妊娠検査薬6種類の比較。判定時間と判定窓の画像例、価格など。

妊娠したかどうかを知りたいときには、まずは家で妊娠検査薬を使うのが簡単です。

妊娠検査薬は、スティックに尿をかけるだけで検査でき、99%以上の正確さがあります。

ここでは、妊娠検査薬6種類について比較紹介しています。

共通する特徴

妊娠検査薬は第二類医薬品に分類され、ネット通販でも購入することができます。

ここで紹介している妊娠検査薬に共通する特徴は次のとおりです。

  • 正確さ 99%以上
  • 月経開始予定日の約1週間後から
  • 朝昼晩いつでも検査できる
  • 検出感度 50IU/L

 

どの妊娠検査薬も検出感度は50IU/Lと同じで、検査可能時期も「月経開始予定日の約1週間後から」と同じになっています。

 

検査薬では尿中のhCG濃度を調べますが、血中hCG濃度は、2日でおよそ2.24倍になります※。

そのため線が薄くてはっきりしない場合は、数日待ってから再度検査することがすすめられています。

(※50 percentileの値。1 percentileで 1.53倍、99 percentileで 3.28倍。Bernhalt KT et al., Obstet Gynecol. 2004; 104: 50-5.)

妊娠診断補助試薬

なお、妊娠検査薬よりも検出感度が良い(25 IU/L)チェックワンファストという妊娠診断補助試薬もあります。

チェックワンファストでは、月経開始予定日当日から検査できることになっています。

しかし、この製品は一般用検査薬ではなく「医療用体外診断用医薬品」にあたるため通販での取扱はなく、一部の薬局でのみ取扱われています。

「フライング検査」とは

各検査薬で、検査可能なのは月経開始予定日の約1週間後からです。

しかし、妊娠しているかどうか早く知りたいと思い、月経開始予定日あたりで早めに検査する方もいらっしゃるようで、これをフライング検査と呼んでいるようです。

 

妊娠している場合には、月経開始予定日の数日前には着床が完了し、月経開始予定日にはhCG濃度が上昇しています。そのため、検査薬にもうっすらと線が出ることがあります。

妊娠の可能性を早く知ることができると、早くから食事や飲酒、受動喫煙に気をつけることができるという利点があります。

しかし陰性の場合には、検査が早すぎたのか妊娠していないのか判断できませんので、使用方法通りに「月経開始予定日の約1週間後から」使うようにしましょう。

一覧比較

製品名 チェックワン クリアブルー ドゥーテスト・hCG ウー・マン チェック ハイテスターN P-チェック・S
メーカー アラクス オムロン ロート製薬 不二ラテックス 武田, ミズホメディー ミズホメディー
画像     【第2類医薬品】チェックワン 2回用 【第2類医薬品】クリアブルー 2回用 【第2類医薬品】ドゥーテスト・hCG 妊娠検査薬 2回用 【第2類医薬品】ウー・マン チェック 2回用 2本 【第2類医薬品】ハイテスターN 2回用 【第2類医薬品】P-チェック・S 2回用

参考価格(2回分・税込)

1620 円
1361 円
1296 円
798 円
1296 円
尿をかける時間 3秒 5秒 約2秒 5秒くらい 5秒 5秒
尿を浸す時間 5秒 20秒 2秒 20秒以上 10秒 10秒
判定待ち時間 約1分 1分 約1分 1~3分 1~3分 1~3分
判定時間上限 判定結果が残る 10分以内 10分以内 10分以内 10分以内 10分以内
線の色 赤紫 赤紫 赤紫 赤紫
有効期間 30ヶ月 36ヶ月 22ヶ月 36ヶ月 36ヶ月 36ヶ月
リンク 公式
添付文書
公式
添付文書
公式 公式 公式
添付文書
判定窓画像例 画像 画像 画像 画像 画像
成分・分量 金コロイド標識抗hCG-βモノクローナル抗体(マウス) 5μL(乾燥物)
抗hCG-αモノクローナル抗体(マウス) 1μL(乾燥物)
抗マウスIgG抗体(ウサギ) 1μL(乾燥物)
マウスモノクローナル抗α-hCG抗体結合青色ラテックス粒子 41μg
マウスモノクローナル抗β-hCG抗体 2.0μg
抗hCG抗体(ウサギ)液 1 uL
金コロイド標識抗hCG・モノクローナル抗体(マウス)液 33 uL
金コロイド標識抗β-hCGマウスモノクローナル抗体 1.6 μg
抗α-hCGマウスモノクローナル抗体 1.7 μg
マウスモノクローナル抗hCG抗体 1.0μg
マウスモノクローナル抗hCG抗体結合金コロイド 6.0μg
マウスモノクローナル抗hCG抗体 1.0μg
マウスモノクローナル抗hCG抗体結合金コロイド 6.0μg

ハイテスターNの製造販売元はミズホメディーで、P-チェック・Sと同じです。成分・分量も同じです。

特徴

判定結果が残るチェックワン

他よりも価格が少し高めですが、この中ではチェックワンだけが時間が経っても検査結果が残ります。

後で夫に見せたい、というような場合にも使えます。

 

また、チェックワンは蒸発線が出にくいとされています。

蒸発線とはうっすらとした色の付いていない線で、検査薬によっては10分以上してから出てくることがあります。

蒸発線が出ても陰性ですが、それでも線が出てきたら気になりますよね。

判定を迷いにくいという点でもチェックワンは良いと思います。

 

なお想定よりも検査日が早くなってしまうなどしてhCG濃度が低い場合には、チェックワンでは1分後には線が出てこずに、数時間後に線がでてくるという場合があるようです。

しばらくしてから線が出る場合は、1~2日後に再検査を行うとよいかもしれませんね。

判定窓画像例

公式ページ

短い時間で済むドゥーテスト

ドゥーテストでは、尿をかけるべき時間がほかよりも短く、2秒で済みます。

また判定窓の画像例もたくさん見つかりますので、線が薄いときに参考にすることができます。

判定窓画像例

公式ページ

青色の判定線のクリアブルー

クリアブルーは他と異なり青色の判定線です。

尿をかけるべき時間は長めではありますが、やはり判定窓の画像例もたくさん見つかります。

判定窓画像例

公式ページ

安価なウー・マン チェック

ウー・マン チェックは他の検査薬と比べるとお手頃な価格です。

それでも、感度や正確さは他の検査薬と同じです。

 

陽性の場合の、月経開始予定日+2日の検査窓例です。

判定窓画像例

公式ページ

まとめ

妊娠検査薬が使用できる生理予定日から1週後は、妊娠していた場合には妊娠5週目にあたり、 絶対過敏期と呼ばれる時期がすでに始まっています。

妊娠4週目~7週目は胎児の中枢神経や心臓・消化器などの重要な器官が作られる時期と言われます。

妊娠した可能性がある場合には、妊娠検査薬を使って検査をして、もし陽性の場合には早めに病院に行けると良いですね。

 

また、排卵日を知ることができる排卵検査薬についても次の記事で紹介していますので参考にしてみてくださいね。

3種類の排卵検査薬を紹介。LHサージを検出して、排卵日が一日前にわかります。

 

以上、妊娠検査薬6種類の比較。判定時間と判定窓の画像例、価格。でした。

こんな記事も読まれています