MacOSのSpotlightが使えないときにターミナルからインデックスの再構築をする方法

Spotlightで検索をしても、全くファイルが見つからないことがあります。そういうときにはインデックスを再作成してみましょう。

Apple公式には、環境設定のSpotlightから再作成をする方法が掲載されています。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201716

 

しかし、この方法ではSpotlightに何の反応もなく、インデックスが再作成されないことがあります。

mdworkerやmdsというプロセスがSpotlightのインデックス作成関係のプロセスですが、これらが異常終了した場合にインデックスが破損することがあります。

その場合はターミナルを使用して、インデックスの再作成を促すと直る場合があります。

ターミナルを開き、mdutilコマンドで、インデックス作成を off -> onとします。

sudo mdutil -i off /
sudo mdutil -i on /

sudoをすると、パスワードを聞かれますので入力します。

 

Spotlightで検索をかけたときに、インデックスの再作成中などとメッセージが表示されれば、再作成が始まっています。

私の場合は、この方法でインデックスの再作成が開始されました。

これから学ぶmacOSターミナル

 

以上、MacOSのSpotlightが使えないときにターミナルからインデックスの再構築をする方法でした。

 

「MacOSのSpotlightが使えないときにターミナルからインデックスの再構築をする方法」に5件のコメントがあります

  1. Mailのsmart mailboxがアップデート後、何も表示されなくなり調べていたらこの方法にたどり着き、やって見たら見事解決されました!
    ありがとうございます!

  2. システム環境設定からだと反応がなかったのが今回のターミナルでのやりかただと一発解決でした!ありがとうございました!

  3. 何度もapple推奨のやり方を試していたのですが、改善せず。このやり方であっというまに解決! ありがとうございます!

  4. アップルサポートに電話しましたが理由がわからず 困っていたところでした
    メールのスマートメールボックスが機能しなくなってからの問題の切り分けで スポットライト・インデックスの問題にたどり着いたのですが システム環境設定からのインデックス再構築方法では全く上手くいかず立ち往生していたところ この記事を発見し再構築成功しました
    スマートメールボックスの不具合も直りました
    貴重な情報をありがとうございました!!

コメントは受け付けていません。