは、レシピに掲載されているとおりに下ごしらえし、冷凍保存しておいたものを、食べたいときに冷凍状態のままグリルで焼くだけでごちそうになる、というメニューのことです。市販の冷凍食品を焼くためのものではありません。


凍ったままグリル「キャベツメンチカツ」。(画像はパナソニックの公式ページより引用。)

「凍ったままグリル」のメニューで、野菜と肉をまぜあわせたメニューはNE-BS2600には「手羽元の彩り野菜添え」や「ピーマンの肉詰め」、「肉巻き野菜」程度しかありませんが、NE-BS2700では次のメニューが増えています。

  • 豚と野菜のごまみそ焼き
  • 豚バラ大根のマヨ照り焼き
  • ポークトマト
  • キャベツメンチカツ
  • 肉巻き厚揚げ
  • 鶏と野菜の香味焼き
  • さけと野菜の白みそ風ソテー
  • えびと野菜のカレーマヨ焼き

これは、ヒーターがより高温になったことで、冷凍野菜も水分が流出しないように、こんがり焼けるようになったからなのではないかと推測しています。

メインのグリル料理に野菜も入れられるようになったのは嬉しいですね。

 

なお、「凍ったままグリル」はメニュー数でみると、NE-BS2600は50メニューですが、NE-BS2700は43メニューとなり減っています。これは、下のメニュー数の項でも説明していますが、アレンジ料理メニューが減ったためです。

やみつき野菜

高精細・64眼スピードセンサーを搭載しているNE-BS900シリーズ以上の機種では、ワンボウルメニューが搭載されています。

ワンボウルメニューとは、下ごしらえした材料を耐熱ガラス製ボウルに入れてレンチンするだけで、とろみつきの中華やフレンチ、パスタ、カレーなどを作れるというメニューです。

 

2020年モデルのNE-BS2700とNE-BS907では、ワンボウルで野菜たっぷりの副菜を作ることができる「やみつき野菜」メニューが追加されました。


やみつき野菜メニュー例。(画像はパナソニックの公式ページより引用。)

次のメニューが作れます。

  • レタスの中華風サラダ
  • えのきのタイ風サラダ
  • インドネシア風サラダ
  • ズッキーニのチーズサラダ
  • じゃがいものたらこマヨネーズ
  • れんこんのカレーマヨきんぴら
  • にんじんのハニーマスタード
  • セロリとたこの酢みそあえ
  • オクラの梅肉あえ
  • ピーマンとツナの塩昆布あえ
  • きのこのナムル
  • 白菜の水キムチ風

 

野菜の分量はセンサーが検知して自動で加熱時間を調整するため、野菜は100 ~ 400 gの好きな分量を使うことができます。やみつき野菜コースでは、「ゆで野菜」コースと異なり、適度な歯ごたえを残してシャキッと加熱されます。

冷蔵庫に余った野菜を使って、かんたんにヘルシーな副菜を一品追加できるのは嬉しいですね。

 

なお、ワンボウルメニューは「直径約 25cm、容量 2.5L の耐熱ガラス製ボウルを使う」と指定されており、サイズが違うと加熱不足やふきこぼれの原因になる、ということですので、同等のボウルがない場合には、レンジと一緒に購入するのがおすすめです。

イワキ 耐熱ガラス製ボウル 25 cm 2.5 L

イワキの耐熱ボウルは、ハリオのものよりも厚みがあり重いのですが、その分、丈夫で割れにくいのでおすすめです。

レシピ数と自動メニュー数

説明書に掲載のレシピ数と自動メニュー数は、NE-BS2600では 452個と396個ですが、NE-BS2700では 333個 と292個に減っています。それぞれ100個近く減っていますので残念です。

NE-BS2600では、100個の時短料理が別冊のレシピ集として用意されていましたが、NE-BS2700ではそのレシピ集もなくなり1冊にまとまりました。

 

ただ、これはNE-BS2700のレシピ集に掲載されている料理のバラエティが減ったというわけではなく、主にアレンジ料理がなくなっています。

たとえば、NE-BS2600では鶏の照り焼き (No. 186)のアレンジとして、鳥の黒酢照り焼き(No. 187)、鳥のレモン風味照り焼き(No. 188)、鳥のゆずこしょう焼き(No. 189) のメニューがありますが、NE-BS2700では、鶏の照り焼き(No. 82)だけになっています。NE-BS2700ではアレンジ料理は跡形もなく消えています。

 

NE-BS2600では、味付けを変えただけのものを別のメニューとして数えているわけで、メニュー数が水増しされているという見方もできるわけですが、しかしNE-BS2700にもアレンジ料理のヒントだけでも残しておいてくれたら参考になるのになあと残念に思います。

このあたりは「キッチンポケット」アプリでサポートするということなのかもしれません。

 

一つ良い点は、NE-BS2700のレシピ集のほうが最近市販されているレシピ本のように写真が大きくなり、作ってみたい気になるということでしょうか。

 

なお、キッチンポケットWeb版は、次のページから様子をみることができます。

キッチンポケット

さらに2020/8/31からは、EATPICKというサービスに変更になるということです。

EATPICK

グリル皿

付属のグリル皿は、NE-BS2600は「チタンコートグリル皿」でしたが、NE-BS2700では2017年モデル以前と同じ名称の「ビストロスピードグリル皿」に戻されています。

 

チタンコートグリル皿とビストロスピードグリル皿の違いですが、チタンコートグリル皿は、従来比2倍の高反射チタンコートが赤外線を反射して、上火の立ち上がりをアップするのが売りです。

Panasonic グリル皿(Bistro刻印)(1枚) A443S-12A0


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

 

一方のNE-BS2700や、NE-BS1400以前のビストロスピードグリル皿は、チタンコートによる反射がありません。

Panasonic グリル皿 A443S-11A0


(画像はパナソニック公式ページより引用。)

 

そのため、グリル皿だけの性能でみると、チタンコートグリル皿のほうが性能が良いようです。

細かい話ですが、2017年版の旧スピードグリル皿NE-BS1400と、チタンコート+新フェライト素材のチタンコートグリル皿NE-BS2600のグリルメニューを比較してみると、次のように焼き時間が短くなっているものもあります。

  • 鶏の唐揚げ 16分 → 15 分
  • 減塩しおさば 19分→18分
  • 鶏の照り焼き 14 分→ 14分
  • 手羽先の香味焼き17分→17分

このように同じグリル火力のNE-BS1400とNE-BS2600で比べると、確かに旧スピードグリル皿と比べてチタンコートグリル皿の方が早く焼けることがわかります。

 

下火については、どちらも高温フェライトが電子レンジのマイクロ波を吸収して加熱する方式で、同じです。

チタンコートグリル皿は、2017年以前の旧スピードグリル皿と比べて、新しい高温フェライト素材が採用されており、約30℃温度を高くできるそうです。

NE-BS2700のスピードグリル皿の詳細は不明ですが、型番は旧スピードグリル皿とは異なりますので、下火用の高温フェライトは新しい素材になっているかもしれません。

 

とはいえ、NE-BS2700では上火ヒーターの火力が強くなっており、チタンコートグリル皿を使用するNE-BS2600よりも早く焼けます。そのため、総合的なグリル性能についてはNE-BS2700のほうがよいと言えます

 

なお、どちらのグリル皿もフッ素加工されていますので消耗品です。フッ素コートに傷が付いて焦げ付くようになったら買い替えをしなければなりませんが、これらのグリル皿は6~9千円ほどします。

3年ほどで買い換える方が多いようですが、それくらいでグリル皿のコストがかかるということには注意しておきましょう。

チタンコートグリル皿

どちらがおすすめ?

ここまで、NE-BS2700とNE-BS2600の4つの違いについて見てきました。繰り返しになりますが、NE-BS2700では次のような変更がありました。

  • 大火力極め焼きヒーターの火力がアップし、「凍ったままグリル」に新メニューが追加。
  • ワンボウルメニューに「やみつき野菜」が追加。
  • レシピ数と自動メニュー数が100個ほど減少。
  • 付属のチタンコートグリル皿が、ビストロスピードグリル皿に変更。

 

レシピ数がアレンジメニューを中心に100個近く減ったのが残念ですが、グリル皿の変更はヒーターの火力アップでカバーされていますし、凍ったままグリルに肉と野菜の混ざったメニューが追加されたことや、やみつき野菜メニューが新設されたことは、野菜好きには嬉しい変更です。

 

そのため、野菜入りメニューが好きな方には NE-BS2700がおすすめです。レシピ数は減っていますが、レシピ集の冊子は見やすくなっています。

一方で、アレンジメニューも含めてメニュー数が多い方が良いという方には、NE-BS2600がおすすめです。

 

しかし、どちらのモデルもスマホ連携機能や、高精細・64眼スピードセンサー、大火力極め焼きヒーターなどの高い基本性能を持っていて、このような違いは微々たるものです。

私は野菜メニューが魅力的に思えるので NE-BS2700の方が良いですが、しかし、もしNE-BS2600の価格が安いのであれば NE-BS2600を選ぶと思います。価格も検討に入れつつ選択すると良いでしょう。

 

価格は次のようになっています。

なお、NE-BS2700には、家電量販店向けの全く同じ性能のモデルNE-CBS2700がありますので、価格を比較して安い方のモデルを選ぶと良いでしょう。NE-BS2600はホワイト色はなくブラック色のみです。

モデル NE-BS2700 NE-CBS2700 NE-BS2600
発売年 2020 2020 2019
画像
     
パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 高精細・64眼スピードセンサー アプリ連携 ブラック NE-BS2700-K パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 30L 2段 高精細・64眼スピードセンサー アプリ連携 ホワイト NE-BS2700-W パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 2段調理 30L アプリ連携 ブラック NE-BS2600-K
参考価格
ブラック
¥158,400  ¥158,400 ¥166,000
ホワイト  ¥158,400 ¥189,763
特徴 無線LAN・アプリ対応や、カラータッチ液晶、ソフトダンパードアを搭載した2020年最上位モデル。NE-BS2600と比べ、「凍ったままグリル」が火力アップし、「やみつき野菜」がワンボウル調理に追加された。NE-CBS2700は家電量販店用モデルで性能は同じ。 無線LAN・アプリ対応や、カラータッチ液晶、ソフトダンパードアを搭載した2019年最上位モデル。2020年モデルよりもメニュー数が多く、チタンコートグリル皿が付属する。

NE-BS2700とNE-CBS2700の違いは?

まとめ

パナソニックのスチームオーブンレンジ、ビストロの2020年最上位モデルNE-BS2700は、2019年モデルのNE-BS2600と比べ、レシピ数が100個近く減りましたが、凍ったままグリルに肉と野菜の混ざったメニューが追加されたことや、やみつき野菜メニューが新設されました。

野菜入りメニューが好きな方には NE-BS2700がおすすめですし、レシピ数が多い方が良い方にはNE-BS2600がおすすめです。

 

次の記事では、ビストロの各モデルについて機能を一覧表で比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

パナソニック ビストロ 10モデルの一覧比較!

 

以上、NE-BS2700とNE-BS2600の4つの違い!でした。

参考