ER-WD80とER-VD80の8つの違い。ドームヒーター、ダイヤル操作。

東芝の過熱水蒸気オーブンレンジ、ER-WD80とER-VD80は、よく似ていますが何が異なるのでしょうか。違いは、8つあります。わかりやすく紹介します。

 

[参考] 東芝 電子レンジ28台の性能を一覧表で比較![石窯ドーム]

8つの違い

石窯ドームのER-WD80とER-VD80はどちらも庫内容量26 Lの過熱水蒸気オーブンレンジです。

ER-WD80は、ER-VD80の後継機種です。ER-WD80は2022年1月発売予定で、ER-VD80は2020年発売です。ER-VD80がいわゆる型落ち機種です。ER-WD80の発売は2021年10月が予定されていましたが、延期になっています。

 

ER-WD80は、ER-VD80と比べると、次の点が違います。

  • 上ヒーターが管ヒーターから、平面ヒーターになりお手入れが楽になった。その代わり、トーストに時間がかかるようになった。
  • 赤外線センサーの位置が上がって、深さのある容器に入った食品でも温度検知しやすくなった。
  • 液晶と操作パネルが縦並びになった。液晶にバックライトが付き、ダイヤル操作式になったが、タッチメニューボタンはなくなった。
  • 庫内コーティングが、庫内よごれプロテクトになった。
  • 「のみものあたため」でコーヒーも温められるようになった。
  • 角皿の底が平らになった。
  • 総レシピ数が5つ増えた。
  • 本体はブラック色になり、庫内サイズはわずかに大きくなった。

 

ER-WD80は、平面ヒーターになったのが一番大きな変更点で、その他にも細かいところが使いやすくなっています。

 

違いを表で比較すると次のようになります。

型名 ER-WD80 ER-VD80
発売年 2022/1予定 2020
外観
     
東芝 スチームオーブンレンジ 26L グランホワイトTOSHIBA 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-VD80-W
加熱方式
石窯ドーム構造/庫内まるごと遠赤(扉部を除く)/(上)ドームヒーター/(下)シーズヒーター(埋め込み)

石窯ドーム構造/
庫内4面遠赤(底・奥・左右)/
(上)ガラス管ヒーター/
(下)シーズヒーター(埋め込み)
トースト
(6枚切り2枚)
6分5秒(約4分20秒で裏返し) 5分45秒(約3分40秒で裏返し)
冷凍トースト 8分(約5分40秒で裏返し) 8分15秒(約5分40秒で裏返し)
スチームトースト 9分30秒(約6分で裏返し) 8分(約5分で裏返し)
のみものあたため 牛乳・コーヒー・お酒 牛乳・お酒
赤外線センサーの位置 天面 側面
庫内コーティング 庫内よごれプロテクト
( 扉部、底面を除く )
遠赤・脱臭ブラックコート
( 扉部、底面を除く )
角皿 フラット 凸型
表示 バックライト液晶(ブラック) 液晶表示
操作パネル 縦パネル 横パネル
総レシピ数 142 137
【主なレシピ内訳】(重複あり)    
パン・スイーツ 60 60
ノンフライ 10 10
時短・お手軽 65 64
ABC 8 9
型名 ER-WD80 ER-VD80
参考価格 ブラック: ¥63,580〜(2021/09/24 17:55) グランホワイト:
¥45,138〜(2021/10/20 15:23)

違いについて詳しく見てみましょう。

上ヒーター形状

ER-WD80は上ヒーターが管ヒーターから、平面ヒーターになり、お手入れが簡単になりました。

ER-VD80では次のように、天面にヒーター管があります。


(画像は東芝公式ページより引用。)

管と天面の隙間の汚れを拭くのは大変ですし、ヒーター管はガラスですので、周りの焦げを落とそうとして強くこするのも少し怖いです。

 

一方で、ER-WD80の上ヒーターは、平面ドームヒーターになり埋め込まれています。


(画像は東芝公式ページより引用。)

こちらは汚れをさっと拭くことができて、便利です。

 

平面ヒーター自体は新しい技術ではなく、下面ヒーターには従来から採用されています。これまで、上ヒーターに平面ヒーターが採用されてこなかった理由は、火力が弱くなってしまうという欠点があるからです。

上も平面ヒーターを採用したER-WD80では、その欠点を補うため、オーブンヒーター出力は200Wアップの1350Wに、グリルヒーター出力は300Wアップの1100Wに変更されています。本体の重さは3 kgアップしています。

それでも、ヒーターの瞬発力が必要とされるグリル料理では、わずかですが火力が低下しているようです。6枚切食パン2枚のトーストにかかる時間は、ER-VD80では 5分45秒でしたが、ER-WD80では6分5秒に長くなりました。

 

とはいえ、これくらいの違いでしたら、平面ヒーターの方が利点が多いと思います。上位機種は全て平面ヒーターとなっていますので、素直にアップグレードと捉えることができます。

 

型名 ER-WD80 ER-VD80
加熱方式
石窯ドーム構造/庫内まるごと遠赤(扉部を除く)/(上)ドームヒーター/(下)シーズヒーター(埋め込み)

石窯ドーム構造/
庫内4面遠赤(底・奥・左右)/
(上)ガラス管ヒーター/
(下)シーズヒーター(埋め込み)
トースト
(6枚切り2枚)
6分5秒(約4分20秒で裏返し) 5分45秒(約3分40秒で裏返し)
冷凍トースト 8分(約5分40秒で裏返し) 8分15秒(約5分40秒で裏返し)
スチームトースト 9分30秒(約6分で裏返し) 8分(約5分で裏返し)
消費電力(W)/ヒーター出力(W) 1350/オーブン1350・グリル1100・スチーム350 1220/オーブン1150・グリル800・スチーム350
質量 約17kg 約14kg

赤外線センサーの位置

ヒーター管がなくなったことで、レンジ用の赤外線センサーを側面から天面に移動することができました。

次の画像のように、ER-VD80では側面に赤外線センサーがありますが、ER-WD80では天面にあります。


(画像は東芝公式ページより引用。)

容器が深いときに、ER-VD80の側面にある赤外線センサーでは、容器表面の温度を多く見てしまい、食品温度を正しく測れないことがあります。

ER-WD80では、天面にあるセンサーによって、食品温度を正しく測りやすくなりました。

 

型名 ER-WD80 ER-VD80
赤外線センサーの位置 天面 側面

液晶と操作パネル

ER-VD80では操作パネルが横並びでしたが、ER-WD80では操作パネルが縦並びになりました。また液晶は、バックライトなしの液晶から、バックライト付きのブラック液晶になりました。

 

次の画像は、ER-VD80の操作パネルです。


(画像は東芝公式ページより引用。)

液晶の左側にオートメニューを呼び出すボタンが並んでおり、液晶右側は手動調理用ボタンがあります。あたためスタートボタンはダイヤルではなくただのボタンです。液晶は大きめです。

 

次の画像は、ER-WD80の操作パネルです。


(画像は東芝公式ページより引用。)

こちらでは、オートメニューを呼び出すボタンがなくなりました。代わりに、あたためスタートボタンが、ダイヤル兼用になりました。オートメニュー番号を選ぶ時に、上・下ボタンを何回も押す必要がなく、ダイヤルを回して番号を選ぶことができるのは便利です。また、ブラックバックライト液晶になり、スタイリッシュなデザインになりました。

 

これについては、ER-VD80の方がタッチメニューがあって良いとか、白っぽいデザインのほうが好きという方もいらっしゃるかもしれませんね。

型名 ER-WD80 ER-VD80
表示 バックライト液晶(ブラック) 液晶表示
操作パネル 縦パネル 横パネル

庫内コーティング

ER-VD80の庫内コーティングは、遠赤・脱臭ブラックコートです。このコーティングには、高温時にニオイを分解する脱臭効果があります。

ER-WD80の庫内コーティングは、撥水・撥油性能のある庫内よごれプロテクトです。


(画像は東芝公式ページより引用。)

ER-WD80は汚れがつきにくくなっているのは嬉しいですね。

 

なお、遠赤効果はどちらの機種にもあります。ER-VD80では底・奥・左右の4面ですが、ER-WD80では扉を除く5面です。

型名 ER-WD80 ER-VD80
庫内コーティング

庫内よごれプロテクト
( 扉部、底面を除く )

遠赤・脱臭ブラックコート
( 扉部、底面を除く )

角皿


(画像は東芝公式ページより引用。)

ER-VD80の各皿は、凸型になっていました。これは歪を抑えるためにこうしているのだと推測されます。ただ、端に容器を置くと傾いてしまう欠点がありました。

ER-WD80の各皿では、フラットになり、容器を並べて置いても傾かなくなりました。

 

型名 ER-WD80 ER-VD80
角皿 フラット 凸型

「のみもの」あたため

ER-VD80の「のみもの」あたため機能は、牛乳とお酒だけしか自動加熱できず、コーヒーは手動のレンジ機能で加熱する必要がありました。

ER-WD80では、コーヒーも「のみもの」あたため機能で温められるようになりました。1杯150 mlを基準分量として、1, 2杯を指定して加熱することができます。

コーヒーを温め直す機会が多い方には嬉しい変更ですね。

 

型名 ER-WD80 ER-VD80
のみものあたため 牛乳・コーヒー・お酒 牛乳・お酒

レシピ数

ER-WD80は、ER-VD80と比べて総レシピ数が5つ増えました。自動メニュー数は同じです。

 

変更があった主なレシピには次のようなものがあります。

【新しく追加されたレシピ】

  • 塩さば
  • 栗おこわ
  • かぶの浅漬け ゆずこしょう風味(時短レシピ)
  • 切り干し大根の煮物
  • かぼちゃとひき肉の煮物
  • さといもの煮物

【なくなった手動レシピ】

  • 照り焼きれんこんハンバーグ(ABCクッキングレシピ)
  • 銀だらの蒸し物

【自動メニューでなくなり、手動になったレシピ】

  • 石窯パン

 

このようにレシピには、それほど違いはありません。

 

型名 ER-WD80 ER-VD80
総レシピ数 142 137
【主なレシピ内訳】(重複あり)    
パン・スイーツ 60 60
ノンフライ 10 10
時短・お手軽 65 64
ABC 8 9

本体色・庫内サイズ

ER-WD80では、本体色はホワイトからブラックになり、庫内寸法はわずかに大きくなりました。

次の画像はER-VD80です。

東芝(TOSHIBA) 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム 26L グランホワイト ER-VD80(W)

 

次の画像はER-WD80です。

 

庫内寸法は、幅が8ミリ、奥行きが3ミリ、高さが17ミリ広がりました。

本体寸法(外形寸法)は同じです。

型名 ER-WD80 ER-VD80
庫内有効寸法(mm) 384(幅)×323(奥行)×215(高さ) 376(幅)×320(奥行)×198(高さ)

どちらがおすすめか

このように、ER-WD80では平面ヒーターになり、赤外線センサーが天面に付き、ダイヤル操作になったことが主な変更点です。上位機種の特徴が取り入れられて、使い勝手がよくなっています。

 

そのため、価格が同等なら、ER-WD80の方がおすすめです。

しかしながら執筆時点の価格はER-WD80は発売されたばかりということもあり割高です。より上位機種の旧モデルの方が安く手に入ります。

 

購入検討時のER-WD80とER-VD80の価格差が、平面ヒーターやダイヤル操作だけの価値があるかどうかを考えて、機種を選ぶと良いでしょう。

なお昨年2020年は、一年前の2019年モデルER-TD80は早めに在庫が少なくなり、価格が上昇していました。ER-WD80の発売は延期されたものの、ER-VD80は既に生産終了になっています。ER-VD80が良い場合には、早めに手に入れると良いでしょう。

価格と性能を一覧表で比較

ER-WD80とER-VD80の価格と性能を一覧表で比較すると次のようになります。

タイプ 過熱水蒸気オーブンレンジ 過熱水蒸気オーブンレンジ
庫内容量 26L (ワイド&フラット庫内) 26L (ワイド&フラット庫内)
型名 ER-WD80 ER-VD80
発売年 2022/1予定 2020
外観
     
東芝 スチームオーブンレンジ 26L グランホワイトTOSHIBA 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-VD80-W
特徴 過熱水蒸気・スチーム調理が可能。冷凍トースト・おつまみ1分メニューを搭載。
参考価格 ブラック: ¥63,580〜(2021/09/24 17:55) グランホワイト:
¥45,138〜(2021/10/20 15:23)
型名 ER-WD80 ER-VD80
オーブン・グリル  
加熱方式
石窯ドーム構造/庫内まるごと遠赤(扉部を除く)/(上)ドームヒーター/(下)シーズヒーター(埋め込み)

石窯ドーム構造/
庫内4面遠赤(底・奥・左右)/
(上)ガラス管ヒーター/
(下)シーズヒーター(埋め込み)
オーブン温度
100~250℃(250℃は約5分まで。その後200℃。予熱は最大200℃。)
深皿調理
過熱水蒸気調理
100~250℃
ハイブリッド調理
ノンフライ調理
型名 ER-WD80 ER-VD80
グリル調理
大火力石窯ドームグリル
石窯グリル
便利なあたため
トースト
(6枚切り2枚)
6分5秒(約4分20秒で裏返し) 5分45秒(約3分40秒で裏返し)
冷凍トースト 8分(約5分40秒で裏返し) 8分15秒(約5分40秒で裏返し)
スチームトースト 9分30秒(約6分で裏返し) 8分(約5分で裏返し)
発酵 30・35・40・45℃
スチーム発酵
型名 ER-WD80 ER-VD80
レンジ  
レンジ出力(W) 1000/600・500連続 200相当、100相当(1000Wは3分まで。その後600W。)
センサー 赤外線センサー/温度センサー
あたため機能(抜粋) ごはん/おかず/ お好み温度 スチームあたため /牛乳・コーヒー/お酒/ゆで野菜/コンビニ弁当 ごはん/おかず/ お好み温度 スチームあたため /牛乳/お酒/ゆで野菜/コンビニ弁当
解凍 お急ぎ解凍/スチーム全解凍/さしみ・半解凍
型名 ER-WD80 ER-VD80
スチーム  
スチーム方式
給水カセット式
スチーム調理
低温蒸し(自動メニューのみ)
スチームレンジ
総レシピ数(自動メニュー数) 142(99) 137(99)
型名 ER-WD80 ER-VD80
お手入れ  
庫内コーティング 庫内よごれプロテクト
( 扉部、底面を除く )
遠赤・脱臭ブラックコート
( 扉部、底面を除く )
手間なしお手入れコース ●(10分)
使いやすさ    
IoT機能
表示 バックライト液晶(ブラック) 液晶表示
型名 ER-WD80 ER-VD80
付属品
角皿(鉄板ホーロー・溝つき)39.5×30.5 cm 1枚/取扱説明書 兼 料理集

角皿(鉄板ホーロー)38.8×30cm 1枚/取扱説明書 兼 料理集
外形寸法(mm) 480(幅)×390(奥行)×350(高さ)
庫内有効寸法(mm) 384(幅)×323(奥行)×215(高さ) 376(幅)×320(奥行)×198(高さ)
設置寸法 背面ピッタリ
左1.5cm、右4.5cm、上方10cm以上
質量 約17kg 約14kg
消費電力(W)/ヒーター出力(W) 1350/オーブン1350・グリル1100・スチーム350 1220/オーブン1150・グリル800・スチーム350
消費電力(W)/高周波出力(W) 1430/1000
年間消費電力量 69.2kWh/年 73.4kWh/年

まとめ

東芝の過熱水蒸気オーブンレンジER-WD80は平面ヒーターになり、赤外線センサーが天面に付き、ダイヤル操作になったことが、ER-VD80からの主な変更点です。上位機種の特徴が取り入れられて、使い勝手がよくなっていますので、価格が落ち着いたらおすすめです。

 

以上、ER-WD80とER-VD80の8つの違い。でした。

参考

ER-WD80

石窯
ドーム
最高
250℃
庫内
26 L
赤外線
+温度
センサー
蒸し
バック
ライト
液晶
99
自動
メニュー
庫内
よごれ
プロテクト
東芝(TOSHIBA) 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム 26L ブラック ER-WD80(K)
  • 東芝(TOSHIBA)

ER-VD80

石窯
ドーム
最高
250℃
庫内
26 L
赤外線
+温度
センサー
蒸し
液晶
99
自動
メニュー
遠赤・脱臭
ブラック
コート
東芝(TOSHIBA) 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム 26L グランホワイト ER-VD80(W)

スチームトースト

グリルとスチームを組み合わせて使うことで、中はふっくら、外はこんがりと焼き上げます。


スチームトースト。(画像は東芝公式ページより引用。)

深皿調理

深さ約5cmの深皿を使った「深皿メニュー」を搭載。料理のレパートリーがひろがります。

調理ステップはかんたん!めんどうな火加減の調整も、裏返しも不要です。


(画像は東芝公式ページより引用。)


(画像は東芝公式ページより引用。)

過熱水蒸気調理

100℃を超える水蒸気で焼くことで、気になる油や塩分をカット。また野菜は、乾燥をおさえて焼き上げます。

減塩。(画像は東芝公式ページより引用。)

 


塩鮭。(画像は東芝公式ページより引用。)

ハイブリッド調理

高火力で表面を一気に焼くことで、うまみや水分を閉じ込め、過熱水蒸気が中までじっくり加熱。いつもの料理が、おいしくヘルシーに仕上がります。


カロリーカット(画像は東芝公式ページより引用。)


鶏の照り焼き(画像は東芝公式ページより引用。)

ノンフライ調理

油を使わないから、かんたんにつくれてそのうえヘルシー。揚げ油を用意したり、はねた油を掃除したりする手間もいりません。揚げ物が手軽に楽しめます。

ふっくらパン(パンのあたため)

市販のパンをヒーターの加熱とレンジ加熱でふっくらとあたためます。


(画像は東芝公式ページより引用。)

カラッとあたため

霧吹きで水をかけて食品の表面をカラッとさせるあたためが、ご家庭で手軽にできます。あたため直しでも、つくりたての食感に。

(ER-VD70/V60は角皿に水を注いで水蒸気を発生させる調理方法。 ER-V18はヒーターのみの加熱。)


(画像は東芝公式ページより引用。)

 

スチーム発酵

スチーム発酵は、スチームを使って上手に温度コントロールする機能です。

注意点は、パン生地がしっとりするわけではないため、通常の発酵のようにラップや濡れ布巾や霧吹きはしたほうがよいということと、室温と設定温度の差が小さいとスチームが十分に出ないことがあるということです。

 

お好み温度あたため

-10℃から90℃まで、設定した温度であたためます。(ER-VS23は-10℃から85℃。)

湯煎の代わりに使えるから、料理の下ごしらえなどに活躍します。


(画像は東芝公式ページより引用。)

スチームあたため

ごはんやシュウマイなどを、スチームを出しながらあたためます。ラップなしで、しっとりあたたかくします。


レンジ+スチーム。(画像は東芝公式ページより引用。)

スチーム調理

食材や料理に応じて、ぴったりな温度で蒸せるから、蒸し料理をおいしくつくれます。ヘルシーな蒸し調理がカンタンに。


(画像は東芝公式ページより引用。)

手間なしお手入れコース

3分間または10分間のスチームでよごれを浮かして、落としやすくします。


(画像は東芝公式ページより引用。)